« 万引き家族 | トップページ | gifted/ギフテッド »

2018年9月22日 (土)

ブレス しあわせの呼吸

★★★★

製作:2017年 英国 上映時間:118分 監督:アンディ・サーキス

Buress
 映画プロデューサーのジョナサン・カベンデュッシュが、自身の両親の実話を自ら製作し映画化が実現した作品である。また「ロード・オブ・ザ・リング」「猿の惑星」シリーズで知られるイギリスの俳優アンディ・サーキスが初めて手掛けた長編映画だという。
 
 1959年、妻・ダイアナのお腹には第一子を宿っているというのに、出張先のナイロビでポリオに感染し、首から下が動かなくなり、人工呼吸器に頼るだけの状態になってしまうロビン・・・。その後長男が生まれるのだが、絶望の淵で喘ぎ続けるロビン・・・。
 だが死を覚悟しダイアナの協力を得て、無理矢理人工呼吸器をつけたまま退院してしまうのである。病院長には無理に退院しても、2週間位しか持たないと止められていた。だがなんとロビンはダイアナの必死の看護と、自ら発明した特殊車椅子のお蔭で、その後10年以上も前向きに生き延びるのである。

 実を言うと難病を背負った患者のラブストーリーは、だいぶ手垢にまみれているし私自身は、この手のテーマ作品はなるべく避けていたのである。だが今回この作品を観てみる気になったのは、まずネットでの評価が高かったこと、そして実話に基づいた話だったからである。

 結論はネットでの高評通り、なかなか素晴らしい作品に仕上がっていた。単なる難病ラブストーリーではなく、特殊車椅子の発明という事業も絡ませているし、難病を患いながらも前向きに明るく振る舞うロビンたちにも感動した。
 また音楽も悪くないし映像も美しく、俳優たちも全力を尽くしているし、何度も感動の涙に濡れてしまった。

 ただ綺麗ごとばかりが描かれている感があり偽善的な臭いがしたこと。ダイアナの実家が富豪で支援があったのか、余り生活感が感じられなかったところが少し残念であった。とは言え全般的には完成度の高い作品であり、是非一度鑑賞されることを薦めたい。

下記のバナーをクリックしてもらえば嬉しいです(^^♪↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

|

« 万引き家族 | トップページ | gifted/ギフテッド »

コメント

ドイツの病院の様子には、ぞっとして凍り付きました。
それに比べて、ロビンは家族や友人たちに恵まれ、人間らしく生きられて幸せだったと思いました。

投稿: 風子 | 2018年10月 1日 (月) 14時41分

実話に外れなしの実例通り、なかなか良い作品でしたが、美辞麗句だけを並べて、ドロドロした部分や資金面のことが描かれていないところがやや不満かもしれませんね。キャストはなかなか良かったです。
また仰る通りドイツの病院は陰気でしたが、それが当時のドイツらしい気がしました。

投稿: ケント | 2018年10月 6日 (土) 11時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/74251719

この記事へのトラックバック一覧です: ブレス しあわせの呼吸:

» ブレス しあわせの呼吸 [象のロケット]
1958年、アフリカで紅茶卸のビジネスをしていたイギリス人男性ロビンは、妻ダイアナを伴い、買い付けのためケニアを訪れる。 ところが翌年、ロビンは倒れポリオと診断された。 首から下が全身マヒとなり、人工呼吸器を付けることに。 医師からは「余命数カ月」と宣告されるが…。 ヒューマンドラマ。 ≪なぜ彼は<世界一幸せ>に生きられたのか?≫... [続きを読む]

受信: 2018年9月22日 (土) 12時43分

» ブレス しあわせの呼吸 [風に吹かれて]
人間らしく生きたい 公式サイト http://breath-movie.jp 実話を基にした映画 製作: ジョナサン・カヴェンディッシュ 「エリザベス:ゴールデン・エイジ」 「ブリジット・ジョーンズの [続きを読む]

受信: 2018年9月30日 (日) 21時58分

« 万引き家族 | トップページ | gifted/ギフテッド »