カテゴリー「ニュース」の記事

2011年2月 6日 (日)

大相撲八百長事件にもの申す

 連日この話題でマスコミが盛り上がっている。そしておそらく春場所は中止になるという。まさに日本相撲協会と大相撲ファンにとっては非常事態が勃発してしまった。もしこのままこの問題をマスコミがこぞって叩き続けると、日本相撲協会どころか大相撲そのものが消滅してしまう可能性が高い。
 長年大相撲を愛し続けてきた相撲ファンとしては、それが非常に残念で悔しいのだ。相撲ファンならば片八百長も含めて、昔から多少星のやりとりがあったのことは了解済みのはずである。だから、なにをいまさら大騒ぎするのか疑問である。

Scan10540

 例えばもし、相撲協会が音頭をとって八百長をさせていたのなら大問題であるが、あくまでも極めてたまに行なわれる力土同士の行為じゃないの。そして片八百長は人情がらみ。それがプロレスとは本質的に異なることなのだ。それを一色たんにして全ての取り組みが、八百長であるかのように報道するマスコミ連中の無知と悪意には腹が立つ。たぶん以前に八百長裁判で、マスコミが敗訴したことへの復讐なのだろう。
 また悲しいことに、今回マスコミに登場して大騒ぎしている連中は、ほとんど相撲なんぞに興味のない輩ばかりである。本当に相撲が好きで楽しみにしている相撲ファンが、さほど気にしていないのに、観てもいない連中が妙な正義づらをして大相撲を消滅させようとしているのだ。結果として消滅するだけではなく、昔からの記録も伝統も全てが雪崩をうってインチキ扱いされて崩壊してしまうのである。

 決して八百長が良いとは思わないが、一体今回の八百長で誰が被害を被ったというのだろうか。今回非難しているマスコミの言い分は、「真剣勝負を信じていたファンに対する詐欺行為」だの「日本相撲協会が公益法人であること」を理由にあげている。だが先にも述べた通り、昔からの相撲ファンはある程度の人情的な八百長は了解の上で相撲を楽しんでいるのだ。そしてそのその人情こそ、日本の古き良き文化の一端でもあったのである。それを相撲にほとんど興味を持たない連中が、無責任な批判だけに終始するのは非常に矛盾しているし不愉快極まりない。

 また公益法人の職員が不正を行ったからどうこういうなら、教師にしろ、医師にしろ、はたまた警察官にも八百長どころか犯罪を働いている輩が沢山いるではないか。だがみんな示し合わせたように、校長や院長や警視庁長官などが深々と頭を下げ、犯罪を犯した当事者を懲戒免職にしておしまいである。個人が犯した罪によって、学校や病院や警察が消滅したなんてことは聞いた事がない。なぜ大相撲ばかりがいじめられて、日本が大切にしてきた伝統とともに消滅しなくてはならないのだ。

 もちろん日本相撲協会に全く罪がないわけではない。大昔から延々と続いている古いしきたりを、「伝統」という大義名分に胡坐をかいて、時代にマッチしなくなった諸問題を放置してきた罪は大きい。たまたま今回八百長問題でやっと本格的な危機感を抱いているようだが、少なくとも日本人力士の低迷が始まった頃に危機感を感じて、大相撲界の大改革を行うべきであった。なぜなら、日本人青少年の相撲人口が激減している証だからであり、それはとりもなおさず現代の青少年やその親達にとって、あらゆる面で魅力のない世界に映るからである。それをこぞって貧しい国の外人達に頼るしか能のなかった相撲界全体の責任とも言えよう。今の大相撲ファンのほとんどは年配の人々である。いずれにせよ、このままでは相撲が消滅するのは時間の問題だったのだ。

 従って日本相撲協会は今回の問題を天の声と考え、未来永劫に亘って日本から相撲が消滅しないよう、体を張って本気で大相撲の大改革を実行しなくてはならないのである。もちろん大相撲は野球やサッカー等とは異なり、単に欧米流の理論に基づいたスポーツライクなスポーツにしてもつまらない。やはり日本古来の伝統を守りながら、現代の環境を考慮した運営を行わなくてはならないだろう。従って日本相撲協会を公益法人から外して、株式会社制度にするのは反対である。

 ただ力士上がりの理事が大半を占める日本相撲協会の幹部だけでは、未来永劫を目指すような大改革を行うのは難しい。だからマスコミはただやみくもに批判して日本文化や歴史を破壊するのではなく、これから「何をどうしたらよいのか」をきちっと整理して報道して欲しいのである。

