« レッド・スパロー | トップページ | 万引き家族 »

2018年9月 9日 (日)

三度目の殺人

★★★

製作:2017年 日本 上映時間:125分 監督:是枝裕和

 一応表向きはサスペンス映画ということになっているのだが、裏のテーマは「嘘と慣れあいに塗れた裁判制度」に対する批判という形をした社会派作品なのだろう。もしそれが日常茶飯事の事実であれば重大な問題なのだが、「稀にそうしたこともあるのだろう」程度に承知しておこうではないか。

 ストーリーの流れは、・・・真実よりも勝利に拘る弁護士・重盛(福山雅治)は、ほぼ死刑が確定している三隅(役所広司)の国選弁護人を担当することになる。このままだと死刑は免れないと考えた重盛は、なんとか無期懲役に持ち込もうと調査を開始するのだが・・・。
 映像は三隅との接見と被害者家族との会話シーンなどを映し出してゆくのだが、なんとなくもったりとした探偵ものの雰囲気に呑まれて眠たくなってしまった。結局終盤になるまで何を描きたいのかはっきりしない映画なのだ。

 決して悪い映画ではないのだが、ストーリーが分かり辛いうえに、会話もよく聞き取れないし、何と言ってもあの闇の深さは後味が良くない。なんとなく観客無視の姿勢が拭えない作品だと感じてしまったのは、私だけの錯覚なのであろうか。
 また犯人の三隅にとって本件は二度目の殺人なのだが、なぜタイトルは三度目の殺人なのかよく考えてみた。つまりあえて不利になる証言をして死刑を確定させてしまったということで、ある意味『自殺』と同じことになって、それが三度目の殺人なのであろう。そう考えるより考えようがないからである。だとすると、咲江(広瀬すず)の告白が真実だったということになるではないか。

下記のバナーをクリックしてもらえば嬉しいです(^^♪↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

|

« レッド・スパロー | トップページ | 万引き家族 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/74180411

この記事へのトラックバック一覧です: 三度目の殺人:

» 三度目の殺人 [象のロケット]
殺人の前科がある男・三隅が、解雇された工場の社長を殺し火をつけた容疑で起訴された。 犯行も自供し死刑はほぼ確実だったが、弁護士・重盛は何とか無期懲役に持ち込もうと調査を始める。 ところが、三隅の供述は会うたびに変わり、動機も二転三転。 さらに三隅と被害者の家族との接点も浮かび上がった。 そして、ある秘密に辿り着く…。 法廷ドラマ。... [続きを読む]

受信: 2018年9月22日 (土) 19時41分

« レッド・スパロー | トップページ | 万引き家族 »