« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月の記事

2019年5月30日 (木)

ビリーブ 未来への大逆転

Bleeve

★★★★

製作:2018年 米国 上映時間:120分 監督:ミミ・レダー

 現在、合衆国最高裁には三人の女性判事が在籍している。本作はその一人であるルース・ベイダー・ギンズバーグの半生に迫るヒューマンドラマである。
 彼女は貧しいユダヤ人家庭に生まれ育ったが、負けん気の強さと異常なほどの努力により、名門ハーバード法科大学院を首席で卒業する。その1950年代に在学していた女性は500人中たったの9人であり、女子トイレすら設置されていなかったという。
 また首席で卒業したにも拘らず、ユダヤ系移民であること、子供がいること、そして女性であることなどの理由で、法律事務所には就職が叶わず、大学教授として働いていた。だがどうしても弁護士への夢を忘れられず、ある男性差別の訴訟記録を目にしてその弁護を無償で買って出るのだ。

 それは国を相手取っての訴訟だったので、はじめは全く勝ち目がなかったのだが、ギリギリのところで勝負に持ってゆく。そのラストの数分間の弁論はなかなか感動的であり、まるでそのシーンを見せるために創った映画のようであった。
 この裁判によって彼女は名声を得、その後のあらゆる差別問題に新しい判例を提示し、古い慣行に風穴を開けたのである。ことに現在女性たちが自由に活躍出来るようになったのは、まさに彼女のお陰だと言えるだろう。

 しかしその彼女を支えて応援してくれた夫マーティンの存在を忘れてはならない。料理下手の彼女に代わって夕食を作ったり、思春期の娘と気難しい母親の調停役になったり、弁護士活動を支援してくれたりと、まさに優しくて頼りがいのある夫の鏡のような存在だったのである。
 またマーティンは若くして精巣ガンに侵されて生存率5%と医者に宣告されたが、その後妻ルースの看病と大学での代筆などに助けられて、有能弁護士として働き78歳まで生きることが出来たのである。まさに夫唱婦随いや婦唱夫随か、どちらにせよ夫婦二人三脚で助け合い、尊敬し合いながらの人生を全うした結果なのであろう。実に羨ましい夫婦関係である。

評:蔵研人

下記のバナーをクリックしてもらえば嬉しいです(^^♪↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2019年5月27日 (月)

ライフ

★★★☆

製作:2017年 米国 上映時間:104分 監督:ダニエル・エスピノーサ

 一言で言えば『エイリアン映画』である。あのシガニー・ウイーバ主演のご本家『エイリアン』の大ヒットから数々のB級エイリアン映画が製作されているが、本作はかなりまっとうでリアリティーを追及しているSFホラー作品といえよう。また少人数ながら、キャストも主演のジェイク・ギレンホールや真田広之などと充実しており、そのキャラと演技力も文句の付けようがない。

 ただ成長したエイリアンの造形がタコのようでいま一つしっくりこなかった。さらには猛火を浴びせても、宇宙空間でも、しっかり生きている強烈な生命力と、賢すぎる頭脳力が現実離れし過ぎて気に入らない。
 またまさかのラストシーンは、想定外の展開で現実的なのかもしれないが、あのモタモタ感はどうにかならなかったのだろうか。それにあの終わり方は、昔からよくあるB級ホラー映画と全く同じパターンで、新鮮味が喪失してしまったことが悔やまれる。

評:蔵研人

下記のバナーをクリックしてもらえば嬉しいです(^^♪↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2019年5月24日 (金)

カメラを止めるな!

★★★

製作:2018年 日本 上映時間:96分 監督:上田慎一郎

 製作費が僅か300万円で、無名の俳優数人を配しただけの超B級映画である。ところが一部の有名芸能人が絶賛したことから、あっという間にネットで高評価が拡散してしまった。
 そして当初の2館上映から、なんと全国200館超の上映となる熱狂的フィーバー現象が勃発。さらに日本アカデミー賞にもノミネートされてしまった。その結果として興行収入は30億円を超え、イギリス、フランスでの上映も決定したようである。