 最後に大相撲を愛している私からの提案を述べておきたい。

1)まず力士の給与格差を是正すべきである。

 大相撲の世界では、十両以上を関取と呼び、関取とそれ以外の力士とは全ての面に関して天と地ほどの差がある。関取は最低でも約100万円の給与が支給され、さらに個室と付き人が獲得出来る。だが十両未満の力士たちにはその全てがなく、関取の付人にならなくてはいけない。
 彼等はどんなに働いても無給である。いまどきボランティアじゃあるまいし、無給で働くお人好しがどこにいる。そのうえ、稽古と称してどつかれたり、いじめられるのでは青少年は誰も寄り付かないだろう。ましてや最近の日本人は、ほとんど高卒か大卒なのだから、有力な学生相撲経験者を呼び込むためにも、十両以上の給与をもっと下げて、少なくとも序の口あたりから給与を支給すべきである。

2)付き人は言ってみれば会社の秘書のようなもの。まだ世の中を良く理解できていない若者には不要である。少なくとも会社で言えば役員クラスである「三役以上の力士」に限定してもよいのではないだろうか。

3)日本相撲協会の理事は、少なくとも半数は外部の人間にすべきである。相撲しか知らない力士上がりの理事ばかりでは、まともな経営が出来ないばかりか、時代に応じた運営や改革をタイミングよく即座に行うことは無理だからだ。

 そのほかにも年寄り株制度などのいろいろな問題はあるが、少なくとも第一段階として上記の三点だけでも改革してもらいたいものである。

最後にクリックしてランキングを確認してくれると嬉しいな↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログへ

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2010年7月13日 (火)

参議院選と消費税

 やっと真夏の選挙が終り、自民党が復活して民主党が敗れた。民主党の敗因は、菅首相自らが語ったように、消費税問題で右往左往したことだ。消費税そのものではなく右往左往に問題があったのである。
 一部のマスコミ報道には誤解もあるが、良識ある有権者は、決して消費税率アップそのものに反対しているわけではない。欧州に比べて日本の消費税率が低いのは、万人の知るところだし、財政の立て直しのためには、抜本的な税法改正の必要性も承知しているはずである。それに何と言っても先に消費税率10%を提示した自民党が大勝したのだから。
 それをマスコミはこぞって、あたかも首相が消費税率のアップを掲げたからだという。認識不足も甚だしいし、天下のNHKまでが消費税を悪者にしているのだから、情なくて涙が出てしまう。それから少し前までは、大新聞たちは、こぞって消費税率アップを促していたじやないか。そんなことは知らぬ顔の半兵衛よろしく、全く首相を擁護しようとしないのはどうしたことだ。

Photo_2

     「ケントの絵手紙小屋より」

 そもそもはじめ首相は、「財政の立直しには、税制の抜本改正が不可欠だ」と言ったはずである。当然税制の中には消費税も含まれるわけだが、いつの間に消費税率のアップだけに焦点が当てられてしまった。
 またいつの間にか、明日にでも消費税が増税になるような報道がなされているが、これも首相は3年後に民意を問うてからといっているではないか。ただ議論だけは超党派で早目にやろうと言っただけなのだ。
 これは首相が世襲政治家のようなボンボンではなく、実務的な人間だからこそ発言したのだと思う。なぜなら歴史的な税制大改革などは、1年や2年では構築出来ないからである。またそれだけ大きな税制改革なら、当然1年以上前にその全体像を公表しなければ、企業の経理部門や会計ソフトウェアの製作会社は、全く事前準備が出来ないではないか。従って3年前に議論を始めても遅いくらいなのである。
 何十年も経理実務を担当しているので判るのだが、今まで法律の公表が後手後手に回わり続け、どれほど現場が泣かされてきたことか。だから首相が、税制大改革の議論を急いでいる気持ちは十分に伝ってくるのだ。

 平成10年度に大幅な減税が先行して行れたが、このときその減税の財源は、1~2年先に増税を目論んでいた消費税と、法人・個人の所得増だったはずである。それを自民党の歴代首相が、人気とりのためズルズルと放置してしまった。さらに世界同時大不況が起こり、法人・個人の所得も低迷してしまった訳である。そのつけが今日に至っているに過ぎない。こんなことは多少でも経済に興味がある者なら、誰でも知っている常識であろう。

