カテゴリー「映画・テレビ」の記事

2022年9月28日 (水)

任侠中仙道

★★★
製作:1960年 日本 上映時間:91分 監督:松田定次
 
 片岡千恵蔵扮する清水の次郎長と、市川右太衛門の国定忠治が手を取り合って、悪代官と悪博徒一味を退治する勧善懲悪時代劇である。余りにもご都合主義で単純な脚本だが、東映恒例の正月オールスター映画であり、ストーリーより超豪華な俳優総出演が見所の作品なのだ。
 
 先にあげた千恵蔵、右太衛門のほか、中村錦之助、大川橋蔵、東千代之介、里見浩太朗、若山富三郎、大友柳太朗、黒川弥太郎、山形勲、進藤英太郎、大河内傳次郎、月形龍之介、などなどいつでも主役を張れる大物俳優たちがズラリと並んでいるのだ。…ということで日本中が沸きに沸き、当時の配収は3億5091万円を達成し1959年度の邦画配収ランキング第1位となったという。
 
 それにしてもまさに大東映時代の超豪華な時代劇である。撮影場所と時代劇俳優が、湯水のようにふんだんに溢れていた良き時代でもあった。もうこうした大時代劇は現代では絶対に創れないだろう。
 また「パシャッ」「カキーン」といった派手な擬音や、首や腕がふっ飛ぶなどの残酷描写は皆無の殺陣だが、よく観ているとそれなりにスピード感もあり完成度の高さが感じられた。さすが誰も彼もが時代劇俳優たちである。
 
 さらに月形・山形・進藤などの、板についた悪役振りも実に懐かしく見せてもらった。彼らは実生活でも悪人なのだと、当時子供心に信じていたくらいの嫌われ役者で、こんな俳優も今では余り見当たらない。まあ映像技術や脚本が現代では通用しないものの、たまにはこうした安心できる東映時代劇に浸って心を癒すのも良いかもしれない。
 
 
評:蔵研人
 

下記のバナーをクリックしてもらえば嬉しいです(^^♪↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

| | | コメント (0)

2022年9月23日 (金)

最高の人生のつくり方

★★★★
製作:2014年 米国 上映時間:94分 監督:ロブ・ライナー
 
 熟年の良作ラブコメである。主演は頑固で変人の不動産エージェント・オーエンにマイケル・ダグラス、隣人の歌手リアにダイアン・キートンという名実ともに熟年の名優が扮する。また監督は『スタンド・バイ・ミー』『恋人たちの予感』『最高の人生のはじめ方』などで有名なロブ・ライナーでありやはり熟年である。本作撮影時は三人とも60代後半で、まさに熟年トリオが創った映画と言えよう。従って若者はともかくとしても、熟年観客にはじっくり楽しめるはずである。
 それにしても邦題には、同監督の前作『最高の人生のはじめ方』にあやかりたい感がプンプン臭うところが嫌みだが、原題の『AND SO IT GOES』が余りぱっとしないので仕方ないか…。
 
 引退間近の偏屈親父・オーエンは、音信普通だった息子が刑務所に入所している間に、初めて会う孫娘を嫌々預かることになる。そんな彼の態度を見た隣家のリアが孫娘の面倒を見てくれる。この孫娘の存在が鎹となり、オーレンの頑な心は少しずつ解きほぐされてゆく…。という単純で平凡なお話なのだが、恋愛だけではなく、親子愛や友情なども鏤められているので、熟年には分かり易くてほっこりするのである。
 
 
評:蔵研人
 

下記のバナーをクリックしてもらえば嬉しいです(^^♪↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

| | | コメント (0)

2022年9月14日 (水)

ロストワールド

★★★
製作:1997年 米国 上映時間:129分 監督:スティーヴン・スピルバーグ
 
 ジュラシック・パークシリーズの第2弾であり、タイトルが語る通りコナンドイルの『失われた世界』を髣髴させられる。ヒロインのサラが登場したとき、どこかで観たような女優だなと思っていたら、なんと若かりし日のジュリアン・ムーアであった。ただこのサラの行動がハチャメチャで、あとから来た調査団が捕獲した恐竜を逃がしたり、Tレックスの赤ちゃんを連れてきたりとやりたい放題。
 
