カテゴリー「映画・テレビ」の記事

2018年1月18日 (木)

王様のためのホログラム

★★★☆

製作:2016年 米国 上映時間:98分 監督:トム・ティクヴァ

 大手自動車メーカーの役員を解任され、離婚して家財も手放す羽目になったアラン・クレイ(トム・ハンクス)だが、なんとかIT企業に転職することが叶った。ところが手始めの職務は、なんとサウジアラビアに出張して、国王に最新鋭のTV会議システム「3Dホログラム」を売り込むことであった。
 しかしながら、国王にはなかなか会えない。と言うよりもその部下である担当者にさえなかなか会えないのだった。また受付の女性に聞いても、全く要件を理解してもらえず、いつも担当者は急に海外出張中というような回答しかもらえない。また偶然遭遇した担当者の代理人だと言うチェコ人の女性が、国王はここ1年以上は姿を見せないと言うのである。

 またプレゼンテーション場所のテントの中は、WIFIが使えず、食事の用意もなく、挙句の果ては電気まで止まってしまう始末。そのうえアランの背中に出来た腫瘍が痛みだし、病院での検査結果が癌だと判明する。まさに八方破れの崖っぷち状況、さてこれからアランは一体どうしたらよいのだろうか。

 原作はデイブ・エガーズの人気小説らしい。また内容的にはコメディーなのだが、ドタバタ演技はほとんどなく表情やタイミングだけで自然な笑いを誘うところがトム・ハンクスの真骨頂と言えるだろう。
 しかしながら残念だが、本作はネットでの評価が極めて低い。つまり物語が淡々とし過ぎて、一体何を主張したいのかが分かり難いからかもしれない。ことに主人公の悩みが中年以降の人でないと理解出来ない部分もあるため、ネットを牛耳っている若者たちの理解を得られなかったのだろう。

 ストーリー的にはサウジの女医さんとのラブシーン以外は余り観るべきところはないのだが、サウジの自然や慣習などはかなり興味深く鑑賞することが出来た。また本作の主眼である「異なる文化、異なる価値観を持つ者が互いに理解し、共に生きて新しい時代を創る」というメッセージと、トランプ大統領の米国第一主義・排他主義の捻じれ合いという構図が面白い。さらには製造業だけではなく、最先端のIT企業さえも中国に全く太刀打ち出来ないと言う、米国の中国に対する恐怖感に時代の流れを感じてしまった。

下記のバナーをクリックしてもらえば嬉しいです(^^♪↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月13日 (土)

メッセージ

★★★★

製作:2016年 米国 上映時間:116分 監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ

 原作はテッド・チャンの短編小説『あなたの人生の物語』である。この小説はだいぶ以前に購入していたのだが、いまだ読まないうちに映画のほうを先に観ることになってしまった。追っかけ早速小説のほうも読んでみたいと思う。

 ストーリーは巨大な球体型宇宙船が全世界の12か所に降り立ち、世界中が不安と混乱に陥ってしまう。人類はエイリアンたちと接触して、来訪の意図を探るのだが、お互いの言語構成に大きな違いがあり、なかなか理解することが出来ない。そしてついに業を煮やした中国がエイリアンに宣戦布告し、全世界もそれに追随しようと決断してしまうのだった。
 何日間もエイリアンたちと接触し、彼等の言語を理解しようと必死に勤めてきた言語学者のルイーズが、やっと彼等の意図を理解出来たのだが、時すでに遅しの状況である。果たしてこのまま宇宙戦争に突入してしまうのだろうか。

 前半はあのスピルバーグ監督の名作『未知との遭遇』と似たような雰囲気が堪らなく懐かしかったのだが、後半になってだんだん哲学的なムードが漂ってくる。さらにはオープニングや時折流れる娘の回想シーンとの関連が全く理解出来ず、ますます難解さを深めてゆく。だがその難解さの謎がこの映画から一瞬たりとも目を離せなくしてしまうのである。SF映画ながらあのアカデミー賞にノミネートされた理由がやっと判ったと言いたい。

下記のバナーをクリックしてもらえば嬉しいです(^^♪↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 8日 (月)