 ただし菅首相が迂闊だったことも否めない。「税法大改革をする」までは良かったのだが、マスコミや野党に挑発されて、いまだ十分に論議しないまま、成り行きで具体的な手法や数字を喋るから反撃されるのである。まさに彼等の罠にかかってしまったのだ。
 ことに鳩山前首相の思いつき発言に翻弄されたマスコミや有権者たちは、「菅さんお前もか!」という怒りを再燃させてしまったのだ。少なくとも菅首相の失敗はその一点だけであり、「消費税率アップ発言」で民主党が敗北したわけではないと言いたい。念のためひとこと申し添えておくが、私は決して菅さんのファンでもなければ民主党支持者でもない。マスコミの報道こそ「ねじれ」ていると訴えたいだけである。

 そもそも鳩山前首相の決断力のなさから宙に浮いてしまった普天間問題と、小沢前幹事長の不正献金問題の二つが最大原因であり、さらには小沢派と反小沢派の確執による内部崩壊が命取りになっているのだ。もしあのまま鳩山さんが首相を降りなかったら、44議席どころか30議席にも届かなかったのではないだろうか。44議席も確保出来たのは、むしろ勝利といってもいい。

 ここへきて、野党はこぞって解散総選挙の雄叫びをあげているが、こんなときに総選挙どころではない。それよりじっくりと、国民のために政策を練って欲しいよね。また敵は身内にありで、小沢派が虎視眈々と巻き返しを狙っているという。
 冗談じゃない。政治家どもは、どいつもこいつも自已利益ばかりで、国民のことを考えている者は誰もいないのか!。ねじれ国会で結構。参議院の本来の役割が発揮出来るのだから、これは決して悪いことではない。ただ心ない政治家どもが利権だけに溺れたり、お互いに意地を張ってきちっと議論をしないから「ねじれ」が起るのだ。

 日本の行く末を本気で心配する「心ある真の政治家」はいないのか。これ以上足のひっぱり合いに終始していたら、日本丸は完全に沈没するだろう。
 マスコミさん、野党さん、小沢派さん、お願いだから、目先の視聴率稼ぎや猿山ボス争いは暫く棚上げして欲しい。このままでは10年後には、日本全体が消滅してしまうぞ。そして、有権者さんも含め、もっとビジョンを持って、未来ある住み良い日本を日本人全員で創ってゆこうよ。

最後にクリックしてランキングを確認してくれると嬉しいな↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年1月20日 (水)

子ども手当は考え直せないのか

 民主党の「子ども手当」の評判がすこぶる悪い。子ども手当をもらえる状況にある人でさえ、良識を持った大人ならば、この制度にかなり否定的である。マニフェストに忠実な姿勢は悪くはないが、もっと世相を反映した柔軟な対応をしてもらいたい。

    Img_2661

 「子ども手当」とはご存知の通り、子供一人につき年間約31万円が中学校を卒業するまで支給される制度である。そしてこのこども手当が完全支給されると、年間支給総額は、実になんと5兆3千億円になるという。この5兆円超という金額は、余りにも巨額でピンとこない人がいるかもしれない。
 東京~大阪間のリニアモーターカーの総工費が約9兆円だから、子ども手当2年分でリニアの総工費を払っても、十分おつりがくる計算になる。また大騒ぎしたあの「八ッ場ダム」の総工費など、たかだか4600億円で、子ども手当の1カ月分という僅かな金額に成り下がってしまうのだ。なんと恐ろしいことか。きっとどこかで、国民全員に巨大なツケが回ってくるに違いない。

 またこの子ども手当には、所得制限もなく、ただお金をバラまくだけなので、約6割の親が当面貯金をしておこうと考えているらしい。これでは批判が続出した麻生太郎の定額給付金同様、さっぱりありがたみも沸かず、雇用促進にも繋がらず経済効果も薄いまま終わることだろう。

 バラまくだけなら誰でも出来る。それにしても本来優秀なはずの政治家センセイ達が、揃いも揃って無策無能なこの国の状況には、改めて呆れ果ててしまうよね。
 バラまきからは何も生まれない。生まれるのは甘えとエゴだけである。こんな安易な政策は早く撤回し、保育園や介護施設の増設、りっぱな教師や人徳医師などの増員、現代教育の抜本的改革など、本来的にやらねばならぬ政策は山積みのはずだ。

