« バケモノの子 | トップページ | 約束 »

2017年3月 5日 (日)

ラ・ラ・ランド

★★★★

製作:2016年 米国 上映時間:128分 監督:デイミアン・チャゼル

Lalala
 惜しくも第89回アカデミー作品賞は『ムーンライト』に譲ったが、アカデミー主演女優賞・監督賞・撮影賞・美術賞・作曲賞・歌曲賞を受賞している。さらには、ゴールデン・グローブ賞をはじめとする主要映画賞を総なめしているのだから驚きである。

 女優志望のミアは、オーデションに落ちて失意のままジャズバーに引き込まれ、そこでピアノを弾いているセバスチャンと運命的な出会いをするのだが、そのいきさつは最悪であった。その後プールサイドで、不機嫌そうに1980年代のポップスを演奏をするセバスチャンと再会し、二人は急接近してゆくのである。

 本作は、女優とジャズピアニストという夢を持つ男女の恋を描いたミュージカル映画と言えよう。もちろん音楽とダンスについてはなかなか魅力的なのだが、ミアの歌が今一つ聴き辛かったな。そのあたりが★4で留まってしまった理由かもしれない。

 素晴らしかったのは、序盤でミアが電話をするシーン、というより彼女の複雑な感情を表情だけで演じたエマ・ストーンの見事な演技力。やはりアカデミー主演女優賞は伊達ではなかった。
 また夕焼けを背景にしたタップダンスや、星空の中を浮遊するダンスシーンもバッチリである。またなによりも感動したのは、ラスト数分の『うたかたのパラレルワールド』ではないだろうか。このシーンにこの映画の全てが詰め込まれている、と言っても過言ではないかもしれないほどジーンと痺れてしまった。

下記のバナーをクリックするとこの記事の人気度を確認できます↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

|

« バケモノの子 | トップページ | 約束 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/69815588

この記事へのトラックバック一覧です: ラ・ラ・ランド:

» ラ・ラ・ランド ★★★★★ [パピとママ映画のblog]
『セッション』などのデイミアン・チャゼルが監督と脚本を務めたラブストーリー。女優の卵とジャズピアニストの恋のてん末を、華麗な音楽とダンスで表現する。『ブルーバレンタイン』などのライアン・ゴズリングと『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』...... [続きを読む]

受信: 2017年3月 5日 (日) 19時01分

» ラ・ラ・ランド/LA LA LAND [我想一個人映画美的女人blog]
歌で始まる映画にハズレなし 歌、恋、夢、ダンス❣️これ往年のハリウッド名画のラブロマンス&ミュージカルをカラフルに現代アレンジした感じロマンチックでほろ苦。 これは好みに分かれるかなライアンが久しぶりに等身大のリアルな男をチャーミングに演じてて魅了さ...... [続きを読む]

受信: 2017年3月 6日 (月) 09時47分

» ラ・ラ・ランド [Akira's VOICE]
夢を追いかける姿は美しい。 歩いた道はけっして無駄ではない!   [続きを読む]

受信: 2017年3月 6日 (月) 11時37分

» ラ・ラ・ランド [風に吹かれて]
もう一つの物語で切なさ倍増 [E:weep] 公式サイト http://gaga.ne.jp/lalaland 監督: デイミアン・チャゼル  「セッション」 夢を叶えたい人々が集まる街、ロサンゼルス [続きを読む]

受信: 2017年3月13日 (月) 11時14分

» 『ラ・ラ・ランド』 [京の昼寝~♪]
□作品オフィシャルサイト 「ラ・ラ・ランド」□監督・脚本 デイミアン・チャゼル□キャスト ライアン・ゴズリング、エマ・ストーン、キャリー・ヘルナンデス、       ジェシカ・ローゼンバーグ、ソノヤ・ミズノ■鑑賞日 2月26日(日)■劇 場 TOHOシネ...... [続きを読む]

受信: 2017年4月11日 (火) 12時14分

« バケモノの子 | トップページ | 約束 »