« 見えない目撃者 | トップページ | パパVS新しいパパ »

2021年9月 5日 (日)

ジェイコブス・ラダー 新作

★★☆
製作:2019年 米国 上映時間:89分 監督:デヴィッド・M・ローゼンタール

 評価が高かったので鑑賞したのだが、どうもよく分からないまま推移し、大した高揚感も味わえないままエンディングになってしまった。そこで後でもう一度調べたら、評価の高かったのは1990年に製作されたエイドリアン・ライン監督の作品であり、なんと本作はそのリメイク版だったのである。
 ストーリーは、死んだはずの兄が生きていることを知った主人公が、だんだん悪夢を見るようになり、しまいには人生が崩壊してしまうという話である。いずれにせよ、次から次へと幻覚映像が映し出されるため、どれが現実なのか幻覚なのかよく分からなくなってしまう。

 そしてさんざん引っ掻き回しておいて、あの結末はないだろう。あれではそれまで観てきたのは一体何だったのか。これは夢落ちと同じで反則ではないだろうか。それでも面白ければ許せるのだが、本作にはその味わいさえも感じられなかったのが残念である。
 では評価の高いオリジナルはどうだったのだろうか。こちらもよくよく調べたら、だいぶ以前に鑑賞済だったのだが完璧に失念していた。つまりそれほど印象的ではなく、本作ほどではないものの、たいして面白くなかった感想文を記しているのだ。これらを知っていれば、たぶん本作は観なかったのにね…。またまた時間の無駄遣いをしてしまったようである。


評:蔵研人

下記のバナーをクリックしてもらえば嬉しいです(^^♪↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

|

« 見えない目撃者 | トップページ | パパVS新しいパパ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 見えない目撃者 | トップページ | パパVS新しいパパ »