 私も民主党に一票投じた一人であるが、こんな無駄な政策を無理やり実行させるために投票したわけではない。これでは何もしなかった自民党のほうがマシだった、ということにもなりかねない。
 いずれにせよ、民主党でも自民党でもなく、人気とりでも私利私欲でもない。この国の未来を真剣に考え、かつ多くの国民の考えを真摯に受けとめ、またタイミングよく国際情勢に対処出来る傑物たちが集まって、この国の新しい政治を司ってくれる日が来ることを祈ってやまない。

最後にクリックしてランキングを確認してくれると嬉しいな↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年12月 7日 (日)

不況和音の世界

 サブプライムローンの崩壊に端を発した世界的大不況が津波の如く押し寄せ、まず金融業界や不動産業界を破壊し、同時に引き起こされた円高地獄が、電機・自動車産業などの輸出企業に襲いかかってきた。
 それにしてもマスコミは、いつも余り嬉しくないニュースを報道するのが楽しいようだ。きっと暗いニュースのほうが注目されるからだろう。そして大げさに執拗に、まるでサイクロンのように、人心を不安世界へ巻き込んでゆく。
 TV、新聞、週刊誌とあらゆる媒体を駆使して、人の心に恐怖の種子を投げ込むのだ。それが原因で更なる不況に遭遇したり、自殺者や殺人鬼を生み出す結果となっても、全く知らん顔で責任も感じない。視聴率と販売数が伸びれば、あとはどうでもよいのか。憤りを通り過ぎて悲しみだけが雨のように降りそそぐ。

  Ilumi

 もはや信用取引なくしては成り立たない世界経済だが、信用という見えない魔物は、まさに砂上の楼閣であり、不安と恐怖心という、やはり見えない魔物によって簡単に崩れ落ちてしまうのだ。その魔物を作り出しているのが、マスコミとエコノミストと評論家達なのである。
 そもそも不況不況で生活苦と大騒ぎするが、一体いつの時代と比較しているのだろうか。きっと記憶に残る、かつての一番良い時代を夢見ているに違いない。
 少なくとも、我国においては、一部の貧困層を除いて、明日の衣食住に困る者が一体何人いるというのだ。かつてのバブリーな生活が出来なくなっただけではないのか。近年において、本当の貧困とは、大戦前後のどうにもならない時代に置き去りにしてきたはずだ。いい加減に無責任に騒ぎ立てるのは止めてもらいたい。

 それでも経済は、循環している限りいつかは再生するものだ。一番怖いのは戦争と破壊である。先の大戦もマスコミが創り上げた幻影によって長期化し、多くの国民に無駄な死や苦しみを与えたはずである。
 次の大戦では再生はない。核により地球が汚染されて、生物は全て滅びるだけだということは、もはや小学生でも知っている理論じゃないか。ましてや高学歴揃いのマスコミ関係者達が、理解出来ない道理ではないはずである。マスコミの報道はそれほど凄まじく、その報道責任は人の命より遥かに重いのだということを認識して欲しい。

↓クリックすると僕のランキングも判りますよ。

人気blogランキングへ

※スパム対策のため、TBとコメントはすぐに反映されない場合があります。

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月28日 (土)

石油暴騰にもの申す

 それにしても、今年に入ってから異常に高騰したまま突っ走る原油価格には、呆れてものも言えない。2007年初頭には1バレル60ドル位だった原油価格が、とうとう140ドルを超えてしまった。
 この現象は、サブプライム問題で行き場のなくなった投機マネーが、小さな市場である原油を始めとする商品先物市場に一斉に流れているからだという。需給関係の全くない、人為的な相場なのである。専門家の分析では、本来の需給関係に戻れば、せいぜい1バレル70ドル位がまっとうな相場だともいう。

        Shiyouka

 これで儲かるのは、原油産地国や金持ちの投機家だけで、一般の消費者や価格に転嫁出来ない生産者は、壊滅的な大被害を被っているのだ。全世界の政治家達は、一体こんな状況をいつまで放って置くのだろうか。サミットやら国連やらでもっと討議し、生活に密着する投機に対しては、もっと厳しい規制を敷いてもらいたい。
 しかしながら、実際にこれで儲けている国々が反対するのは目に見えている。そうした難しい状況であることは判るが、だからといって野放しにしておいて良い理由にはならないはずだ。

