« ブルースカイ | トップページ | トキオカシ »

2020年12月19日 (土)

ハスラーズ

★★★

製作:2019年 米国 上映時間:110分 監督:ローリーン・スカファリア

 本作は実話をもとにしたクライム映画で、アカデミー賞にはノミネートされなかったものの、サテライト賞映画部門助演女優賞を受賞し、ゴールデングローブ賞助演女優賞にもノミネートされている。またストリッパーたちの集団詐欺を描いた作品ということもあり、美女たちのヌードにも期待して本作を観た人たちも多いかもしれない。

 だが結論からぶちまけると、主要キャストのヌード場面は皆無だし、ドキュメンタリー風の展開が退屈でたまらなかった。それで途中から早送りして観たのだが、いつまで経っても終わらない。こんな映画なら90分以内で十分だった。だからアカデミー賞にノミネートされなかった理由がなんとなく分かったような気がした。

 もしかすると、実話に拘り過ぎたためにストーリーを犠牲にしてしまったのかもしれない。少なくとも女同士の友情や男性たちとの関係に、もっと心理描写を取り入れても良かったよね。ただ淡々と犯罪の成り行きを繰り返すだけでは、ドラマとしては失格である。

 そんな中で数少ない見所は、50歳を超えたジェニファー・ロペスの見事な肢体と演技力ぐらいかな。それにしても犯罪・暴力・銃社会・貧富の格差・そして戦争へと連なって行く米国病は果てしなく続くのだろうか。


評:蔵研人

下記のバナーをクリックしてもらえば嬉しいです(^^♪↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

|

« ブルースカイ | トップページ | トキオカシ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ブルースカイ | トップページ | トキオカシ »