« 永遠の1/2 | トップページ | デンジャラス・ラン »

2024年5月10日 (金)

護られなかった者たちへ

Photo_20240510163501

★★★☆
製作:2021年 日本 上映時間:134分 監督:瀬々敬久

 東日本大震災を背景にし、その9年後の被災者たちの生き方を描いたヒューマンミステリーである。主な配役は阿部寛、佐藤健、清原果耶、倍賞美津子だが、永山瑛太、緒方直人、林遣都、吉岡秀隆などが脇を固める贅沢なキャスティングなのだ。

 被災者たちの苦悩にはじまり、連続殺人事件の犯人探しと生活保護の実態をテーマにした重くて暗い作品であるが、いつも明るい阿部ちゃんとイケメン佐藤健が、見事に暗くのしかかってくる役をこなしていた。さすが役者だねと、拍手してあげたい。

 俳優さんたちも頑張っていたし、十分に見応えのある作品なのだが、時間が前後し過ぎたのが少し分かり辛くしてしまったかな。また復讐殺人するくらい大切な人ならば、自分が養ってあげればいいのにね。それと終盤になって犯人が何となく分かってしまったが、現実的に考えてあの犯行を、あの犯人1人では絶対に遂行できるはずがない。
 だからその部分だけはどうひっくり返しても納得できなかった。例え映画と言えども、そのあたりがかなり苦しいよね。生活保護の問題については、私にもいろいろ意見があるのだが、それは別の機会に譲りたいと思う。

評:蔵研人

 

下記のバナーをクリックしてもらえば嬉しいです(^^♪↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

| |

« 永遠の1/2 | トップページ | デンジャラス・ラン »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 永遠の1/2 | トップページ | デンジャラス・ラン »