« ヴェノム | トップページ | サーチ »

2019年6月18日 (火)

エル ELLE

★★★

製作:2016年 フランス 上映時間:131分 監督:ポール・ヴァーホーヴェン

 本作は鬼才ポール・バーホーベン監督が描くエロティックサスペンスという触れ込みである。オープニングは猫が怯えているようなシーン。そしてその向こうの部屋では、自宅に侵入してきた屈強な覆面男に馬乗りにされ、顔面を殴られてレイプされている熟女の姿が…。

 その熟女こそイザベル・ユペールが演じるゲーム会社のCEOを務めるミシェルなのだが、彼女は独りで豪邸に住み、決して妥協を許さないため社員たちには嫌われていた。だから彼女をレイプしたのもその社員の一人かもしれない。また彼女はレイプされたことに腹を立てているものの、警察嫌いのため通報もしないし、何事もなかったようにいままで通りの生活を続けてゆこうと決心する。
 
 しかし時々レイプされたときの記憶の断片がフラッシュバックするようになり、犯人が身近にいると気付いたミッシェルは、その正体を突きとめて復讐しようと考えるのだった。
 こんな調子でストーリーが流れてゆくのだが、中盤ころから急に展開が変わってしまい、父母や元夫、息子との親族関連話やら社内の不倫話などが混在してくるためミステリー色がだんだん薄れてくる。

 この映画は一体何にポイントを絞りたいのか。主題が行方不明になってしまいそうになるのだが、また終盤になってサスペンス臭が戻ってくるという展開なのである。
 映像は美麗だし、イザベルの演技力は抜群で、登場人物のほとんどが変態のオンパレードという衝撃的な作品である。ただ欲張り過ぎたためだろうか、「サスペンス」、「エロ」、「ブラックコメディー」、「宗教批判」などなど、余りにも多くのテーマを混在させてしまったのは落ち着きが無さ過ぎると感じてしまった。
 
 それにしても女性たちのパワーが猛烈な映画だね。男たちは皆添え物に過ぎないじゃないの。それにあれだけの豪邸に住んでいても、家の前の道路が駐車場とは、それに運転が下手なくせに縦列駐車ばかり。フランスのお国柄を発見できる映画でもあった。

評:蔵研人

下記のバナーをクリックしてもらえば嬉しいです(^^♪↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

|

« ヴェノム | トップページ | サーチ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ヴェノム | トップページ | サーチ »