« アメリカン・アニマルズ | トップページ | ヴェノム »

2019年6月12日 (水)

V.I.P. 修羅の獣たち

★★★★

製作:2017年 韓国 上映時間:128分 監督:パク・フンジョン

 北朝鮮のエリート高官の息子キム・グァンイルは、ロシア・香港・韓国へ転々と亡命していた。だがこの青年はサイコパスで、その先々で異常な殺人事件を繰り返していたのである。
 彼が犯人であることを本能的に確信した剛腕警視チェ・イドは、十分な証拠固めをせずに彼を逮捕するのだが、なぜか上層部によってもみ消されてしまう。その理由は韓国国家情報院と米国CIAの思惑が絡んでいたからであった。

 大規模なアクションシーンがある訳ではないが、複雑に絡み合う人間関係と、美しい顔をしているキム・グァンイルの憎々しい態度と、剛腕警視チェ・イドのしつこさが見ものである。また序盤にかなり残酷な殺人シーンが映し出されるので、ここで観るのを辞めてしまう女性が多発しているらしい。ただ残酷シーンを挿入することにより、犯人の異常さを克明に描写できたのだと考えれば致し方ないのかもしれない。

 いずれにせよラストには、それまで鬱積していたストレスが一気に解消されて、溜飲が下がることになるだろう。またそのラストとオープニングが見事に繋がって、オープニングの殺し屋の正体もはっきりすることになる。韓国産のクライムサスペンスが好きな人にはお勧めの一本である。

評:蔵研人

下記のバナーをクリックしてもらえば嬉しいです(^^♪↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

|

« アメリカン・アニマルズ | トップページ | ヴェノム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アメリカン・アニマルズ | トップページ | ヴェノム »