« フォルトゥナの瞳 小説 | トップページ | 恋とニュースのつくり方 »

2021年9月30日 (木)

ワイルド・ローズ

★★★★
製作:2018年 英国 上映時間:102分 監督:トム・ハーパー

 カントリー歌手を夢見るシングルマザーを描いたヒューマンドラマである。美声を誇り地元の酒場で歌っているローズは、グラスゴーを出て米国でカントリー歌手になることが夢であった。
 だが二人の子供を持つ身ながらも、ドラッグ密輸の容疑で1年間服役していたのである。さらに金もなく歌を練習する暇もない。そんな無い無い尽くしの中で、地元の資産家スザンナの家で家政婦として働くうち、カントリー音楽のファンであるスザンナにチャンスを与えられるのだったが…。

 本作では主人公の歌唱力が注目されるわけだが、主人公ローズを演じたジェシー・バックリーの演技はもちろんのこと、その歌唱力もなかなか大したものである。その彼女の演技力は世界中で高い評価を得、アカデミー賞でノミネート、ニューポート・ビーチ映画祭で主演女優賞の受賞、ジョージア映画批評家協会賞や放送映画批評家協会賞など数々の賞を受賞している。また素晴らしかったのは彼女だけではなく、母親役・スザンナ役・それに微妙な少女の心象風景を演じた子役も良かったね。

 本作のタイトルである『ワイルド・ローズ』を直訳すれば、「荒々しく力強く生きていくローズ」と言うことになるだろう。それに加えてバラの野生種のことをワイルドローズと呼び、環境や病気に強く手入れをしなくとも花がたくさん咲くという特徴を持っているという。そしてバラの花言葉は「愛と美」であり、ローズの美声と愛の物語という要素も示唆しているのかもしれない。
 いずれにせよ本作は米国風のサクセスストーリーではなく、なんとなく英国の田舎風味を漂わせたエンディングで締めくくっている。また私自身もこの終わり方のほうが味わい深いと思ったが、皆さんはいかがなものであろうか。

評:蔵研人

下記のバナーをクリックしてもらえば嬉しいです(^^♪↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

|

« フォルトゥナの瞳 小説 | トップページ | 恋とニュースのつくり方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フォルトゥナの瞳 小説 | トップページ | 恋とニュースのつくり方 »