« アイネクライネナハトムジーク | トップページ | 初恋ロスタイム »

2020年6月29日 (月)

マスカレード・ホテル

★★★☆
製作:2018年 日本 上映時間:133分 監督: 鈴木雅之

 東野圭吾原作のミステリーで、連続殺人事件の新たな現場になるとされたホテルを舞台に、キムタク演じる刑事と長澤まさみが演じるホテルのフロントクラークが犯人を探すという展開である。
 ホテルにはいろいろな客が訪れるが、有名人の不倫やストーカー、嫌がらせ客など様々である。だがホテル側はどんな客でもプライバシーは尊重しなくてはならないし、腹を立ててもいけない。

 そんなホテルでの人間模様やホテルマンとしての心構えなど、まるで蘊蓄映画といった趣きばかりで、いつまで経っても犯人は現れない。そして映像もホテルの中ばかり、従って気の短い観客は、この前半だけを観て席を立ってしまいそうだ。
 だからと言ってラストまで133分我慢していても、さほど面白くなるわけでも感動的なシーンを体感できる訳でもないのだ。しかし駄作と言うわけでもなく、それなりに完成度の高い作品と感じる人もいるだろう。なんだか摩訶不思議な感覚の作品なのである。

 さて犯人の正体にはあっと驚かされたものの、なんだかあれだけの犯行を実行するほどの動機を感じられなかった。またかなり凝り過ぎの感があり、小説ならともかく映像だけでは迷路のような複雑な犯行手法が分かり難い。
 さらにエンディングクレジットが流れる中での「アンコール的ラストシーン」には、賛否両論が渦巻そうでだ。何となく洋画のようでかっこ良いと思う人もあり、気取り過ぎてくどくてアホくさいと感じる人もいるだろう。
 いずれにせよあれだけの豪華俳優を集めたけど、133分は長過ぎたんじゃないの・・・。

評:蔵研人

下記のバナーをクリックしてもらえば嬉しいです(^^♪↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

 

|

« アイネクライネナハトムジーク | トップページ | 初恋ロスタイム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アイネクライネナハトムジーク | トップページ | 初恋ロスタイム »