 こうなると資源が少なく、食料自給率の低い日本は益々窮地に立たされることは明白である。もう他人頼みではどうにもならない。だから今後日本が一番力を入れなくてはならないことは、自分の事は自分で出来るシステムを作るということであろう。
 まず農業と漁業は、あらゆる規制を解除して、大企業化して自給自足出来る仕組みを作り上げなくてはならない。もちろんそのために困る農家と漁師の人たちには、国がそれなりの補償を考えなくてはならないだろう。
 農業と漁業を近代化かつ大規模化することにより食料の自給率を高め、過疎化した地方に活気を与えれば、雇用の増大にも繋がり一石二鳥となるではないか。やみくもに不要な道路を造るばかりが能じゃないぜ。

 それからもう一つ、石油に替わる資源の開発を急ごう。これは各企業の研究開発に委ねるだけではなく、国家レベルで全大企業を統括し、共同研究するよう大号令を発しなくてはならない。もちろんかなりの税金負担も覚悟せざるを得ないだろう。
 自動車はガソリン車から燃料電池車化するにあたり、国が先導してスタンド等のインフラ整備を行うことが必要だ。また火力発電所も太陽光や風力、地熱などを利用したものに切り替える。そして原発から発生する放射性物質や廃棄物を化学的に無力化する研究に力を注ぐこと。それが出来なければ原発は徐々に廃止してしまうべきだ。
 また島国で火山の多い我国の特性を利用して、温泉や海水・海流、もっといえば雷や台風などを利用したエネルギー源の開発もやるべきではないだろうか。もちろん一部の大学などで既に研究していると思うが、そんなレベルではなく、国と全大企業が一丸となってチャレンジしなくてはならない。なに、まるで戦時中みたいだって・・・。そうまさしく現代は武器を使わない戦争に突入しているのだ。その認識をもたなければ、いずれ日本は消えてなくなることだろう。

↓クリックすると僕のランキングも判りますよ。

人気blogランキングへ

※スパム対策のため、TBとコメントはすぐに反映されない場合があります。

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月27日 (日)

ガソリン税国会はやめてくれ

 いま国会は、租税特別措置法で期限切れとなる臨時ガソリン税の継続か廃止で大揺れである。民主党は国民生活のため、自民党は道路財政の維持を旗印として戦い続けている。
 だがそれは表向きの理屈に過ぎず、その真意は共に次の選挙に勝つことしか脳裏にはない。ただ反対だけして国民に媚びる民主党。そして地方議員と官僚と土建屋の御機嫌を伺う自民党。どちらも本質的には、将来の日本のことなどこれっぽっちも考えていない。
 CO2による環境破壊が叫ばれる中、いまさらガソリン税廃止もないだろう。私も毎日車を使っているが、公害をたれ流しているのだから、多少の税負担は仕方ないと思っている。

    Dooro

 いま原油価格は、一部のハゲタカファンドのために異常なほど高騰している。日本だけではなく世界中が迷惑しているのだ。この諸悪の根源である石油先物取引を放置しておいて、ガソリン税もへったくれもない。
 政府が緊急に成すべきことは、サミットなどでこの『石油先物取引』の規制を提案することではないだろうか。一部の国と投機家にとっては濡れ手に粟かもしれないが、多くの国や人々が困っているのだから、主要国が率先して早く手を打つことである。
 さて話が少しそれたので、またガソリン税問題に話を戻そう。いずれにしても民主党のように後先を考えない政策では、いつまで経っても本質的な解決にはつながらないだろう。
 だからといって自民党の政策が正しいとも思えない。もうこれ以上の基幹道路は必要とは思えない。畑の中に無理やり道路を開通させたところで、一体何人が利用するのだ。
 それよりも無駄な道路作りはやめ、余った財源を、壊れた橋や生活道路の整備などに、あるいは環境保全のために使用して欲しい。場合によっては、目的と異なるかも知れないが、国債や地方債の償還に充てても良いではないか。
 本来政治家こそは、時代を先読みし、柔軟な発想とパワプルな行動力を発揮しなくてはならないはずである。だが彼等のやることといえば、いつも保守的で目先の利益ばかりを追いかけている。
 こうしたつまらない政治家しか生まない環境を作ったのは、結局つまるところ「やはり目先の利益だけにしか興味を示さない国民たち」なのである。納税するのは誰でも好きではない。しかしそれ以上に税の使われ方に着目してゆこうではないか。

