« 負け犬の美学 | トップページ | ジェイコブス・ラダー 新作 »

2021年9月 3日 (金)

見えない目撃者

★★★

製作:2019年 日本 上映時間:128分 監督:森淳一

 警察学校の卒業式の夜、浜中なつめは車で事故を起こす。同乗していた弟は死亡し、自分は視力を失ってしまう。それで警察官を諦めて盲導犬に導かれる障害者生活を送っていた。
 そんなある日、自動車の中から助けを求める女性の声を聞き、警察に届けるのだが障害者の目撃ということもあり、十分な捜査をしてもらえない。それに不満を持ったなつめは、不自由な身の上にも拘らず、一人で独自の捜査活動を始めちゃうんだな。

 昔なら「座頭なつめ捜査帖」というタイトルが付けられたかもしれないね。だが生まれつき目が見えないのならともかく、視覚障害者になって3年間のうちに、聴覚や嗅覚が異常に発達するという設定にはかなり無理がある。また警察学校を卒業したとはいえ、あの無茶な探偵振りは全く納得できないよな。そのほかにも山のように突っ込みどころがあるのだが、まあそこそこ面白かったので許すことにしようか。
 それにしても主演の吉岡里帆もいまひとつだし、映画というよりはテレビの「土曜サスペンス劇場」という感覚だったな。ただテレビでは絶対にないエグイシーンが多いので要注意。

評:蔵研人

下記のバナーをクリックしてもらえば嬉しいです(^^♪↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

|

« 負け犬の美学 | トップページ | ジェイコブス・ラダー 新作 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 負け犬の美学 | トップページ | ジェイコブス・ラダー 新作 »