« ダリダ あまい囁き | トップページ | 三尺魂 »

2021年3月17日 (水)

羊と鋼の森

★★★★
製作:2017年 日本 上映時間:134分 監督:橋本光二郎

 原作は第13回本屋大賞を受賞した宮下奈都の小説である。ピアノの調律師をめざす青年・外村直樹(山崎賢人)が、様々な経験を積み挫折しながらも、調律師として少しずつ成長してゆく姿を描いてゆくお話。
 何と言っても、圧巻の映像美にうっとりしてしまうだろう。そして詩的なストーリーと、美しいピアノ演奏に魅了されてしまうはずである。

 また登場人物は少ないものの、先輩調律師役を演じた三浦友和、光石研、鈴木亮平がなかなか良い味を醸し出していた。ことに直樹の教育係を引き受けた鈴木亮平の、じっくりした演技には好感が持てた。
 それにしても、ピンとこないタイトルである。その意味はたぶん次のような解釈であろう。
●羊はピアノの弦をたたくハンマーの羊毛フェルト
●鋼はピアノの弦
●森はピアノの主な材料である木材
 地味な映画ではあるが、久しぶりに心が洗われる映画に出会った気がする。


評:蔵研人

下記のバナーをクリックしてもらえば嬉しいです(^^♪↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

|

« ダリダ あまい囁き | トップページ | 三尺魂 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ダリダ あまい囁き | トップページ | 三尺魂 »