« ジュリエットからの手紙 | トップページ | 素晴らしきかな、人生 »

2018年2月15日 (木)

ワンダーウーマン

★★★☆

製作:2017年 米国 上映時間:141分 監督:パティ・ジェンキンス

 『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』の終盤に登場した美女戦士ことワンダーウーマンの出生の秘密と、第一次世界大戦での彼女の活躍を描いた作品である。
 人間社会から孤立した島に住むアマゾネス一族に、たった一人生まれた王女ダイアナは、海に不時着したパイロットを救出したことにより、外部の世界や男性と遭遇することになる。それを機会にロンドンを経て第一次世界大戦の舞台に立つことになってしまうのだった。

 主演のガル・ガドットがとても色っぽくて可愛いのだが、近代戦場に盾と剣だけで立ち向かう半裸の女性の姿に、非常に違和感を覚えてしまったのは私だけであろうか。と思いながら観ていたのだが、終盤になってワンダーウーマンの出生の謎が解けると「・・・それなら仕方ないね」に変わってしまったのである。

 脚本自体は単調であっさりし過ぎているのでやや物足りないのだが、イスラエルでの兵役経験もあるガル・ガドットの本格的アクションには脱帽したいね。まさにこの役柄は彼女にしか熟せないだろうね。
 また最近クリストファー・ノーランによって歪められてしまったが、本来の正義の味方スーパーマン精神をきっちりと引き継いでいるところに非常に好感を持ってしまったね。さらにスーパーマン映画自体も、クリストファー・リーヴ時代のような単純明快なものとして復活して欲しいな。

下記のバナーをクリックしてもらえば嬉しいです(^^♪↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

|

« ジュリエットからの手紙 | トップページ | 素晴らしきかな、人生 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/72923084

この記事へのトラックバック一覧です: ワンダーウーマン:

» 「ワンダーウーマン」(1回目) [或る日の出来事]
人類が争いをやめないことについて、深く考えさせられた。 [続きを読む]

受信: 2018年2月16日 (金) 09時44分

» ワンダーウーマン [象のロケット]
人間社会との接触が全くない孤立した女性だけの一族のプリンセスとして生まれた女性戦士ワンダーウーマン。 彼女は地球最高レベルの強さと美しさを兼ね備えており好奇心旺盛だが、外の世界を一切知らず、男性を見たことすらなかった。 ある日、彼女は浜辺に不時着したパイロットを助ける…。 女性スーパーヒーローアクション。... [続きを読む]

受信: 2018年3月 9日 (金) 11時14分

« ジュリエットからの手紙 | トップページ | 素晴らしきかな、人生 »