« リチャード・ジュエル | トップページ | ゴジラ キング・オブ・モンスターズ »

2020年10月15日 (木)

ひとよ

★★★

製作:2019年 日本 上映時間:122分 監督:白石和彌

 劇作家・桑原裕子主宰の劇団KAKUTAによる同名舞台を映画化した作品。DVの夫を殺害した妻(田中裕子)と、それが原因で運命を狂わされ苦労した三兄妹(鈴木亮平、佐藤健、松岡茉優)が、15年後に再会して絆を取り戻そうとする姿を描いたヒューマンドラマである。
 
 タイトルの「ひとよ」とは、ある人には「なんでもない一夜」かもしれないが、ある人には「特別な一夜」にもなる、という意味らしい。つまり人間は千差万別であり、意味のつけ方はその人次第だということになる。
 したがって本作では、中心人物である母親と、三兄妹のほかにも、訳アリのタクシー運転手堂下(佐々木蔵之介)とその息子との関係や、認知症の母親に翻弄され続けているタクシー会社の社員の辛い親子関係などが練り込まれている。

 ただ佐々木蔵之介の話に関しては、今ひとつ中途半端で消化しきれていないところが残念であった。また役者たちはそれぞれ個性を発揮して熱演していたものの、脚本の掘り下げ方が甘く省略し過ぎたのか、リアリティを感が薄く不自然な展開が多過ぎた感があった。


評:蔵研人

下記のバナーをクリックしてもらえば嬉しいです(^^♪↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

|

« リチャード・ジュエル | トップページ | ゴジラ キング・オブ・モンスターズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リチャード・ジュエル | トップページ | ゴジラ キング・オブ・モンスターズ »