ストリート・オブ・ファイヤー

★★★★

製作:1984年 米国 上映時間:94分 監督:ウォルター・ヒル

 この映画を観たのは30年以上昔のことであるが、派手なアクションシーンとロックのリズムが見事に融合していて度肝を抜かれたものである。最近TV放送されたので、再度鑑賞することになったのだが、今観ても全く色褪せておらず、ラストまで楽しく鑑賞することが出来た。さすが幻の名作と謳われるだけのことはある。

 ストーリーは、人気ロック歌手、エレン・エイムが地元での凱旋ライブ中に暴走族「ボンバーズ」に拉致されてしまい、それを昔の恋人トムが救出するというだけの単純なお話なのだが、抜群に面白いのはどうしてなのだろうか。もちろん主役のマイケル・パレの魅力も捨てがたいが、前述した通り、乗りの良いロックと派手な映像のコラボの力と言ってもよいかもしれない。

 また派手な銃撃戦があるものの、人が一人も死なないという珍しいアクション映画である。そしてその作風はまさに現代版の西部劇風ファンタジーとでも名付けておこうか。
 クライマックスは、ウィレム・デフォー扮するボンバーズのボスとトムの、斧を振りかざすタイマン勝負だろう。それにしてもデフォーは今も昔もあまり変わらないね。あとヒロインは人気ロック歌手エレンを演じたダイアン・レインなのだが、個人的にはトムの相棒マッコイを演じたエイミー・マディガンのほうに魅力を感じてしまった。

下記のバナーをクリックしてもらえば嬉しいです(^^♪↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月24日 (日)

サクラダリセット(前・後編)

★★★

製作:2017年 日本 上映時間:103分+126分 監督:深川栄洋

 原作の小説は未読だが、この映画を観る前に吉原雅彦が描いたコミックは読んでいる。ただコミックを読んだ時にも感じたのだが、正直言ってこの作品については作者の意図が見えないし、ストーリー展開についても私には理解し難い感がある。

 映画についても、前・後編の作に分割するほど大長編に組む必要があったのかと疑問が残ってしまうのだ。ことに後編では中盤までは睡魔に侵されて辟易してしまった。もう少しすっきりとまとめて2時間半くらいの作品に仕上げて欲しかったね。
 と言っても、能力をコピーする能力とか、写真の中に侵入する能力とかは、なかなか斬新で面白い発想だと感じた。またキャスト的には不満はないのだが、こうした作品はどうしても説明が多くなり、無理矢理映像化した感も否めないね。
 いずれにせよ、なかなか評価の難しい作品であることは間違いないだろう。

下記のバナーをクリックしてもらえば嬉しいです(^^♪↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月18日 (月)

DESTINY 鎌倉ものがたり

★★★★☆

製作:2017年 日本 上映時間:129分 監督:山崎貴

Kamakura

 原作は西岸良平の人気漫画『鎌倉ものがたり』である。さらには監督も同じ西岸良平原作の『ALWAYS三丁目の夕日』でメガホンをとった山崎貴なのである。従ってクオリティーの高い楽しい映画に仕上がっているはずだろうと、安心して選択できる作品と言えるだろう。
 またこの作品の時代背景も『ALWAYS三丁目の夕日』と同様1960年代になっている。但し舞台はタイトルの通り鎌倉であり、ここには昔から妖怪や幽霊が住んでいると言うのだ。

 その妖怪たちと共存したり戦ったりしながら、夫婦愛を貫いてゆくミステリー作家・一色正和と、その妻の心温まる愛情物語なのである。主演の一色正和に堺雅人、年の離れた妻・亜紀子には、とと姉ちゃんの高畑充希が扮して、息がピッタリの大熱演を見せてくれた。
 さらに脇役陣も堤真一、安藤サクラ、田中泯、中村玉緒、國村隼、古田新太、薬師丸ひろ子、吉行和子、橋爪功、三浦友和と、個性豊かな豪華キャストで、一人一人が実に存在感のある見事な演技力を披露してくれるのだ。

 また山崎貴監督ならではの見応えのある特撮シーンも見逃せない。邦画で妖怪たちをこれほどリアルに楽しく描いたのは本作が初めてかもしれない。もちろん邦画にありがちのチャチな特撮は全く見当たらない。
 そしてクライマックスの「黄泉の国」へと渡る江ノ電・タンコロからの風景は圧巻としか言いようがない。またまるで「千と千尋」のような黄泉の国の佇まいにも酔いしれてしまうだろう。

 ラブシーンは一切ない愛情物語なのだが、笑いの中に涙が溢れる夫婦愛には、ただただ感動するばかりであった。とにかくこんな夫婦役を演じられるのは、いまのところ堺雅人と高畑充希しかいないよね。それにしても、久々に素直にしみじみとした感動を味わえる作品に巡り合えて嬉しかったな・・・。

下記のバナーをクリックしてもらえば嬉しいです(^^♪↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 9日 (土)

本能寺ホテル

★★★☆

製作:2017年 日本 上映時間:120分 監督:鈴木雅之

 京都の路地裏にひっそりと佇む『本能寺ホテル』のエレベーターは、戦国時代の『本能寺』へのタイムトラベルの入口だった。そんな荒唐無稽なお話で、綾瀬はるかのOLと堤真一演じる織田信長の出逢いをコミカルに描いた楽しい作品である。
 
 さて『本能寺ホテル』のエレベーターで戦国時代に跳んでゆくには、織田信長が使っていた言う古い時計を起動する必要があり、逆に現代に戻ってくるためには、ホテルのロビーカウンターにある呼び鈴を鳴らさなければならない。従って自分の意志では現代に戻ることは出来ず、偶然呼び鈴が鳴らされるのを待つしかないのが難点なのであった。

 綾瀬はるか演じるOLはボーッとしていて、流れに逆らわずに生きている目的のない女性なのだが、この物語全体の雰囲気もなんとなくぼんやりしていて灰色めいている感があった。そんな訳でこの話を通して何を主張したいのかが伝わってこないのが少し残念である。
 またこうしたお話には、必ずラストのどんでん返しが用意されるはずなのに、それもほとんどなくただただ素直に終わってしまったところに脚本力の弱さを感じてしまった。

下記のバナーをクリックしてもらえば嬉しいです(^^♪↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 2日 (土)

君と100回目の恋

★★★

製作:2016年 日本 上映時間:116分 監督:月川翔

 時間をさかのぼることが出来る不思議なレコード。これを使って事故死した幼馴染の葵海(miwa)を何度も助けようとする陸(坂口健太郎)だが、どうやっても彼女を救うことが出来ない。
 その葵海はもうすぐ米国へ留学してしまう。そんな事情の中で、1年前に時間を戻して二人は幼馴染から恋人同士に昇格するのだった。そして最後のコンサートのあと、陸は果たして葵海を事故から救い出すことが出来るのだろうか。

 なかなか私好みの興味深いテーマなのだが、なぜ何度過去に戻っても葵海を事故から救い出せないかの説明が全く無いところが残念でたまらない。また陸が急にギターの名手になる種明かしも、米国映画の『恋はデジャヴ』のパクリではないか。
 そして少なくとも泣けると思ったラストも無感動だし、どんでん返しも全く無い平凡な締め括りにも失望してしまった。もっと言えば脚本の未熟さだけではなく、製作費不足のせいかキャスト陣もいま一つだっと感じたのは私だけであろうか。大好きな時間ループテーマだっただけに、残念を通り過ぎて悔しい気持ちで一杯である。

下記のバナーをクリックしてもらえば嬉しいです(^^♪↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月27日 (月)

ミスターベースボール

★★★

製作:1992年 米国 上映時間:110分 監督:フレッド・スケピシ

 まるで日本の映画かと勘違いしてしまうほど、日本でのロケと日本人キャストのオンパレード。だが本作は正真正銘のハリウッド映画なのだ。
 また米国映画によくある日本観の勘違いや偏見も比較的少なく(内山監督宅に鎧兜が置いてあったのはナンセンスだが・・・)嫌味がなかったので、邦画感覚で観ることが出来たかもしれないね。

 主人公はニューヨーク・ヤンキースの強打者・ジャック・エリオットで、かつてワールドシリーズでMVPを獲得したこともあるのだが、最近は女遊びにうつつを抜かし、打撃のほうも目立った成績を残せない状態に陥っていた。そしてCMの降板が決まり、球団からトレード通告まで受けてしまう有様だった。またそのトレード相手の球団はメジャーではなく、なんと唯一オファーを出したのが、日本の中日ドラゴンズだけだったのである。
 その後ジャックは、渋々日本に渡るのだが、日本文化や日本野球に馴染めず、メジャーのプライドと気の荒い性格だけが空回りし、チームメイトや内山監督らと何度も衝突を繰り返すのだった。そんな中で登場するのが、ジャックの唯一の理解者となるヒロ子なのだが、彼女にはなんとなく謎めいた雰囲気が漂っているのだ。

 こんな調子でストーリーはテンポ良く進んでゆくのだが、ヒロ子が簡単にジャックと結ばれてしまうところが余りにも単調過ぎて必然性もないし、靴に火をつけるジョークというのもやり過ぎではないだろうか。
 まあそれでも、最後まで楽しく観ることが出来たのは、内山監督を演じた高倉健の演技と存在感だったかもしれない。毒にも薬にもならないが、ごろ寝しながらいい加減に観るにはぴったりの作品かもしれないね。

下記のバナーをクリックしてもらえば嬉しいです(^^♪↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月23日 (木)

アントキノイノチ

★★★

製作:2011年 日本 上映時間:131分 監督:瀬々敬久

 『アントキノイノチ』を何度も繰り返して口にすると、『アントニオ猪木』になるではないか。だから「元気ですか~!」って、だ洒落のつもりなのかな?それにさだまさしは、プロレスファンなのかな?などとつまらないことを考えてしまうのだ。
 まあそれはそれとして、遺品整理業とはなかなか目の付け所が良いね。孤独死が急増している現代、死人の家の中を整理して残った遺品を、『お供養品』と『お不要品』に仕分けする仕事だ。そして故人の汚れた部分は切り捨てて、美しい部分だけを切り取って『お供養品』として保存するのである。

 その遺品整理業で偶然知り合った長島君とゆきには、共通した心の傷があった。長島君は高校時代に目の前で親友が死ぬのを見ながら、どうすることも出来なかった。またゆきはレイプに遭い、身ごもった子供を胎ろしたというトラウマから逃れられないのだ。
 この悩める男女を岡田将生と榮倉奈々が、見事な雰囲気で演じていたのが印象的である。また今ではバリバリの主役を張っているあの松坂桃李も、昔は悪役を演じていたんだと思うと不思議な気分になってしまった。

 それにしてもラストの急展開はいかがなものだろうか。確かに単なるラブストーリーで締めくくらないほうが、文学的には価値が高くなるかもしれないが、少なくとも映画の中ではその必然性を全く感じなかった。そこが一番残念であり、せっかくハートフルになった気分に泥をかけられた気がするのは私だけであろうか。

下記のバナーをクリックしてもらえば嬉しいです(^^♪↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2017年11月 6日 (月)

ビッグ・フィッシュ

★★★★

製作:2003年 米国 上映時間:125分 監督:ティム・バートン

 父と息子の愛情をファンタジー仕立てに味付けした快作であります。
 男の子にとって、子供の頃は父親が自慢の種であり、父から聞く武勇伝や父の小さい頃の話には、目を輝かせて聞き入ったものです。これは少なくとも、昭和の半ば頃までは、日米ともに共通した伝統ではなかったでしょうか。。。
 この映画での父親も1人息子に、自分の若かりし頃の話をするのですが、その話が余りにも荒唐無稽であり、何百回も同じ話を繰り返すので、とうとう息子は結婚式の日に切れてしまうのです。

 その後父親が病に伏して、べットから出られなくなるまで、父と息子の絶縁状況が続きます。
 実は父親の荒唐無稽な話は、全くのホラ話ではなく、真実を楽しく脚色していただけだという事が判かるのですが・・・。テンポも良く、ファンタジックでロマンチックで、何よりもとても心温まる、ティム・バートンらしい作品だったと思いました。

 ただ1つ気になったのは、父と息子の愛情がテーマだと思っていたはずなのに、いつの間にか人間愛が中心になってしまったことです。タイトルから想像すると、実は初めからそちらがメインテーマだったのかもしれませんがね。
 それにしても現代の日本の父親は、ただ会社のために馬車馬の如く走り廻るだけの淋しい存在になり下ってはいないでしょうか。やはり息子には、母親だけではなく、父親の存在が大きいのだということを改めて考えさせられました。

下記のバナーをクリックしてもらえば嬉しいです(^^♪↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