« 時間エージェント | トップページ | 敵の名は、宮本武蔵 »

2021年1月 6日 (水)

Fukushima 50

★★★★
製作:2019年 日本 上映時間:122分 監督:若松節朗

 2011年3月11日に世界を震撼させた東日本大震災。それに伴う巨大津波に襲われた福島第一原発は、全ての電源を喪失し原子炉の冷却ができなくなってしまう。そしてメルトダウンの危機が迫る中、現場の指揮を執る吉田所長をはじめとする約50名の作業員たちの命懸けの戦いがはじまるのである。
 主なキャストは渡辺謙、佐藤浩市、吉岡秀隆、緒方直人、日野正平、萩原聖人、佐野史郎と主役級の男優が顔を揃えている。もちろん女優も安田成美、富田靖子などが参加しているが、本作は何と言っても男たちの物語だ。

 ストーリーは東日本大震災の大津波にあっという間に福島第一原発が飲み込まれてしまうところから始まる。そして全ての電源を喪失した原子炉は、炉心冷却機能を失い炉内の温度が急上昇してしまう。さらに核燃料が自らの熱で溶けだしてメルトダウンを起こし始めるのだった。
 もしこのままメルトダウンを引き起こせば、日本列島の半分が被害を被ってしまう。それを防ぐにはベント=排気操作を決行しなければならない。しかし電源を全て喪失したため、高い濃度の放射能が充満する建屋に人間が入って、人力で作業しなければならないのである。

 そしてストーリーは、決死の覚悟で作業する現場の50人と、無策無能の政府や東電本社の幹部たちを対比しながら、緊張感を漂わせながら事実通り克明に描かれてゆく。ここまではなかなか感動的で素晴らしい展開であった。
 ところが終盤になると、製作時間の制約のためか、あっという間に収束してしまい、収束原因がよく分からないままエンディングを迎えてしまったのが非常に残念であった。あくまでもパニック映画と言うより、50人の原発現場作業員たちを称えるドキュメンタリータッチの映画と認識したほうが良いのかもしれない。
 ところでなぜタイトルが『Fukushima 50 』とローマ字になっているのだろうか。もしかすると、米軍にゴマを擦った「ともだち作戦」を挿入したことから推測して、米国での配給を意識しているのであろうか。

評:蔵研人

下記のバナーをクリックしてもらえば嬉しいです(^^♪↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

|

« 時間エージェント | トップページ | 敵の名は、宮本武蔵 »

コメント

映画マンさんへ
 はじめまして。コメントありがとうございます。原発に残った50人の方々は本当に勇気のある人達でしたね。
 それにしてもその後若くして亡くなった吉田所長のご冥福を祈りたいと思います。

投稿: ケント | 2021年1月16日 (土) 20時52分

初めまして。映画ブログを運営しているものです。
これ、全て実話ですよね。
日本列島の半分が被害を被るほどの大惨事になりえなかったことは知らなかったです…
東日本大震災が起こったのはまだ小学生の頃だったので、実はあまり記憶に残ってないんですよね。
福島第一原発でどんな出来事があったのか、この映画を観て確認しておきたいと思います。

投稿: 映画マン | 2021年1月16日 (土) 11時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 時間エージェント | トップページ | 敵の名は、宮本武蔵 »