« EMMA/エマ 人工警察官 | トップページ | 新プレデター 最強ハンター襲来 »

2020年8月 4日 (火)

5パーセントの奇跡 ~嘘から始まる素敵な人生~

★★★★
製作:2017年 ドイツ 上映時間:111分 監督:マルク・ローテムント

 ドイツ人の母とスリランカ人の父の間に産まれたサリヤの夢は、一流のホテルマンになることである。だがある日突然目の前のものがぼやけて見えるようになり、検査の結果『先天性網膜剥離』と診断されてしまう。そのまま放置すると失明すると宣告され、すぐに手術に応じるのだが、術後の視力はそれまでに比べて5%しか維持されなかった。

 それでも彼はホテルマンになる夢を捨てきれず、視覚障害があることを隠してミュンヘンの5つ星ホテルの研修生になる。ただ現実は彼の考えているほど甘くはなく、数々の失敗を重ねながらも、親友になった同期生と助け合いながらなんとかクリアしてゆくのだった。
 暫くは順調な日々が続くのだが、借金を残して逃げた父親の後始末、恋人との頻繁なデートなどの疲れから、決定的な失敗を犯してクビになってしまう。また視覚障害を隠して、恋人の息子を危険な目に合わせたため、恋人からも見放されるのだった。なにもかも、全ては彼が他人の意見を聞かずに、嘘をつき続けて無理を重ねた罰だったのかもしれない。

 本作は実話をもとにして創られた映画だと言う。それにしてもホテルマンは、フロントで客と折衝することだけが仕事だと思っていたのだが、とんでもない誤りだった。実務研修では料理、ベッドメーキング、ウエイターなど、一応いろいろな仕事を身につけさせるんだね。
 それにしても殆ど目が見えない状況での、肉のスライスやグラス運びなどなど、恐ろしくてとても観ていられなかった。映画だからかなり脚色されていたと思うのだが、実際にはどの程度の研修をやりこなせたのか気になるところである。

 久し振りに観たドイツ映画であるが、主役がインド系の顔つきなのでドイツ映画という感覚がまるでなかった。だが正直で真面目で前向きな主人公に加えて、全ての登場人物が彼に好意的で優しくて良い人たちばかりの、ハートフルで温かみのある映画であった。

評:蔵研人

下記のバナーをクリックしてもらえば嬉しいです(^^♪↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

|

« EMMA/エマ 人工警察官 | トップページ | 新プレデター 最強ハンター襲来 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« EMMA/エマ 人工警察官 | トップページ | 新プレデター 最強ハンター襲来 »