« 社葬 | トップページ | 帝一の國 »

2018年7月13日 (金)

アンブレイカブル

★★★☆

製作:2000年 米国 上映時間:107分 監督:M・ナイト・シャマラン

 テレビのチャンネルを変えたら、ブルース・ウィリスが列車に乗っている映像が流れてきた。なんとなく気になる映像だったので番組表を開くとM・ナイト・シャマラン監督の『アンブレイカブル』というサスペンス映画であることが判った。それでそのまま約2時間テレビに釘付けとなってしまったのである。

 そのあと、乗客・乗員131名が死亡するという悲惨な列車追突事故が起こったのだが、たった一人だけ無傷で助かった男がいた。それが冒頭のブルース・ウィリスだったのである。さらになぜか、彼は今まで病気になったことも怪我をしたこともなかった。ただ少年時代にプールで溺れかけたことだけが唯一の汚点であったことも思い出してくる。

 M・ナイト・シャマラン監督の主な作品は本作のほか『シックス・センス』、『サイン』、『ヴィレッジ』、『スプリット』等があるが、そのほとんどが謎めいた展開で、一体ラストはどうなるのだろうかと言う期待感を抱かせる。もちろん本作も例外ではなく、終始ミステリアスな流れに翻弄され続けられてしまうのだ。

 ただサミュエル・L・ジャクソンが登場し始めると、ブルース・ウィリス自身も気付かなかった彼の秘密が解明されはじめる。だがそれが余りにも荒唐無稽なため、実は何か別の真実が隠されているのではないだろうか。と気になり始めてドキドキわくわくしてくるのだが、結局はその荒唐無稽な秘密こそが真実だったと判って、なんだか詐欺に会ったような気分のまま終了してしまったのである。

下記のバナーをクリックしてもらえば嬉しいです(^^♪↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

|

« 社葬 | トップページ | 帝一の國 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/73852497

この記事へのトラックバック一覧です: アンブレイカブル:

« 社葬 | トップページ | 帝一の國 »