« エル ELLE | トップページ | 女は二度決断する »

2019年6月21日 (金)

サーチ

★★★

製作:2018年 米国 上映時間:102分 監督:アニーシュ・チャガンティ

 ネットでの評価がかなり高かったので、期待してレンタルしたのだが、私には余りフィットしない映画だった。まず最初から最後までザラザラしたPC画面オンリーなので、非常に疲れてしまい途中で何度も睡魔に襲われてしまった。
 撮影手法としては斬新なのかもしれないが、観る側のことをもう少し考えて欲しい。ことに年配の観客には非常に辛いものがあった。せめてあんな画面は、オープニングから15分以内程度で終わらせて欲しかったのに・・・それにしても我慢して、とうとう最後まで投げなかった自分を褒めてやりたいくらいだ。(苦笑)

 さてストーリーそのものはよくある話で、行方不明の愛娘を父親が必死に探し当てるという展開である。従って撮影手法は新しくとも、ストーリーのほうは既に手垢のついたお話に過ぎない。また死体が発見されていないのに、犯人の自供だけで殺人事件として片づけ、葬式までしてしまうのはいかがなものか。さらに取って付けたようなラストのどんでん返しも、ちょっと安直ではないだろうか。

 まあ詰まらない映画と言う訳ではないがちょっと期待外れだった。またなぜこれほどネットでの評価が高いのかも理解出来ない。たぶんPCやスマホ好きの若者向けの映画なのかもしれないね。

評:蔵研人

下記のバナーをクリックしてもらえば嬉しいです(^^♪↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

|

« エル ELLE | トップページ | 女は二度決断する »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« エル ELLE | トップページ | 女は二度決断する »