 映画ファンとしては、良い悪いは別として、これほどの社会現象を巻き起こしたB級映画を観過ごすわけにはゆかないだろう。ということで、有無を言わさずこの作品をレンタルしてしまったのである。
 私の独善だけで結論を先に言ってしまえば、「そこそこ面白いのだが、社会現象を巻き起こすほど過熱する作品かな?」と首を捻りたくなる程度の評価しか与えられないのだ。
 ことに序盤の学芸会レベルの約30分間はとても鑑賞に堪えられず、何度もDVDプレイヤーを止めようかと心が揺れ動いてしまった。もしかするとそこで観るのをやめてしまった人もいるかもしれない。とは言っても、その魔の30分間さえ辛抱すれば、その退屈さの意味が解明されて面白くなってくるのだが、死ぬほど面白いという訳ではないのだ。

 またゾンビが登場するのでホラーなのかと思ったら全く怖くない。この手の映画を無理矢理ジャンル分けすれば、コミカルタッチな『種明かし映画』とでも言っておこうか。
 謂わば企画とアイデア勝負の映画なのだが、過去にも『サマータイム・マシン・ブルース』という、似たような作品があるので斬新的なアイデアという訳でもない。いずれにせよ好き嫌いが極端に分かれそうな映画だが、くれぐれも序盤の30分で投げ出さないこと。

評:蔵研人

下記のバナーをクリックしてもらえば嬉しいです(^^♪↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2019年5月21日 (火)

シンデレラ III 戻された時計の針

★★★☆

製作:2013年 日本 上映時間:75分 監督:フランク・ニッセン

 ディズニーアニメの名作『シンデレラ』をパラレルワールドの世界として創りあげたストーリーである。つまりもしガラス靴が義姉アナスタシアにぴったりだったらどうなるのというお話なのだ。
 ある日、魔法の杖を手に入れた義母が時間を過去に戻し、アナスタシアに合わせたガラスの靴を作り、お城に呼ばれることになるのである。もちろんシンデレラの顔を覚えている王子が、アナスタシアをダンスの相手と認めるわけがないのだが、また魔法の杖によって記憶を入れ替えられてしまうのだ。

 まあ視点を変えたシンデレラストーリーということでは評価できるのだが、やはりなんとなく結末は分かってしまうし、ねずみが大活躍という子供向けの展開にちょっぴり興ざめしてしまった。楽しい映画であることは間違いないのだが、大人がのめり込むにはもう一捻りが必要だろう。

評:蔵研人

 

下記のバナーをクリックしてもらえば嬉しいです(^^♪↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2019年5月17日 (金)

箱入り息子の恋

★★★★

製作:2013年 日本 上映時間:117分 監督:市井昌秀

 市役所勤務の健太郎は、35歳になるが彼女いない暦35年で、いまだ童貞で役所でもペイペイのままだ。そして定時にさっさと家に帰り、ペットの蛙に餌をあげテレビゲーム三昧の毎日。
 こんな息子の状況を心配した両親は、子供に代わって相手の親と対面する「代理見合い」をするのだった。そこで知り合ったのが、目の不自由な娘を持つ今井夫妻だったのだが・・・。

 普段無口でやる気のない健太郎が、本人同士の見合い本番の席で相手の父親に罵倒されながらも、きちっと正論で反論していくシーンからこの作品が盛り上がってくる。そして終盤の吉野家での『涙の牛丼』シーンには、きっと誰もがもらい泣きしてしまうだろう。

 そこまでは実にピュアな展開に終始していたのだが、ラストに向かって健太郎が猛烈にダッシュしてゆくところから、なんと急に過激な展開にチェンジしてしまう。まるで「ボーイズ・オン・ザ・ラン」を観ているような気分になってしまったが、今井家のシーンはちょっとハチャメチャ過ぎて付いてゆけなかった。
 
 目の不自由な今井奈穂子を演じた夏帆の純な可愛らしさも光ったが、何と言っても第37回日本アカデミー賞」新人俳優賞を受賞した星野源のぎこちない雰囲気が役柄にピッタシカンカンじゃないの。さらには二人の両親役を演じた平泉成、森山良子、大杉漣、黒木瞳の個性と存在感も評価したいね。

評:蔵研人

下記のバナーをクリックしてもらえば嬉しいです(^^♪↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2019年5月14日 (火)

アリスのままで

★★★☆

製作:2014年 米国 上映時間:101分 監督:リチャード・グラツァー

 若年性アルツハイマーに侵された50歳の女性言語学者の苦悩と葛藤を挟み、彼女を支えるファミリーたちとの絆を描いたヒューマンドラマ作品である。原作はリサ・ジェノヴァのベストセラー小説であるが、著者は神経学者であり、長年の研究で出会った人々をヒントにこの作品を描いているため、まるでノンフィクションのようにリアリティに富んでいて奥深い。