↓クリックすると僕のランキングも判りますよ。

人気blogランキングへ

※スパム対策のため、TBとコメントはすぐに反映されない場合があります。

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いね(^^♪

にほんブログ村 映画ブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年7月 7日 (土)

ミートホープ社だけなの

 それにしても出てくるわ出てくるわ、まるでドブの中から生れるボウフラのように、数々の悪業が次々と湧き出てくるよね。
 まず「牛肉コロッケ詐称」に始まり、「血液混入」、「腐肉細切れ混入」、「鳥インフルエンザ疑惑の輸入鴨肉混入」、「パン混入による増量」、「ブラジル産鶏肉を国産詐称」、「雨水での冷凍肉解凍」などなど、これでもかと言わんばかりに、次々と不祥事が明るみに出る。

  Suki_1

 たぶんこれらのほとんどが、タレ込みによる発覚なのであろう。そしてそれらのタレ込みには、激しい怨念のようなものを感じる。
 きっと田中社長は、従業員たちに余程嫌われ憎まれている経営者なのだろうね。中小企業には良くある話だが、社長とその一族の待遇は上場企業以上であり、従業員に対するそれは、上場企業の1/3とくる・・・。中小企業では、社長とその一族以外は人間扱いされないのだ。
 事実そういう中小企業をイヤと言うほど見てきた。決して誇張ではなく、それが現実なのだ。もちろん従業員や取引先を大切にし、身銭を切って頑張っている中小企業の社長もいる。
 しかし多くの中小企業では、トップのやりたい放題というのが相場であろう。ある中小企業では、社長の給与が上場会社のトップ以上なのにも拘わらず、創業来共に働いている50代の大番当さんが、年收500万円足らず~なんていうものもあった。
 たとえ従業員の給与が恵まれなくとも、社長も同様に安い給料しかとっていなければ皆が納得するのである。それを自分だけ超高給をムシリ取り、べンツに乗り回し、妾には会社の経費で、毛皮のコートを買う。そして従業員には威圧的な態度ばかり・・。なんていうのが多いね。
 これで切れなければ、従業員のほうに問題があると言いたいくらいだ。タレ込まれて当然なのである。
ミートホープ社のオヤジの顔や態度を見ても、誠実で責任感が強く、懐の広い人には見えないよね。
 どんなに小さくとも、消費者にはかなり影響力のある会社である。単にごめんなさいだけで済むはずがない。
 また上場会社だろうと中小企業であろうと、会社とは経営者や株主だけのものではないのだ。それに現代の会社は、目先の利益だけを追うだけの存在では済まない。
 会社は従業員の生活基盤でもあり、社会全体のものである。その自覚のない者は、経営者の素質がないと言えよう。時代はどんどん変わっているのだから。
 雪印事件、不二家事件、日本ライス事件でも、共通しているのは、当初のトップの無責任な対応が目立つことだ。ましてやミートホープ社のような中小企業において、トップが現場に責任を押しつけて知らん顔を出来る道理がない。
 狂牛病や鳥インフルエンザ、そして農薬漬けの野菜など、輸入品の品質低下が叫ばれている今日。「高価だが信頼出来る日本製品」という最後の砦まで破壊されたようで、非常に腹ただしい思いで一杯である。
 本当にこんな事をしているのは、ミートホープ社だけだと、信じられるのだろうか。

 

↓応援クリックお願いでござるm(__)m

人気blogランキングへ

※スパム対策のため、TBとコメントは承認後公開されます。

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願い(^^♪

にほんブログ村 映画ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月17日 (日)

年金くらいどうにかしてね

社会保険庁だけなのか?

 いま巷では年金問題で大騒ぎ。参議院選挙を前にして、政府はかなり危機感を煽られている。
 そもそも人口の約半数とも言える、五干万件を超える年金記録が「宙に浮いている」という驚くべき事実。当然これが、年金受給権消滅や年金減額に繋がってくるのだ。
 それにしても信じられない!。社会保険庁いや政府は、国民から預かっている年金保険料を「税金」と勘違いしているのではないのか。
 そして聞かない限り、一体いくら位の年金が貰えるのかも教えてくれないのだ。また聞きに行っても、横柄な態度の職員が多い。

    Gizi

 外国では毎年、年金支給予定額の連絡がくる。日本でも、銀行預金をしていれば、必ず残高の通知が来るじゃないか。なぜ国の年金だけは、秘密主義なのだろうか。
 さらには社会保険庁から民間企業への不正天下り利用されない施設の建設など、やりたい放題である。これだけ勝手に国民の保険料や税金などをばらまいた責任は重い。退職金の返還や、給料の減額では済まされない重罪なのだ。 
 外国なら暴動が起こるだろう。それにしても日本国民は優し過ぎるよね。そもそも国民自体が「どうせ年金なんてあてにならない」と言う。あてにならないのではない、あてにしなければ未来はないのだ。洗脳されてはいけない。自分の財産なのだから、もっと必死になって守ろうではないか。
 
★さらに年金問題を斬る!

