« 昨日は彼女も恋してた | トップページ | 誰も書けなかった死後の世界地図 »

2021年6月14日 (月)

ヒューマンズ

Photo_20210614101201

★★★★
英国TVドラマ シーズン3まで全24話

 シンスと呼ばれるアンドロイドたちが、忠実に家事や仕事をこなす理想の未来社会。もちろん彼らには意思や感情はなく、人間には危害を加えないように設計されている。まるでアシモフの『われはロボット』や手塚治虫の『鉄腕アトム』の世界である。

 ところがある日、ミアと名付けられた中古シンスに「感情を生み出すプログラム」が組み込まれていることが判明する。さらに彼女以外にも感情を持つシンスが存在するようなのだ。
 これは人間達にとっては驚きかつ脅威であり、人々は共存派と排除派に分かれてゆくが、何と言っても排除派のほうが圧倒的に多くなる。またシンスたちもいろいろな個性や価値観を持ち、人間と対立する者や友好的な者に分かれてゆく。

 つまり一言で言えば、人間と感情を持つシンスとの友情や戦いを描いてゆくドラマと言うことになる。シーズン3まで全24話と、海外TVドラマとしては比較的短くまとめられており、短期間に鑑賞を終了させたい人には最適のドラマかもしれない。
 主な登場人物をあげると、人間側はまだ目覚めていないミアを購入した家族5人、感情を持つシンス側はミア、マックス、ニスカ、カレンと半分人間のレオということになるだろう。またちょっぴりエッチなシーンもあるので、子供達と観るときは要注意。

 いずれにせよ、次から次へとストーリーが転化して、なかなか先が読めないため、ついつい引き込まれてしまう。またストーリーのテーマが最終話までは一本で通っており、軸がぶれなかったところも見事だった。ただ急に打ち切りになったためか、ラストが少しチグハグなまま終わってしまったのが残念である。

 本作はタイトルが表わすとおり、感情を持ったアンドロイドが、人と共存しようとして遭遇する葛藤や悩みを描いたヒューマンドラマである。SF仕立てなのだが、どちらかと言えばホームドラマを織り込んだヒューマンドラマなので、派手なアクションなどは余り期待しない方が良いだろう。

評:蔵研人

下記のバナーをクリックしてもらえば嬉しいです(^^♪↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

|

« 昨日は彼女も恋してた | トップページ | 誰も書けなかった死後の世界地図 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 昨日は彼女も恋してた | トップページ | 誰も書けなかった死後の世界地図 »