 また主演のジュリアン・ムーアが第87回アカデミー賞主演女優賞を受賞しているが、本作ではアルツハイマーが少しずつ進んで行く状態を見事に演じ切っている。まさに絶望に負けまいとするアリスの気高い戦いを演じるには、ピッタリのキャスティングであった。

 それにしてもアルツハイマーは他人ごとと片付けられない。現状では完璧な治療方法は存在しないので、とにかく早期発見して、薬で進行を遅らせるしかないようである。映画の中でアリスが「癌にかかればよかった。癌なら闘うことができる」と言ったセリフが印象的であった。それほど自分が自分でなくなることは恐ろしいものなのである。

評:蔵研人

下記のバナーをクリックしてもらえば嬉しいです(^^♪↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2019年5月11日 (土)

ラブレス

★★★☆

製作:2017年 ロシア,フランス,ドイツ,ベルギー 上映時間:127分 監督:アンドレイ・ズビャギンツェフ

 第90回アカデミー外国映画賞、第75回ゴールデングローブ外国映画賞にノミネートされ、第70回 カンヌ国際映画祭では審査員賞を受賞している完成度の高いヒューマンドラマ作品である。

 会社員のボリスと美容院を営むイニア夫婦は、お互いに愛人がおり険悪な雰囲気のまま離婚協議を続けていた。また二人には12歳の一人息子アレクセイがいるのだが、二人とも息子を愛しておらず、激しい口論の末お互いにアレクセイを押し付け合うのであった。
 それを聞いていたアレクセイは、悲しみの余り翌朝家を出たまま行方不明となってしまう。だがその父母たちはお互いに不倫相手と濃密なセックスに夢中になるばかりで、アレクセイが家出して2日後になってやっと彼の不在に気づく始末なのだ。

 警察に届けても、「忙しいので誘拐や殺人でない限り捜査できない」と断られ、民間のボランティア団体に依頼するように誘導して引き上げてしまう。
 やる気のない警察に見切りをつけた夫婦は、民間ボランティアの捜索隊に本件を依頼する。そのボランティア捜索隊は民間人らしからぬ手際よさで、すぐさまあらゆる方法で捜索を開始するのだがアレクセイは見つからない。

 こんな調子でストーリーは、不倫ドラマから一転してサスペンス的な展開にチェンジしてゆく。だからと言ってこの事件をきっかけにして、ボリスとイニアが夫婦関係を復活させるという結末になる訳ではない。それどころか捜査を続けるうちに、二人の関係は増々陰険になってくるばかりなのだ。そしてラストも生々しく救いがなく後味が悪い。だがそれがこの作品のキモであり、ハッピーエンドのハリウッド映画とは一線を画すゆえんであろうか。

 いずれにせよ最初から最後までずっと暗くて重苦しい。また人間関係の描き方もストレートで、ドロドロとしているので好き嫌いの分かれる作品かもしれない。なにせ子供の親権を争う話はよく聞くが、その逆は聞いたことがない。
 良く判らないがロシアの実態はかなり病んでいるのだろうか。子供を無視して自己快楽に耽る親たち、ところかまわずスマホばかりに夢中になっている大人達(これは全世界的傾向か)、そして無気力な警察。
 そんなときにウクライナでは、何の罪もない大勢の人々が不幸のどん底に突き落とされている、という皮肉汁もたっぷり盛り込んでいるではないか。また宗教的な終末観を煽る集団の話がバックに流れていたのは、何を意図していたのだろうか。

 それにしても、よくこんな映画の製作がロシアで許可されたものである。昔のソ連時代なら即没収ではないだろうか。それだけロシアも進化したのだろうか。ただ製作国がロシアだけでなく、フランス、ドイツ、ベルギーの4か国合作となっているところに仕掛けがあるようなきがするのだが・・・。

評:蔵研人

下記のバナーをクリックしてもらえば嬉しいです(^^♪↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

|

2019年5月 9日 (木)

パッセンジャー

★★★★

製作:2016年 米国 上映時間:116分 監督:モルテン・ティルドゥム

 地球を出発して30年。乗客5000人を乗せた豪華宇宙船アヴァロン号は、目的地の惑星「ホームステッド2」に向けて、延々と航行を続けていた。もちろん乗客もクルーも全員が人口冬眠ポットの中で深い眠りについている。
 ところが宇宙船が突然小惑星と衝突し、その衝撃で大規模なシステムトラブルに陥ってしまう。もちろん大半のエラーは自動修復されたのだが、ただ一基の冬眠ポットだけが、冬眠状態を解除してしまうのである。
 
