« ブレス しあわせの呼吸 | トップページ | キングスマン:ゴールデン・サークル »

2018年9月27日 (木)

gifted/ギフテッド

★★★★

製作:2017年 米国 上映時間:101分 監督:マーク・ウェブ

  ギフテッドとは、先天的に、かなり顕著に高度な知的能力を持っている人、またはその能力のことを指す。またアメリカ教育省は、「ギフテッドとは、同世代の子供と比較して、並外れた成果を出せる程、突出した才能を持つ子供のことである。」と定義している。そしてその高度な知的能力は、誕生から死去するまで生涯にわたって見られるという。

 それにしても凄い映画だ。オープニングからエンディングまで息つく暇もなく緊張感が続くので、全く退屈することもなくあっという間にエンディングクレジットが流れてしまったという感がある。
 7歳の天才少女メアリーを巡って、叔父のフランクと祖母のエブリンが裁判所で戦うことになる。エブリンの言い分は「メアリーに豊かな生活を保障し、その特殊才能をさらに開花させてノーベル賞を受賞させる」と言うもの。一方のフランクは、たとえ貧しくともメアリーを超人扱いせず、普通の暮らしをさせて大勢の友人を作ってもらいたいと言うこと。
 どちらの言い分も正当性があり、裁判官たちも弁護士たちも、なかなかどちらが正しいと決められない。そんな日々が続くうち、どちらかともなく和解案が提案されることになるのだが・・・。

 メアリーのもつ能力は、若くして自殺した母親譲りなのだが、もちろんフランクもエブリンも同じDNAで繋がっている。その具体的な能力とは『トラハテンベルク速算法』という暗算法を出発点とした超・数学能力である。そしてメアリーが大学教授達の前で、その超・数学能力を発揮するシーンは圧巻だった。だが叔父のフランクに甘えるときは、ただの可愛い7歳の少女なのだ。
 この天才少女メアリーを演じたのは、これまたダコタ・ファニングの再来のような天才子役のマッケナ・グレイスである。とにかく超可愛いし演技力も抜群、将来が楽しみなのだ。
 さらに他のキャスト達も、フランクを演じたクリス・エヴァンス、エブリン役のリンゼイ・ダンカンをはじめとして、個性的で存在感のある俳優たちが揃っていて文句のつけようがない。『特殊能力』の話と言えば、SF作品のようだが、本作はあくまでもヒューマンドラマとして創られているので勘違いなきように。

下記のバナーをクリックしてもらえば嬉しいです(^^♪↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

|

« ブレス しあわせの呼吸 | トップページ | キングスマン:ゴールデン・サークル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/74281285

この記事へのトラックバック一覧です: gifted/ギフテッド:

» gifted/ギフテッド [風に吹かれて]
天才でも子供なんです 公式サイト http://www.foxmovies-jp.com/gifted 監督: マーク・ウェブ  「(500)日のサマー」 「アメイジング・スパイダーマン」 7歳の姪メ [続きを読む]

受信: 2018年9月28日 (金) 21時56分

» ギフテッド [象のロケット]
アメリカ・フロリダ。 7歳のメアリーと、独身の叔父フランクは、猫のフレッドと共に楽しく暮らしていた。 実はメアリーには、数学の天才的な才能(ギフテッド)があった。 メアリーの英才教育を望まないフランクには、メアリーの母である亡き姉から託された“ある秘密”があった…。 ヒューマンドラマ。 ≪一番大切なのは、<愛する>才能。≫... [続きを読む]

受信: 2018年10月 1日 (月) 01時01分

« ブレス しあわせの呼吸 | トップページ | キングスマン:ゴールデン・サークル »