« 愛唄 約束のナクヒト | トップページ | 負け犬の美学 »

2021年8月30日 (月)

俺物語!!

★★★★
製作:2015年 日本 上映時間:105分 監督:河合勇人

 派手なアクションと主人公の顔を観れば、すぐに原作はマンガだと気付くだろう。だが少女漫画としてはかなり異色な作風である。そのためか、女性だけではなく男性読者も魅了し、2013年「このマンガがすごい!」オンナ編第1位に輝き、同年の「講談社漫画賞少女部門」も受賞している。
 さらにテレビアニメも放送され、次々に話題を呼び、ついに本作の実写映画化まで駆け上がってしまった。主人公の剛田猛男を演じるのは、まさに彼しか適役はいないと言ってもよいほどぴったしカンカンの実力派俳優の鈴木亮平である。彼はこの役作りのために、わずか1か月で30キロ増量したというから、その役者魂には脱帽するしかないだろう。

 巨体を誇り情に厚い硬派な剛田猛男(鈴木亮平)は、男子には大モテだが女子には全くモテない高校1年生だ。そんな彼といつも一緒に歩いているのは、幼馴染で超イケメンの砂川誠(坂口健太郎)で、彼は猛男と正反対で女子に大モテなのだが女子には興味がない。
 そんなある日、猛男はチンピラのしつこいナンパから女子高生の大和凛子(永野芽郁)を救い出し一目惚れしてしまうのだった。そして奇跡的に凛子も猛男に一目惚れしてしまう。

 ところが二人が後日再会した際、猛男は凛子が好きなのは猛男と一緒にいる砂川なのだと勘違いをしてしまう。以後三人で或いはグループでさらに二人きりで逢っても、猛男はずっと勘違いをしたまま、凛子の気持ちに気付かない。まるで『めぞん一刻』のすれ違いを観ているようでイライラしてしまうだろう。また途中なんとなく、情に厚い猛男が寅さんと重なってしまった。だからこそ感動のラストシーンでは涙が止まらなかったのだろうか。

 従って単なる学園ラブストーリーではなく、しっかり友情や人生訓なども煉り込んであり、さすがに原作が一級マンガだと納得する。ただ本作は実写版なので、全てをマンガチックに描くこともなく、鈴木亮平も過剰メーキャップやド派手な演技をする必要もなくオリジナリティーを主張すればよかったのではとも感じた。
 まあいずれにせよ、本作での永野芽郁ちゃんの可愛いこと。その後NHK朝ドラでヒロインを演じるわけだが、この頃はこんなにも可愛かったとは思いもよらなかったね。

作:蔵研人

下記のバナーをクリックしてもらえば嬉しいです(^^♪↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

|

« 愛唄 約束のナクヒト | トップページ | 負け犬の美学 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 愛唄 約束のナクヒト | トップページ | 負け犬の美学 »