 会社の喫煙所で30代の若者たちが、年金制度について不満をぶちあげていた。
 簡単に要約すれば、次の通りである。
将来赤字化して、掛金の100%以上が戻って来ない制度は不要だ
だから今迄の掛金を、利子をつけて全額返せ
年金を貰っているジジイどもの年金を廃止しろ

 自分も若い頃は、同じことを言っていた様な気がするが、さすがに横で聞いていて、かなり悲しくなってきた
 確かに政府がこのまま何もしなければ、年金制度は破綻してしまうかもしれない。だから若者達の嘆きもわかるが、矛先を年寄りに向けてはダメだ。
 もし自分が何十年も一生懸命働いて掛金を払込んだのに、年老いて唯一の收入源である年金を切られたらどうだろう。ましてや自分達の父母も、その中にいるのである。
 では彼等は老いた父母を養うというのだろうか。自分の掛金は返せと言うのに、他人のものは切捨てろと言う輩には、それこそもっと難題だろうね。だとすれば、老人は全て死ね!というのか。同じ日本人同士でそんな残酷な話はよそうな。
 さてさてこんなところで世代論争しても、全く意味がないし、生産性もない。それこそ政府の思うツボである。本当の責任は、運用を誤り、判っていながら、「掛金の値上げと年金の値下げ」以外、何もしなかった政府にあるのだ!。

     Tt_1

 世代論争をさせて、若者達から年金廃止論が高まり、政府の責任を転嫁させることを望んでいるふしがある。年金に限らず、最近嫌な情報ばかり小出しに流し、弱者に無理ばかり押しつけているではないか。
 国民が「仕方ない」と、自然に諦めるのを狙っているのだろうか。こんな策略に乗ってはいけない。将来も皆が平等で信頼出来る年金制度づくりを、国民全体が一丸となって考えよう。
 まず国税、地方税、社会保険料は一元化してしまおう。現状の仕組みでは、それぞれ微妙に計算方法が異なり、徴収・納付事務負担が大き過ぎる。サラリーマンなら年末調整だけで、全てが完結出来る仕組みに出来ないのか。そうすれば、アルバイトやパートからも年金保険料が漏れなく徴収出来るので、一石二鳥である。
 ところが政府としては、結果として同じでも、税という名を使いたくないのだろう。選挙の得票に影響すると思い込んでいるからだ。いや確かに無知な国民の側にも問題があるし、マスコミの報道も単純過ぎるかもしれない。
 まあ、とにかく弱者同士で噛みつき合っても意味がない。唯一の武器である「投票権」で、政府を動かすことこそ、一番急務であり最重要事項なのではなかろうか。

↓応援クリックお願いでござるm(__)m

人気blogランキングへ

※スパム対策のため、TBとコメントは承認後公開されます。

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願い(^^♪

にほんブログ村 映画ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (4)

2007年2月 7日 (水)

頭が良いという言葉~柳沢厚労相に捧ぐ~

 「あいつは頭が良いから」とよく言うが、この「頭の良い」という言葉には、いろいろな意味が込められているから曲者だよね。
 まず一番ポピュラーなのは、学業成績が良いという意味だろう。ただ学業成績が良い人には二通りあるのではなかろうか。
 一つは記憶力と集中力に長けている人。もちろん集中力があるからよく記憶出来るわけだがね。もう一方は生まれながらの天才と呼ばれる人だ。しかし私は今だかつてこの天才という人に巡り会ったことがない。一応皆さん影では、それなりに努力しているものである。ただ広い世界には必ず天才としか言いようのない人もいると信じている。

