« ザ・プレデター | トップページ | ブラインドスポッティング  »

2019年9月 5日 (木)

ウインド・リバー

★★★★

製作:2017年 米国 上映時間:107分 監督:テイラー・シェリダン

 ベテランハンターのコリー・ランバートは、人里に現れたピューマを追って、雪深いウィンド・リバーに入る。ところがそこで発見したのは、なんと凍りついた若い女性の死体であった。遺体の身元は、地元に住むネイティブアメリカンの娘ナタリーで、大勢に強姦されたあと厳寒の中を素足で逃亡して凍死したと思われる。

 また先住民の住むこの地域では、若い娘の殺害事件が多く、コリーの娘エミリーも3年前に何者かに殺されて雪の中で見つかっている。そしてそれがコリーの夫婦間で問題を引き起こし、コリーは先住民の妻と離婚したようだ。
 さてこの事件を捜査するのが、女FBIのジェーンと地元の部族警察なのだが、地元不案内なジェーンに頼まれて、発見者のコリーも捜査員の応援を引き受けることになる。たぶん彼がその決心をしたのも、自分の娘を殺した犯人への復讐心があったからかもしれない。

 犯人たちは意外にあっさりと見つかるし、その動機も単純なのだが、実に映画らしい映画で見応えのある作品に仕上がっているではないか。これはワイオミング州ウィンド・リバーの大自然と、コリー役を演じたジェレミー・レナーの名演技が巧みに絡まったお陰であろう。かつてのチャールズ・ブロンソンを彷彿させられる渋味と男臭さ、そして抜群に強力なその腕っぷしにも圧倒されてしまった。
 
 また常にこの作品の根底に流れているのは、「先住民たちの怒りと不安と悲しみ」のような気がする。それはこの映画のラストシーンで、コリーとナタリーの父親が、諦めにも似た表情でワイオミングの山々を見つめる後ろ姿に染みついているではないか。これこそアメリカが永遠に抱える汚点なのであろう・・・。

評:蔵研人

下記のバナーをクリックしてもらえば嬉しいです(^^♪↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

|

« ザ・プレデター | トップページ | ブラインドスポッティング  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ザ・プレデター | トップページ | ブラインドスポッティング  »