« ラブレス | トップページ | 箱入り息子の恋 »

2019年5月14日 (火)

アリスのままで

★★★☆

製作:2014年 米国 上映時間:101分 監督:リチャード・グラツァー

 若年性アルツハイマーに侵された50歳の女性言語学者の苦悩と葛藤を挟み、彼女を支えるファミリーたちとの絆を描いたヒューマンドラマ作品である。原作はリサ・ジェノヴァのベストセラー小説であるが、著者は神経学者であり、長年の研究で出会った人々をヒントにこの作品を描いているため、まるでノンフィクションのようにリアリティに富んでいて奥深い。

 また主演のジュリアン・ムーアが第87回アカデミー賞主演女優賞を受賞しているが、本作ではアルツハイマーが少しずつ進んで行く状態を見事に演じ切っている。まさに絶望に負けまいとするアリスの気高い戦いを演じるには、ピッタリのキャスティングであった。

 それにしてもアルツハイマーは他人ごとと片付けられない。現状では完璧な治療方法は存在しないので、とにかく早期発見して、薬で進行を遅らせるしかないようである。映画の中でアリスが「癌にかかればよかった。癌なら闘うことができる」と言ったセリフが印象的であった。それほど自分が自分でなくなることは恐ろしいものなのである。

評:蔵研人

下記のバナーをクリックしてもらえば嬉しいです(^^♪↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

|

« ラブレス | トップページ | 箱入り息子の恋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ラブレス | トップページ | 箱入り息子の恋 »