          Beee

 世の中には、いい年をして学業成績が良い人だけを「頭が良い人」と思い込んでいる人が少なくない。高級官僚や大銀行には、そうした世間の狭い人がいる。というよりは、自分自身の価値を誇りたいのだろうか。
 しかし「天才」はともかくとして、学業成績が良い人だけを「頭が良い人」という決めつけ主義には異を唱えたい。
 もはや一般の社会では、中学程度の知識があれば生活に困ることはないはずである。微分積分や英文法が何の役に立っているというのか。少なくとも普通高校の授業などほとんど意味がない。単に大学に行くための予行演習みたいなものである。
 だからひきこもりや勉強嫌いな子供が増えてしまうのだ。もっと社会で役に立つこと、あるいは自分の好きな分野に特化した教育制度を作れないのだろうか。
 と言ってここで教育論をブツつもりは全くないし、そんな大それた知識もないので、これ以上この話を広げることはやめよう。そもそも言いたいことは、現在の教育はある種のパズルであり、たまたまこのつまらないパズルが好きな子供が、一生懸命パズルを解こうと努力するから成績が良くなるに過ぎないのだということ。
 だからもし、自分の好きなこと、役に立つことが授業に取り入れられれば、誰でも成績は良くなるのである。例えばマンガ家になりたいと思う子供に、マンガの授業を作ってやれば、思い切り楽しくそして一生懸命熱中するはずである。また英文法をやめて、外人教師との英会語を授業に組み込んでも同様であろう。なにもNOVAに儲けさせることはないのだ。
 さてでは本題に戻って、学業成績が良い人以外で「頭が良い人」とは、どういう人なのかを書いておきたい。もちろん学業成績が最悪で、いつも0点ばかりの人は論外である。
 私の考える「真に頭の良い人」とは、創造力と応用力にすぐれ、それを上手に社会に生かすことが出来る人だと思う。この価値観からすると、学業成績が良い人は、逆に頭の悪い人になってしまう場合がある。
 その最たる良い例が「女性は子を産む機械」発言で、政治家運命が風前の灯にある柳沢厚労相だ。彼の妻がいみじくも、週刊朝日で「夫は勉強は出来るけど、バカなのよ」と告白しているではないか。
 それ見た事か、学業パズルの上手な奴なんてこの程度なのだ。もういい加減に風化した学業パズル至上主義は捨ててしまおう!と大声で叫んでみたところで、腐った価値観を修復するには、時間がかかるし社会全体の協力が不可欠なんだね。まず教育制度と企業の雇用ポリシーの変革がなければならない。全てはそこから始るのだ。ところがその鍵を握っている官僚達が、現状の学業パズル崇拝主義者なので、残念ながらまず実現不可能であろう。
 しかしそんな過去のしがらみに、いつまでもしがみついていれば、やがて日本は世界の異端児となり、取り残されてしまうことは眼に見えている。見えていながら自己保身に固まって、何も反論せず、戦わず、現状維持に血眼になっている我々にも、大いなる責任があるのだ。

↓どうか応援クリック、お願いしまぁ~す。m(__)m 

人気blogランキングへ

※スパム対策のため、TBとコメントは承認後公開されます。

↓ブログ村もついでにクリックね(^^♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年1月26日 (木)

とんだハーレム

 順番に結婚と離婚を繰り返した女性達10人と、集団同棲している57才の男性が、新しい女性に同棲を無理強いしたとして逮捕された。
Photo_14  この男はハゲでデブの占い師で、同棲している女性達が働きに出て、生活收入を得ているらしい。しかも囲われている女性達は、皆ミニスカートが似合うピチピチ20代であるという。
 なんともまあ、果報者のおじさんだこと・・・・「それにしてもなんで~!」とひがみ根性から、大声を出して抗議したくなってくる。やはり『占い師』というのがミソなのかもしれないな。
 決して占いにケチをつけるつもりはないのですが、占いは一種の統計分析であり、占い師は霊能者でもなければ、超能力者でもないのですよ。
 しかし・・・どうも女性達にはこの占いが神秘的に感じるのか、暗示にかかりやすい人達が多いですね。それにTVを見ていても、新興宗教の教祖さまのようなおばさん占い師が幅を効かせているご時勢であります。
 それにしても、占いや新興宗教に弱い女性達というのは、欲張りでプライドが高いけれど、その割には気が弱く決断力がない・・・というような人が多いのかしらん。
 『占いなぞはお遊び』と割り切って楽しむか、余り見栄を張らずに、質素に生きることが一番だね・・・と思う今日この頃なのであります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