« バクマン。 | トップページ | 恋は雨上がりのように »

2021年7月18日 (日)

億男

★★★
製作:2018年 日本 上映時間:116分 監督:大友啓史

 キャストは主人公一男を演じた佐藤健をはじめ、高橋一生、黒木華、沢尻エリカ、北村一輝、藤原竜也と錚々たる顔ぶれである。さらにパーツ・パーツもそれなりに面白いのだが、全体の展開がやや意味不明で何を言いたいのかも理解しづらい。
 
 「お金に困っている人がある日突然宝くじで3億円当たったら」というのがキャッチフレーズで、主人公の一男も宝くじで3億円を手にするのだが、冒頭のディスコで深酔いして札束をばらまいただけで、その後は過去の回想ばかりで金を使うシーンは何もないのだ。どうも私が描いていたストーリーとは全く異なる筋書きで、あれよあれよと戸惑っているうちに終劇となってしまった。

 一体この映画は何なのだろうか。そして一男のアホなこと。どこの世界に用もないのに、3億円の現金を銀行から引き出してくるか?そもそも数日前に銀行に連絡し、さらに銀行からあれこれ使用使途をしつこく聞かれ、警察官立ち会いの下でしかそんな大金は引き出せないご時世だ。
 そもそも何があってもすぐに借金を返せば良いのに、それもしないで一体何を考えているのだろうか。またモロッコでも疲れたぐらいで気を失ってしまうし、頼りないにもほどがある。別居している妻から離婚を迫られるのも当然だよね。

 そして終盤もいい加減。犯人が3億円を抱えたまま偶然に電車に乗ってくるはずがないじゃないの。良かったのはオーラスだけだね。お金じゃ買えないものもあるけど、やはり地道でも有効な金の使い方があるよという話なのかな。
 

評:蔵研人

下記のバナーをクリックしてもらえば嬉しいです(^^♪↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

|

« バクマン。 | トップページ | 恋は雨上がりのように »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バクマン。 | トップページ | 恋は雨上がりのように »