« 素晴らしきかな、人生 | トップページ | 光をくれた人 »

2018年2月25日 (日)

20センチュリー・ウーマン

★★★

製作:2016年 米国 上映時間:119分 監督:マイク・ミルズ

 本作の監督であるマイク・ミルズが、自身の母親をテーマにして創ったヒューマンドラマである。舞台は1970年代末の南カリフォルニアで、15歳の少年が母親・幼馴染・下宿人の三人の女性との様々な経験を描いている。

 主な登場人物は前述した4人と下宿人の男性の5人で、舞台もそれほど変化がなく会話が多いので、なんとなく演劇を観ているような感があった。
 この時代の母親にしてはなかなかさばけているのだが、やはり母は母であるという部分は決して譲らない。良いお母さんだね。と言いたくなってしまった。

 決して悪い映画ではないのだが、下ネタ会話が多過ぎるのは余りいただけない。また淡々とした流れは心地よいのだが、背景にある監督の真意がなかなか伝わり難いのは、お国柄の違いなのだろうか。

下記のバナーをクリックしてもらえば嬉しいです(^^♪↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

|

« 素晴らしきかな、人生 | トップページ | 光をくれた人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/72994934

この記事へのトラックバック一覧です: 20センチュリー・ウーマン:

« 素晴らしきかな、人生 | トップページ | 光をくれた人 »