« スーパーティーチャー 熱血格闘 | トップページ | ドラゴン・ハート 明日への希望 »

2020年12月27日 (日)

時間は存在しない

著者:カルロ・ロヴェッリ 翻訳:冨永星

 下記のような丁寧な構成になっていて、読み易いのだが、読めば読むほど難解になってきて、ほぼギブアップ状況のまま無理矢理完読してしまったかもしれない。

もっとも大きな謎、それはおそらく時間
第一部 時間の崩壊
 第1章 所変われば時間も変わる
 第2章 時間には方向がない
 第3章 「現在」の終わり
 第4章 時間と事物は切り離せない
 第5章 時間の最小単位
第二部 時間のない世界
 第6章 この世界は、物ではなく出来事でできている
 第7章 語法がうまく合っていない
 第8章 関係としての力学
第三部 時間の源へ
 第9章 時とは無知なり
 第10章 視点
 第11章 特殊性から生じるもの
 第12章 マドレーヌの香り
 第13章 時の起源
眠りの姉
日本語版解説
訳者あとがき
原注

 著者はイタリア生まれの理論物理学者で、現在はフランスのエクス=マルセイユ大学の理論物理学研究室で量子重力理論の研究チームを率いている。
 本書では、「時間はいつでもどこでも同じように経過するわけではなく、過去から未来へと流れるわけでもない」という驚くべき考察を展開している。だがそれにもかかわらず、私たちが時間が存在するように感じるのはなぜなのか。
 その答えを物理学ではなく、哲学や脳科学などの知見を援用しながら論じているところがユニークである。だがその辺りが本書を難解にしている源なのかもしれない。

評:蔵研人

下記のバナーをクリックしてもらえば嬉しいです(^^♪↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

|

« スーパーティーチャー 熱血格闘 | トップページ | ドラゴン・ハート 明日への希望 »

コメント

こんにちは。映画ブログを運営しているものです。
時間ってとてもふわふわした、不思議なものですよね。
置かれた状況によって時間の流れは変わることが証明されていますし、重力によって時空がゆがむということまで分かっているらしいですね。
我々には到底理解しがたい領域の話です。だからこそ、とても興味深いですけどね。

投稿: 映画マン | 2021年1月18日 (月) 15時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スーパーティーチャー 熱血格闘 | トップページ | ドラゴン・ハート 明日への希望 »