« 家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。 | トップページ | 最愛の子 »

2021年5月18日 (火)

ミスミソウ

★★★
製作:2017年 日本 上映時間:114分 監督:内藤瑛亮

 読んではいないのだが、コミックを実写映画化した作品だという。本作は東京から閉鎖的な田舎に転校してきて、いじめの標的になった少女の復讐劇である。それにしてもいじめかたが派手で、教師も見て見ぬふり、親が頼んでも知らぬ顔の半兵衛。
 それで学校を休んでいると、今度は家に石油をまき散らして放火、家族全員を焼き殺すという超狂乱ぶり。これはまさにマンガで、実際にこんな狂った中学生がいるはずがない。またその中学生達は、どう見ても高校生か大学生にしか見えないのだが、もう少しなんとかならなかったのか。
 
 そしてついに今度は開き直った少女の復讐劇が始まるのだが、グロイシーンのオンパレードで胸くそが悪くなる。だから復讐劇にスカッと感は全く湧かず、だんだんいじめていた奴らが悪いのか、いじめられていた少女が悪いのか良く分からなくなる。
 そもそもこんな大げさな大惨事を生んだのは、ある少女の嫉妬が原因であった。そしてある男の存在とその奇妙な行動。それがラストで暴発するのだが、これは本当に必要だったのだろうか。結局主犯の1人を除いて、登場人物全員が死亡。全く救いがなく、余りにも悲し過ぎる。かなり無理矢理感が漂い、なんだか残っていた切なさまでが吹き飛んでしまった気がする。
 

評:蔵研人

下記のバナーをクリックしてもらえば嬉しいです(^^♪↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

| |

« 家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。 | トップページ | 最愛の子 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。 | トップページ | 最愛の子 »