« バリスティック | トップページ | 3月のライオン 前編 »

2017年3月20日 (月)

NOVO ノボ

製作:2002年 フランス 上映時間:98分 監督:ジャン=ピエール・リモザン

  もう14年前の話になります。当時評価の高かった『北京ヴァイオリン』を、会社帰りに渋谷で観るつもりでした。しかしチケット屋に前売り券がなかったため、シネセゾン渋谷というミニホールで「NOVO」というフランス映画を観ることに変更しました。
 それにしても渋谷で映画を観たのは、なんと今はなき「全線座」以来25年ぶりのことでした。またこのころから、私の映画好きとこのブログが始まったような気がします。

 ストーリーは、5分経つと記憶を失ってしまう男が、ある女性と知り合って恋をするうちに、だんだん記憶を取り戻してゆくお話です。ラストの意外な展開も含めてちょっと難解なストーリーでしたが、乗りの良い音楽と、出てくる女性が全員が私の好みだったので退屈しませんでした。

 記憶が長く残らない男という設定では、メメントと同じですが、この映画はセックスシーンが多いので、子供には見せられません。しかしミニシアターファンには、かなり嬉しい作品だと思います。ネットの評価はそれほど高くはないのですが、私にとっては映画ファンになりはじめた記念碑的な作品なので、いつまでも心に残っているのでしょう。

下記のバナーをクリックするとこの記事の人気度を確認できます↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

|

« バリスティック | トップページ | 3月のライオン 前編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/69984860

この記事へのトラックバック一覧です: NOVO ノボ:

« バリスティック | トップページ | 3月のライオン 前編 »