« エイリアン4 完全版 | トップページ | エイリアン vs プレデター »

2016年11月27日 (日)

この世界の片隅に

★★★★

製作:2016年 日本 上映時間:126分 監督:片渕須直

Konosekai
 原作は『夕凪の街 桜の国 』の、漫画家「こうの史代」である。また2011年に北川景子主演のテレビドラマが放送されているが、本作はあくまでも劇場版アニメーションなので間違いなきよう。
 このアニメは上映館がそれほど多くないのだが、それにしても平日の昼から超満員なのが信じられないくらいだ。今全国規模で大ヒットしているアニメ『君の名は』のように映像は美麗ではないし、戦争中のお話という地味なジャンルにも拘わらず、そこそこ若い人たちも鑑賞しているのはなぜであろうか。また日本のアニメでありながら、耳の不自由な観客のために、日本語字幕を採用しているのも好感されているのかもしれない。

 本作は顔も見たこともない男性と結婚し、広島から軍港のあった呉に嫁いできた18歳の「すず」が体験した銃後の生活を地道に描いている。日本は着々と敗戦に向かい、呉はことごとく米軍の空襲に遭遇し、すずもある悲劇に遭遇し右腕を失ってしまう。さらには実家のある広島と長崎に原爆が投下され終戦を迎える。
 一体何のために日本は戦い、最後まで勝利を信じて耐え忍んできた日本国民は、これから何にすがって生きてゆけば良いのだろうか。すずも同じくやり場のない気持ちで終戦を迎えるのだが・・・。

 本当に戦争は嫌だ!!そして観客のほうも暗い気分に襲われてしまう。だがハッピーエンドとは言い切れないものの、ラストには何とか一筋の光明を見出すことが出来たのが最後の救いであった。
 原作者のこうの史代さんが広島出身であることは承知しているが、それにしてもまだ48歳の女性が、こうした戦時中のお話をまとめるのは、並々ならぬ思い入れがあるのだろう。本作はこれからまだまだヒットしてゆきそうな予感がある。
 まだ年配の観客が目立つのだが、是非とも『君の名は』のように、若い人たちにも観てもらいたい。とにかく素晴らしいの一言に尽きる作品である。

下記のバナーをクリックするとこの記事の人気度を確認できます↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

|

« エイリアン4 完全版 | トップページ | エイリアン vs プレデター »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/68609618

この記事へのトラックバック一覧です: この世界の片隅に:

» 負の遺産。『この世界の片隅に 』 [水曜日のシネマ日記]
広島で育って呉に嫁いだ少女の物語。昭和の初めから戦争直後までを描いたアニメ映画です。 [続きを読む]

受信: 2016年11月27日 (日) 22時20分

» この世界の片隅に [映画的・絵画的・音楽的]
 アニメ『この世界の片隅に』をテアトル新宿で見ました。 (1)予告編を見て良い作品に違いないと思って、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭は、昭和8年12月(注2)の広島市江波。  8歳のすず(声は「のん」)が、川(注3)沿いの道を荷物を背負って歩いて...... [続きを読む]

受信: 2016年11月28日 (月) 05時46分

» この世界の片隅に・・・・・評価額1800+円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
どっこい、私は生きている。 「夕凪の街 桜の国」で知られる、こうの史代の名作コミックを、「マイマイ新子と千年の魔法」の片渕須直監督が、6年越しのプロジェクトとして長編アニメーション映画化。 戦時中の広島県呉市を舞台に、ある一家に嫁いだ少女の目を通した、市井の人々の戦時下の“日常”の物語だ。 同じ時代の広島を描いた「夕凪の街 桜の国」のアナザーストリーとも言える作品で、どこにでもある...... [続きを読む]

受信: 2016年11月28日 (月) 23時06分

» この世界の片隅に [Akira's VOICE]
今年、観るべき映画と言い切っても過言ではないっ!   [続きを読む]

受信: 2016年11月30日 (水) 12時17分

» この世界の片隅に★★★★★ [パピとママ映画のblog]
第13回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞した、「長い道」「夕凪の街 桜の国」などで知られるこうの史代の同名コミックを、「マイマイ新子と千年の魔法」の片渕須直監督がアニメ映画化。第2次世界大戦下の広島・呉を舞台に、大切なものを失いながらも前向きに...... [続きを読む]

受信: 2016年12月 7日 (水) 19時03分

» 「この世界の片隅に」普通の視点から見た先に知る戦争の中での普通は生き抜く事であり残された者たちは普通への一歩を歩んでいく [オールマイティにコメンテート]
「この世界の片隅に」はこうの史代原作の漫画をアニメ映画化した作品で第2次世界大戦時に少女が軍港の呉に嫁ぐ事になりそこで一般人として普通の生活を送るも戦争の影が次第に呉 ... [続きを読む]

受信: 2016年12月13日 (火) 19時41分

» 「この世界の片隅に」 [或る日の出来事]
すごく評判がいいようだけど…。 [続きを読む]

受信: 2017年1月22日 (日) 16時33分

» この世界の片隅に [象のロケット]
第二次世界大戦中の昭和19(1944)年、広島。 絵が得意な18歳の少女すずは、呉の海軍に勤務する文官・北條周作の妻となる。 夫の両親、義姉の径子や姪の晴美、ご近所との付き合いの中で、すずはだんだん主婦らしくなっていく。 戦争であらゆるものが欠乏していき、日本海軍の一大拠点で軍港の街として栄えていた呉は、何度も空襲に襲われる。 そして、昭和20(1945)年の夏がやってきた…。 アニメーション。... [続きを読む]

受信: 2017年1月27日 (金) 15時56分

» この世界の片隅に [銀幕大帝α]
IN THIS CORNER OF THE WORLD 2016年 日本 129分 ドラマ/戦争 劇場公開(2016/11/12) 監督: 片渕須直 脚本: 片渕須直 主題歌: コトリンゴ『悲しくてやりきれない』 声の出演: のん:北條(浦野)すず 細谷佳正:北條周作 稲葉菜月:黒村晴美 尾身美詞:黒村径子 小野大輔:水原哲 潘めぐみ:浦野すみ 岩井七世:白木リン 牛山茂:北條円太郎 新谷真弓:北條サン 小山剛志:浦野十郎 津田真澄:浦野キセノ 京田尚子:森田イト 佐々木望:小林の伯父 塩田朋... [続きを読む]

受信: 2017年11月14日 (火) 12時19分

« エイリアン4 完全版 | トップページ | エイリアン vs プレデター »