« 追憶の森 | トップページ | クロノス・ジョウンターの伝説 »

2021年4月 1日 (木)

かぞくいろ-RAILWAYS わたしたちの出発-

★★★★

製作:2018年 日本 上映時間:120分 監督:吉田康弘

 このローカル線シリーズははずれがなく、いつも感動的な作品ばかりであり、三作目の本作も期待を裏切らない作品だった。ただ父親役のごっついヒゲ男だけは、ミスキャストの様な気がする。少年の回想の中で何度も現われる重要な役回りなのだが、どうも私には感情移入できなかった。またヒロイン晶を演じた有村架純も、ミスキャストとは言わないものの、彼女の天性の明るさが邪魔して、なにか今ひとつ乗り切れないのだ。これらをフォローして余り会ったのが國村隼の渋い演技と、子役の男子の切ない演技であろう。

 また簡単に鉄道会社の入社面接に受かってしまったこと。さらに電車の免許までもが、苦も無くあっさりと取得できたこと。なぜ晶が少年の母親役にあれほど拘るのか、などなど辻褄の合わない展開が随所に目立つところが残念だった。だが何と言っても、ローカル線沿線のしっとりとした美しい景色と、良い音楽に恵まれ、総合的にはそれなりの映画らしい映画に仕上がっていたのが救いであろう。

評:蔵研人

下記のバナーをクリックしてもらえば嬉しいです(^^♪↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

|

« 追憶の森 | トップページ | クロノス・ジョウンターの伝説 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 追憶の森 | トップページ | クロノス・ジョウンターの伝説 »