« 飛ぶ夢をしばらく見ない | トップページ | こどもしょくどう »

2021年2月10日 (水)

天気の子

★★★☆
製作:2019年 日本 上映時間:114分 監督:新海誠

 2016年に大ヒットしたアニメ『君の名は。』に続く新海誠監督による劇場用アニメであり、興行収入も『君の名は。』同様100億円の大台を突破している。映像も前作同様CGを駆使した超精密かつ美麗な背景と「アルプスの少女ハイジ」のような線の細い二次元アニメとの組み合わせだ。

 ストーリーのほうも、やはり前作同様荒唐無稽なマンガチックな展開なのだが、『天気を左右できる少女』という魔女めいたアイデアはなかなか斬新である。ただ少女がその能力を得た原因が「死ぬ間際の母と、もう一度晴天の空の下を歩きたいと願った」ことだというのが、余り説得力がなさ過ぎるよね。また少女たちが「空を飛ぶ」のや、3年間も雨が降り続いているのもやり過ぎのような気がする。さらに警察がだらしなさ過ぎるのもなんだかなぁ・・・。まあマンガだからと言えばそれまでだけどね。

 決してつまらない作品ではないし、それなりに面白く鑑賞したのだが、今ひとつ心に響くものが見つからなかった。また終盤にどんでん返しもなく、あっさり予定調和というのも工夫が無さ過ぎる。やはり前作の『君の名は。』には遠く及ばなかったな・・・。

作:蔵研人

下記のバナーをクリックしてもらえば嬉しいです(^^♪↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

 

|

« 飛ぶ夢をしばらく見ない | トップページ | こどもしょくどう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 飛ぶ夢をしばらく見ない | トップページ | こどもしょくどう »