« 九月の恋と出会うまで | トップページ | 七つの会議 »

2020年1月29日 (水)

最強のふたり

★★★★
製作:2011年 フランス 上映時間:113分 監督:エリック・トレダノ

 だいぶ以前から気になっていた作品だが、最近ハリウッド製のリメイク版が上映されたのを機会に、フランス製のオリジナル版をレンタルしてみた。結論から先に言えば、映像が美しく、音楽センスもよく、俳優たちの個性と演技力も光っていた出来の良い映画だと言えよう。
 ただ一つ残念だったのは、終わり方がいやにあっさりとしていたということである。実話だから仕方がないかもしれないが、脚色しても良いので、もう少し感動的なシーンを挿入してもらいたかったな。まあこのあたりの感じ方は、人によって異なるので、あくまでも私の個人的な嗜好に過ぎないのだが・・・。

 この作品は一見、気まぐれな大富豪の障害者と、スラム街出身の黒人介護者との友情物語として語られてしまいそうだ。だが実はその裏に、貧困、麻薬、移民、病気、死別、養子、障害者のセクシュアリティ等々、さまざまな社会問題が鏤められているのである。
 そしてその結果として、第24回東京国際映画祭コンペティション部門で上映、最高賞の東京サクラグランプリを受賞している。また主演の2人は最優秀男優賞を受賞した。さらに第37回セザール賞では作品・監督・撮影・脚本・編集・音響賞・主演男優・助演女優にノミネート、介護者役のオマール・シーが主演男優賞を受賞している。

 実は私が一番気に入ったのは、オープニングからいきなり始まるカーチェイスから、過去への回想を経て終盤にリターンしてゆくシーンである。そしてここであーそう言うことだったのかと納得してしまうのだ。まあ映画にはよくあるパターンなのだが、本作ではなかなか洒落ている回帰シーンであった。
 さてハリウッドのリメイク版のほうは、まだ未鑑賞なのだが、ネットの評価は圧倒的にオリジナル版のほうに軍配をあげている。・・・ということなので、暫くは静観してみたいと考えている。ただしオリジナル版を観ていなければ、先にリメイク版を観たほうが良いかもしれない。

評:蔵研人

p>下記のバナーをクリックしてもらえば嬉しいです(^^♪↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

|

« 九月の恋と出会うまで | トップページ | 七つの会議 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 九月の恋と出会うまで | トップページ | 七つの会議 »