« 聖の青春 | トップページ | ロスト・エモーション »

2017年8月19日 (土)

真田十勇士

★★★

製作:2016 年日本 上映時間:135分 監督:堤幸彦

 2014年に堤幸彦監督と中村勘九郎がタッグを組み、大ヒットを記録した舞台劇「真田十勇士」を映画化した作品だと言う。舞台は観ていないので比較はできないが、映画を見た限りでは『舞台で大ヒット』の理由が分からない。

 真田幸村は、容姿が良かったばかりに百戦錬磨の武将だと勝手に思われていたが、本人は平凡な武将であることを自覚していた。そんなある日、ひょんな事件から猿飛佐助と出会い、佐助のほうから無理矢理に豊臣方について徳川と戦うことを強要されてしまう。
 そして渋々徳川との戦いに参戦することになる幸村だが、何をすれば良いのか分からず、全て佐助の指示通りに動くことになる。また佐助のほうは旧友の霧隠才蔵ほか10人の仲間を集めて「真田十勇士」と名乗り、来るべく大坂冬の陣・夏の陣へ着々と準備をするのだった。

 戦場のシーンはスケールが大きく見応えがあったのだが、忍者など個別の戦い方に工夫がないこと、ストーリー的な魅力がほとんどないことなどには失望せざるを得ない。またかなり製作費を使っていると思うのだが、オチャラケているのか真面目なのかはっきりしない感性に勿体なさを感じてしまったのは私だけであろうか。それとあくまでも個人的な趣味だが、悪いけれど主役の勘九郎的キャラは敬遠したくなるよね・・・。

 もうひとつだけ言わせてもらえば、オープニングのアニメシーンが長過ぎるし、アニメにする必然性も感じられない。それもかなり古臭く退屈なアニメなのだ。劇場だったら途中で席を立ちたくなるよな、と思っていたら画面に「これはアニメ作品ではありません、もうすぐ本編がはじまります」との字幕が挿入されたので、思わず苦笑してしまった。実は監督も判っていたのかな・・・。

下記のバナーをクリックするとこの記事の人気度を確認できます↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

|

« 聖の青春 | トップページ | ロスト・エモーション »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/71464219

この記事へのトラックバック一覧です: 真田十勇士:

» 真田十勇士 ★★★ [パピとママ映画のblog]
堤幸彦演出、中村勘九郎主演の同名舞台劇を、同じ堤幸彦監督、中村勘九郎主演で映画化したエンタテインメント時代劇。天下一の名将という真田幸村の伝説は、猿飛佐助によって仕組まれたものだったという大胆な発想のもと、一癖も二癖もある真田十勇士の活躍を描く。共演は...... [続きを読む]

受信: 2017年8月19日 (土) 23時22分

« 聖の青春 | トップページ | ロスト・エモーション »