 目的地まではあと90年もある。このままでは死ぬまでたった一人で、宇宙船の中で孤独と戦い続けなくてはならない。その不運な乗客は、機械系エンジニアのジム・プレストン(クリス・プラット)という男性であった。
 ジムは必死で船内を探索するが、クルーたちが眠っている部屋にはパスワード無しでは入れない。そして一度解除した冬眠ポットを再度冬眠状態に戻すことも不可能だと理解する。

 船内ではバーテンダーのアンドロイドだけが唯一の話し相手。それでも船内に設置してある書籍やゲームなどで気晴らししているうちに、約1年が経過してしまうのであった。だがそれらにも限界があり、とうとう絶望と孤独に耐え切れず、自殺を試みるがそれも出来なかった。
 そしてとうとう冬眠ポットで眠っている美女オーロラ・レーン(ジェニファー・ローレンス)の冬眠を強制解除してしまうのだった。
 
 この行為は一人の人間の自由と尊厳を奪うという殺人と同一の行為であろう。この作品では、極限状況でのこの行為の正当性について観客たちに問うのだが、その回答は非常に難解である。そしてそれを彼女にずっと隠し続けることが出来るのだろうか。もちろん出来るはずがないし、そうでなければこの映画が成り立たない。そしてそれを切り抜ける手段はあるのだろうか。まずは本作をご覧あれ。

下記のバナーをクリックしてもらえば嬉しいです(^^♪↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2019年5月 6日 (月)

レディ・プレイヤー1

★★★★

製作:2018年 米国 上映時間:140分 監督:スティーヴン・スピルバーグ

 原作はアーネスト・クラインの小説で、仮想ネットワークシステム「オアシス」の謎を解き、開発者の遺産をゲットしようとバーチャルゲームに挑む高校生の活躍を描くSFアドベンチャー巨編である。
 現実世界では実写とVFXを駆使し、仮想世界はアバターを使ったCGの映像が凄まじいほど美しい。そして現実と仮想が入り組んで、仮想が現実を凌駕してしまうシーンも見事に折り込んである。

 とにかくかなりの構想が練られて、かなりの製作費が投入されたに違いない。いずれにせよ実現不可能と言われたこの作品を、いとも見事に映像化してしまえるのはスピルバーグだからこそであろうか。まあくどくど解説するよりも、百聞は一見に如かずだ。この超娯楽大作こそ絶対に映画館で観るべきだろうね・・・。

下記のバナーをクリックしてもらえば嬉しいです(^^♪↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2019年5月 3日 (金)

新感染 ファイナル・エクスプレス

★★★★

製作:2016年 韓国 上映時間:118分 監督:ヨン・サンホ

 ゾンビ映画で『バイオハザード』のパクリとも言えそうな作品なのだが、単純なパクリで片づけられない映画でもあった。それは逃げ場のない特急列車の中で、たった一人のゾンビに襲われた人々が次々にゾンビ化して凶暴性を発揮し、乗客たちが決死のサバイバルを繰り広げるパニック作品に仕上がっているからである。

 本作の原題は『TRAIN TO BUSAN 』であり、タイトルからはゾンビ映画であることを想像させない。つまりゾンビ映画であることを明示してしまうと、ジャンルが限定されてしまうため、観客層が限定されてしまうことを恐れたのであろう。そこで曖昧なタイトルや歪曲した言い回しで謎めかし、不特定多数の興味を煽ったのではあるまいか。
 そしてその手法が見事に当たったのか、韓国で2016年の観客動員数が第1位となった。さらには、米映画批評サイト「Rotten Tomatoes」でも高評価を獲得し、アジア諸国のほか北米でも公開されて大ヒットしているという。

 本作がこれほどのヒットを記録できたのは、単なるアイデアと緊張感だけではない。列車事故などの壮大なスケールに加えて、狭い空間での人間ドラマを巧みに織り込んだ脚本と演出の妙味にもあったのではないだろうか。
 また誰がどのようにして助かるのかも全く想像させない展開と、弱い者にはギリギリ優しかった結末にも納得できた。ただあの主役級の少女役を、もう少し可愛い子役に演じさせることは出来なかったのだろうか・・・。

下記のバナーをクリックしてもらえば嬉しいです(^^♪↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »