« サヨナラの代わりに | トップページ | ブルックリン »

2017年2月11日 (土)

オデッセイ

★★★☆

製作:2015年 米国 上映時間:142分 監督:リドリー・スコット

 火星探索隊が突如巻き起こった大砂嵐に襲われ、全員が必死に宇宙船に引き返すのだが、途中折れたアンテナがマーク・ワトニー(マット・デイモン)を直撃し、彼はそのまま吹き飛ばされて行方不明になってしまう。船長はマークを探し出そうとしたが、余りにも激しい嵐のため、宇宙船が倒れそうになる。もし倒れてしまったら、もう二度と宇宙船は飛べなくなってしまう。
 そんな難しい状況の中で、クルーたち全員がマークは死んだと判断し、残ったクルー5人の生命を尊重した船長はやむなく宇宙船を発進させる。

 ところがマークは奇跡的に生きていたのである。ここからたった一人火星に取り残されてしまったマークのサバイバルストーリーが始まるのであった。
 次の火星探索ミッションが開始されるのは4年後である。マークはこの4年間を必死で生き抜こうと決心するのだが、火星の厳しい環境下で生き抜くのは至難の業としか言いようがない。

 なんとか残されたプレハブ居住施設と火星探索車の存在だけが頼みの綱である。植物学者であるマークは、まず水、空気、電気を確保し、プレハブ居住施設内に火星の土を運び込み、クルーの排泄物をもとに耕作用の土を生成し、ジャガイモの栽培に成功するのだった。さらには探索車を駆使して、土に埋もれたマーズ・パスファインダーを探し出し、その通信機能を回復させて地球との通話に成功するのである。

 SF映画であるが怪獣や宇宙人が登場する訳ではない。登場するのは過酷な火星の環境だけである。地味であるが実に現実的で科学的な作品である。そういった意味では『ゼロ・グラビティ』と似ている。だが本作はマット・デイモンが主演だったことと、地球との交信が出来たことなどからほとんど悲壮感がなく、主人公の前向きな努力と逞しさとに脱帽という展開であった。

下記のバナーをクリックするとこの記事の人気度を確認できます↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

|

« サヨナラの代わりに | トップページ | ブルックリン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/69562377

この記事へのトラックバック一覧です: オデッセイ:

» オデッセイ3D ★★★★ [パピとママ映画のblog]
『グラディエーター』などのリドリー・スコットがメガホンを取り、『ボーン』シリーズなどのマット・デイモンが火星に取り残された宇宙飛行士を演じるSFアドベンチャー。火星で死亡したと思われた宇宙飛行士が実は生きていることが発覚、主人公の必死のサバイバルと彼を助けようとするNASAや乗組員たちの奮闘が描かれる。共演は、『ゼロ・ダーク・サーティ』などのジェシカ・チャステインや『LIFE!/ライフ』などのクリステン・ウィグなど。スコット監督による壮大なビジュアルや感動的なストーリーに注目。 あらすじ:火星での有... [続きを読む]

受信: 2017年2月11日 (土) 22時37分

» オデッセイ (試写会) [風に吹かれて]
ディスコミュージックで乗り切れ 公式サイト http://www.foxmovies-jp.com/odyssey2月5日公開 原作: 火星の人 (アンディ・ウィアー/ハヤカワ文庫)監督: リドリー・ [続きを読む]

受信: 2017年2月19日 (日) 15時51分

« サヨナラの代わりに | トップページ | ブルックリン »