 そしてその結果として大勢の人が死に、街が破壊されてしまうのである。ところが彼女のそんなデタラメ行動には何のお咎めもなく、何事もなかったかのように淡々とストーリーが進んでゆくのだ。もうそれだけでも一体何のためにあの島に行ったのかも不明で、ストーリーも非論理的なのだ。スピルバーグ監督は、なぜこれほど破壊された脚本を野放しにしたのだろうか。
 
 ただ恐竜の数と種類は前作を遥かに上回っているし、精巧なロボット恐竜を使った迫力たっぷり映像は、素晴らしい技術力の結晶だと感じた。また車が崖から落ちるシーンは大迫力で、俳優さんたちの命懸けの演技に感動したものの、なんとなく『インディージョーンズ』の焼き直しのような気がしないでもなかったね。そしてTレックスが赤ちゃんを探して街で大暴れするシーンは『ゴジラ』と『キングコング』と『怪獣ゴルゴ』のカクテルかな…。
 
評:蔵研人
 

下記のバナーをクリックしてもらえば嬉しいです(^^♪↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

| | | コメント (0)

2022年9月11日 (日)

柳生武芸帳 柳生十兵衛五十人斬り

★★★☆
製作:1990年 日本 放映時間:109分 監督:原田雄一
 
 BS日本テレビの「時代劇スペシャル」で単発で放映されたドラマであるが、東映が製作しており舞台設定もしっかりしている。また主役の柳生十兵衛に松方弘樹を配し、山村總、京本政樹、長門裕之、中条きよし、高橋幸治、草笛光子、斉藤慶子、など錚々たる俳優たちが脇を固めている。もうこうなるとテレビドラマと侮れず、全くもって映画そのものであった。
 
 映画と言えば、『柳生武芸帳』は松方の父親である近衛十四郎の当たり役であり、シリーズとして1961年から1964年にかけ9作品が製作されている。さらにその後TVドラマとしても、NET系列で26話も放映されているのだ。
 その父の意思を受け継いだかのように、松方版の『柳生武芸帳』は日本テレビのスペシャルドラマとして5作放映されており、本作はその中の第2話である。彼が演じる十兵衛は実に人情味溢れていて、いかにもTVドラマ向きという趣きが漂っていた。
 
 ざっとあらすじを記すと次のようにまとめられる。
 徳川家光の時代に参勤交代制度が定められ、諸大名から反発の声があがるなか、その制度を提案した柳生家の門前に、薩摩に送った裏柳生の隠密5人の生首が届けられるところから始まる。
 実は大坂夏の陣で死んだとされる豊臣秀頼が薩摩で生き延びており、島津藩主島津義弘と共に徳川幕府転覆を謀っているのでは…という情報がもたらされていたのである。この情報の真偽を探るため、父・柳生宗矩の命を受けて柳生十兵衛が旅立つのだ。しかしこの情報の裏にはいろいろな思惑が絡み事情を複雑にしていた。果たして真実はいかに。
 
 ……といったところであり、クライマックスの50人斬りがなかなか凄まじい。松方弘樹の殺陣もなかなか見応えがあったが、やはり父親の近衛十四郎の豪快な殺陣にはいまひとつ及ばなかった気がする。それともテレビドラマということもあり、ひたすら残酷さを排除した殺陣だったのだろうか。
 
 
評:蔵研人
 

下記のバナーをクリックしてもらえば嬉しいです(^^♪↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

| | | コメント (0)

2022年9月 1日 (木)

禁断の惑星

★★★★
製作:1956年 米国 上映時間:98分 監督:フレッド・マクロード・ウィルコックス
 
 小学生の頃、この映画のポスターを何度か見て、この映画を観たくて堪らなかった。だが残念ながら、その機会がないまま時が過ぎてしまう。ただその後あのロボットのロビーが、動くおもちゃとして長期に亘って人気を博していたことが記憶の底にへばりついていた。そしてたまたま運よく、TVでこの作品が放映されることが分かり、約66年の時を超えて本作を鑑賞することになったのである。
 
