« ワイルドライフ | トップページ | 運命は踊る »

2019年7月13日 (土)

MEG ザ・モンスター

★★★

製作:2018年 米国 上映時間:113分 監督:ジョン・タートルトーブ

 かつて人が潜ったことのない深海が発見され、最新鋭の潜水艇で調査に行くのだが、そこでは200万年前に絶滅したはずの超巨大鮫メガロドンが生息していた。そしてなんとその怪物は、人間の後を追って近海へ現れるのであった。
 という怪生物パニック映画であるが、不思議と恐ろしさも緊張感もないのだ。たぶん主演のジェイソン・ステイサムが余りにも人間離れした強さを発揮したからかもしれない。なんとなくプレデターと戦ったシュワちゃんを髣髴させられてしまったね。

 だからパニック映画というより、「ステイサム型のアクション映画」と言ったほうが分かり易いかもしれない。もちろんメガロドンは、全長20m超の巨大モンスターであり、いくらステイサムが強いといっても、素手で倒せる相手ではないのだが・・・。
 本来こうした怪生物ものは、次々に人が殺されてゆき、最後に敵の弱点を見つけた主人公だけが、なんとか必死に生き延びるというパターンが多い。ところが本作では、海洋アクション・家族愛・淡い恋愛などに力点が移ってしまい、パニック映画としては中途半端な展開となってしまったようだ。残念ながらそれが、緊張感や恐怖感を薄めてしまったのだろう。

評:蔵研人

下記のバナーをクリックしてもらえば嬉しいです(^^♪↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

|

« ワイルドライフ | トップページ | 運命は踊る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ワイルドライフ | トップページ | 運命は踊る »