« 女は二度決断する | トップページ | タクシー運転手 »

2019年6月28日 (金)

インビジブル・ゲスト 悪魔の証明

★★★★

製作:2016年 スペイン 上映時間:106分 監督:オリオル・パウロ

 かなりケバいタイトルでB級映画を連想してしまうのだが、実は正統派の本格的ミステリー作品なのでご心配なく。それにしてもやはり「悪魔の証明」という副題は何とかならなかったのだろうか。
 
 実業家でかなり裕福なドリアは、不倫相手ローラと山のホテルで密会し、そのあと「彼女との別れ話がこじれて殺害したのでは」との容疑で逮捕されてしまうところからスタートする。だが彼は無罪を主張し、ローラは部屋に潜伏していた何者かに襲われて殺されたと証言するのだった。さらに自分自身も、その何者かに襲われて失神していたと言うのだ。

 だが当時の現場は内側からチェーンキーがかけられており、7階の部屋なので窓から逃げることは出来ない。従って警察は、ドリア以外の者の犯行は考えられないとして彼を逮捕したのだが、彼は金に任せて有能な弁護士を複数雇って無罪を立証しようとする。

 その弁護人の一人が凄腕の女性弁護士グッドマンであった。だが彼女はなぜかまるで検察のように、これまでのドリアの証言を全て覆し、真実を語らなければ無罪の道を創ることは出来ないと脅迫するのだ。さらに密室殺人のトリックも全て解明してドリアを信用させるのである。

 こんな具合でドリアとグットマンのやり取りの中から、話は何度も過去にさか登って、いろんなうねりを生じてゆく。ところがあるタイミングで、話は密室事件よりもっと不幸で悲しい事件のほうに吸収されてしまうのである。そこからはまるで『罪と罰』の「ラスコーリニコフ状態」と言っていいだろう。
 そしてラストへ繋がるどんでん返しは実に見事なのだが、かなり無理があり納得感を得られないのだ。たとえ元演劇部員で抜群の演技力とメーキャップ力を発揮することまでは了解できるとしても、短期間に専門的な知識や技術を完璧に身に着け、真似ることは100%不可能だと言いたいからである・・・。

評:蔵研人

下記のバナーをクリックしてもらえば嬉しいです(^^♪↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

|

« 女は二度決断する | トップページ | タクシー運転手 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 女は二度決断する | トップページ | タクシー運転手 »