« 島々清しゃ  | トップページ | オデッセイ »

2017年2月 7日 (火)

サヨナラの代わりに

★★★☆

製作:2014年 米国 上映時間:102分 監督:ジョージ・C・ウルフ

 本作はALS(筋萎縮性側索硬化症)で余命僅かとなった女性ケイトと、彼女に介護人として雇われた女子大生ベックとの交流を描く感動作である。難病ものと言えば、大体がラブストーリー系が多いのだが、本作は難病の介護に疲れて夫が浮気してしまうという逆展開。
 そしてその薄情な夫に代わって、心底ケイトの役に立ちたいと「住み込み」で介護するベックの存在もユニークである。またケイトは真面目で気難しい性格だが、ベックは教授と不倫関係にあったり、歌手を目指していたり、言いたいことを遠慮なく口に出してしまうという自由奔放な性格なのだ。

 そんな反比例したような二人の女性の生き方を同時進行しているところが、この映画の面白さであり、単純な難病ロマンス映画では終わっていない理由なのだろうか。そして最後は涙が溢れて止まらないのだが、私は常々から「人の死に対する涙イコール感動作」とは考えない人なので、そのあたりはこの映画でも評価の対象にはしていない。
 ALS患者を演じたヒラリー・スワンクの演技は抜群であり、そこそこ良くできた映画だと思えるのだが、やはり暗くて救いがないものは苦手である。またベックの急変も納得できないし、彼女の過去にもう少し焦点をあてても良かったよね。

下記のバナーをクリックするとこの記事の人気度を確認できます↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

|

« 島々清しゃ  | トップページ | オデッセイ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/69516302

この記事へのトラックバック一覧です: サヨナラの代わりに:

» サヨナラの代わりに ★★★ [パピとママ映画のblog]
ALS(筋萎縮性側索硬化症)を発症し余命わずかとなった女性と、彼女に介護人として雇われた女子大生との交流を描く感動作。性格も境遇も全く違い、接点のない生活を送っていた二人の人生が交差し、深い絆で結ばれていくさまを、オスカー女優のヒラリー・スワンクと、『オペラ座の怪人』などのエミー・ロッサムが演じる。『最後の初恋』などのジョージ・C・ウルフが監督を務め、『トランスフォーマー』シリーズなどのジョシュ・デュアメルらが共演。 あらすじ:弁護士の夫エヴァン(ジョシュ・デュアメル)と理想的な日々を暮らしていたケ... [続きを読む]

受信: 2017年2月 8日 (水) 19時39分

« 島々清しゃ  | トップページ | オデッセイ »