« ジオストーム | トップページ

2019年1月14日 (月)

31年目の夫婦げんか

★★★

製作:2012年 米国 上映時間:100分 監督:デヴィッド・フランケル

 結婚31年目を迎えた熟年夫婦の結婚感と性を描いた作品である。これをあの仏頂面ボス・CMのトミー・リー・ジョーンズとメリル・ストリープが好演している。それにしてもメリルは流石だね。キャリャウーマンや悪女を難なくこなしたこと思うと、本作では可憐で自身のなさそうな普通の主婦を淡々と演じている。

 本作は導入部で倦怠期の夫婦をさりげなく描き、あとはほとんど性科学ドクター(スティーヴ・カレル)のカウンセリングを受ける一週間のバカンスに終始する。だから主な登場人物も夫婦とドクターのほぼ三人、そして会話の多い舞台劇のような作品である。

 結婚して約30年が過ぎ、子供たちも独立して二人だけで大きな家に住む老夫婦。寝室は別々で、夫は新聞を読み妻が朝食を作る。そして夫は妻のことは振り向かず、カバンを手にそそくさと会社に向かう。仕事が終わって家に帰っても、黙々と妻の作った夕食を食べ、ゴルフ番組を観ながらウトウトしてしまう。そして妻が片づけを終わると、二人は二階にあるそれぞれの寝室に向かうのである。

 何の問題もなく結婚生活はうまく行っていると考える夫と、何もなさ過ぎる結婚生活に危機感を募らせている妻とのすれちがい。どこの国でも同じような老後の倦怠パターンを繰り返しているのかと笑ってしまう。他人ごとではないよな、と考える老年期の観客には面白い作品かもしれない。だが若い観客たちには退屈な映画なのかもしれない。

下記のバナーをクリックしてもらえば嬉しいです(^^♪↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

|

« ジオストーム | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/74943571

この記事へのトラックバック一覧です: 31年目の夫婦げんか:

» 31年目の夫婦げんか [象のロケット]
結婚31年目で代わり映えのしない毎日を送っていた女性ケイは、もういちど人生を輝かせるために夫婦の関係を見つめ直すことを決意する。 夫アーノルドには無断で一週間の滞在型夫婦カウンセリングを予約し、無理やり夫を飛行機に乗せて現地へ出発! だが2人を待っていたのは、予想もしなかった“宿題”が満載の、驚きのセラピーだった…。 ラブ・コメディ。 ≪全部吐き出したら、愛だけが残った。≫... [続きを読む]

受信: 2019年1月15日 (火) 01時08分

» 31年目の夫婦げんか (試写会) [風に吹かれて]
スキンシップは大事です [E:heart]公式サイト http://31years.gaga.ne.jp7月26日公開監督: デヴィッド・フランケル  「プラダを着た悪魔」  「マーリー 世界一おバカ [続きを読む]

受信: 2019年1月16日 (水) 21時56分

« ジオストーム | トップページ