 という経過の中で恐る恐る本作を鑑賞したのだが、「期待通りの名作」と言っても良いほどの出来栄えであった。円盤型の宇宙船がかなりチープなのは残念だったが、多少古臭さを感じるものの66年前の特撮技術を考えれば「立派な映像だ!」と拍手喝采しても良いだろう。
 また映像だけではなくSF的なストーリー構成にもセンスの良さを感じずにはいられない。そして男性なら誰もが、博士の娘役を演じた『アン・フランシス』の美貌と抜群のプロポーションに、思わず唾を飲み込んでしまうはずである。さらにラストの哲学的なオチも、この作品が只者ではないことを匂わせていたよね。
 
 
作:蔵研人
 

下記のバナーをクリックしてもらえば嬉しいです(^^♪↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

| | | コメント (0)

2022年8月22日 (月)

怪猫からくり天井

Photo_20220826102801

★★★☆
製作:1958年 日本 上映時間:72分 監督:深田金之助
 
 舞台は鍋島藩で、いわゆる化け猫怪談時代劇である。子供の頃に何度か似たような映画を観ている。そして眼の不自由な囲碁打ちが、殿さまに手打ちになると言う設定や、化け猫が行燈の油を舐めるシーンもよく覚えているので、もしかすると大昔に本作を観ているのかもしれない。
 
 子供の頃は化け猫映画が怖くてトイレに行けなくなったものだが、今になって観てみると単純でばかばかしくて全く怖くないのだ。なんと言っても化け猫のキャラが歌舞伎調で笑ってしまう。もし現代のCG技術を駆使しすれば化け猫キャラを、エイリアンのようにおどろおどろしく作れるかもしれないが、まあ64年前の作品なので仕方ないよね。
 
 ただ化け猫映画と言っても、化け猫が飼い主を殺された恨みを晴らすため、殿さまに復讐しておしまいという話ではないのだ。つまり本当に悪い奴は殿さまではなく、殿さまの悪行を後押して失脚させ、お家乗っ取りを謀っている悪家老なのだった。この悪家老に当代一の悪役だった三島雅夫が悪人臭を漂わせ、それを阻止しようとする重臣役・月形龍之介の渋み走った演技にしびれてしまうのだ。なんと化け猫映画というよりは、化け猫をダシに使った「東映本格時代劇」という趣であった。いずれにせよ私のような老人には、郷愁を呼び起こされる懐かしい映画と言えるだろう。
 
作:蔵研人
 

下記のバナーをクリックしてもらえば嬉しいです(^^♪↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

| | | コメント (0)

2022年8月15日 (月)

俺たちは天使じゃない

★★★★
製作:1989年 米国 上映時間:107分 監督:ニール・ジョーダン
 
 1935年、カナダに近いアメリカの某刑務所で、極悪囚人のボブが処刑されることになる。ところがボブが電気椅子に座ると急に停電になり、彼は看守から奪った銃で周りの看守たちを撃ち殺して脱走を謀る。
 そのときたまたま処刑場に居合わせたコソ泥のネッドとジムは、無理矢理ボブに連れられて一緒に脱走する羽目になる。翌朝ボブとはぐれたネッドとジムの二人は、カナダ国境を目指すのだが…。国境の小さな町で著名な神父と間違われて教会に身を潜めることになる。そしていくつもの偶然が重なり、国境をなかなか超えることが出来ずモタモタしているところへ、刑務所の所長たちが彼等を探しにやってくるのだった。
 
 主演はロバート・デニーロとショーン・ペンで、そこに貧しい母親役としてデミ・ムーアが花を添えている。基本はドタバタコメディーであるが、ロバート・デニーロとショーン・ペンの軽妙なおとぼけ演技と、ハラハラドキドキ感がなかなか絶妙にブレンドされているではないか。
 また涙を流すマリアと神父の祈りが、摩訶不思議に絡み合うところも、なかなか感動的でただモノではない。さらにいかにもアメリカンなラストシーンにも、思わずニヤリとせずにはいられないだろう。
 
評:蔵研人
 

下記のバナーをクリックしてもらえば嬉しいです(^^♪↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

| | | コメント (0)

2022年8月11日 (木)

NINJA THE MONSTER

★★
製作:2015年 日本 上映時間:84分 監督:落合賢
 
 長野藩の取り潰しを救う方法は、幸姫が幕府老中の側室になるしかなかった。だが江戸に向かう長野藩の幸姫一行にもののけか襲いかかり、一行はほぼ全滅してしまう。それでもなんとか生き残った護衛の忍者伝蔵と幸姫は、苦渋の決心をして二人だけで江戸に向かうのだった。…という展開のロードムービーなのだが、天下の松竹が配給している割には余りにも製作費をケチり過ぎている感がある。
 
 まず登場人物は10人以下だし、知っている俳優は忍者役のディーン・フジオカぐらい、それにギョロ目のお姫様にもゲンナリだ…。さらにCGは貧弱過ぎるし、ただ山の中を彷徨っているだけの背景の繰り返しも退屈この上ない。
 それに人は絶対に切らないし、忍びの技もなにもなし。海外向けに製作したと言うが、外人はこんな程度の映画で満足するのだろうか。それでは余りにも外人を馬鹿にしているとしか思えない。
 
 またなかなか姿を見せないもののけにもイライラし続けたが、正体を見てもっとガッカリしてしまった。なんだこのお粗末さは、もし劇場で鑑賞していたら「金返せ~!」叫んでいたことだろう。
 
 
評:蔵研人

下記のバナーをクリックしてもらえば嬉しいです(^^♪↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

| | | コメント (0)

2022年8月 6日 (土)

秘忍伝 NINJA KILLER

★★☆
製作:2008年 日本 上映時間:86分 監督:雑賀俊郎
 
 幕府の女隠密組織?に鍛えられた三人の女性剣士が、討幕をたくらむ悪人たちを退治するというお話。タイトルから想像するとまるで女忍者(くノ一)なのかと錯覚させられるが、彼女たちは忍者ではなくそれぞれ槍使い・一刀流・二刀流の女剣士である。
 
 なんとなく『あずみ』と『無限の住人』を足して二で割ったようなパクリ的作品ではあるが、構想的にはなかなか面白そうじゃないの…。と思ったのもつかの間、何と言っても所詮はⅤシネマであり、圧倒的な資金不足と役者不足が否めない。
 やはり時代劇は製作費がかかるのでⅤシネマには荷が重い。それに主役の三人がほぼ無名で演技も殺陣もかなり悲しいレベル。それらをなんとかカバーしていたのが、「敵キャラのどぎつさ」と「ギリギリ特撮」くらいかもしれないね。
 
 まあ上映時間が短いから、なんとか我慢して最後まで見ることが出来たのだが…。せっかくAV女優?が出演していたのだから、露天風呂のお尻出しシーンだけではなく、もっとエロいシーンを織り込んでいたならもっとヒットしたような気がしたのは私だけであろうか。
 
 
評:蔵研人
 

下記のバナーをクリックしてもらえば嬉しいです(^^♪↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

| | | コメント (0)

2022年7月29日 (金)

ソード・オブ・レジェンド 古剣奇譚

★★★
製作:2018年 中国 上映時間:105分 監督:レニー・ハーリン
 
 中国製の人気ゲームを映画化したものらしい。主人公のユエ・ウーイーは、失踪した師匠を探す旅に出るのだった。そして手掛かりの指輪を手に入れるのだが、この指輪を巡って「指輪争奪戦」が始まる。はじめはメインキャラ同士が戦っているのだが、共通の敵が現れて共闘しているうちに、いつの間にか仲間になってしまう。
 
 この辺りまではアクションも素晴らしく、なんとか先に期待を持つ展開だったのだが、そのあとだんだんストーリーが雑になり、登場人物も限られてくるので急にテンションが下がってゆく。また忍者・妖怪・ロボットなどなどが無意味に登場するのだが、その真意が掴めずなかなか物語に入り込めない。さらに敵ボスだと思っていた者が悪人ではなく、実は鬼のような不気味な妖怪がラスボスだったというその場凌ぎ的な急展開。
 
 どうしようもなくつまらない訳ではないのだが、もう少し丁寧に脚本を練って欲しかったね。まあゲームの実写化なんてこんなものなのかな。

 

評:蔵研人
 

下記のバナーをクリックしてもらえば嬉しいです(^^♪↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