« 超高速!参勤交代 | トップページ | ファイナル・カウントダウン »

2016年10月 3日 (月)

オーバー・フェンス

★★★☆
製作:2016年日本 上映時間:112分 監督:山下敦弘

Overq
 佐藤泰志の芥川賞候補作が、オダギリジョー、蒼井優、松田翔太らの競演で映画化された。作業服を着たいろいろな年代の男たちが、大工のような作業をしたり、ソフトボールをしているのを観ていたら、刑務所風景なのかと錯覚してしまった。
 実は函館の職業訓練校が舞台だったのである。原作者の佐藤泰志は函館に生まれ、職業訓練校にも通った経験があるという。また本作は『海炭市叙景』『そこのみにて光輝く』に続く「函館3部作」の最終章と位置付けられている。

 職業訓練校には、何かにすがりたくて通っている若者や、就職先が見込めない年配者などが集まってくる。だがやはり何と言っても、失業保険金の延長を目指して入校する者が多いようである。本作でも大工になりたくて入校している者はほとんどいないし、教師のほうも実際に大工経験があるわけでもなく、教員養成所で勉強しただけという者が指導しているのだ。
 本当に訓練所で技術を学びたい人には申し訳ないが、公務員のための訓練所に成り下がっているような気がする。少なくとも失業保険金を延長する仕組みはやめて、本当に学びたい者だけが入校する仕組みに変えられないものだろうか。
 
 などと余計なことを考えながら本作を観ていたため、いま一つ作品の中にのめり込めなかった感があることは否めない。いずれにしても、41歳で自殺した原作者の心情からか、退廃的で無気力感に溢れた作品である。その主人公をオダギリジョーが演じたのが、なかなか微妙な気もするのだが、相手役の蒼井優は後ろだけだがヌードになったり、あひるの物まねを演じたりと、大熱演していたのが印象的であった。松田翔太についてはいつも通りだが、満島ひかりの弟である満島真之介の演技は、地のままなのか演技力なのかが気になるところである。

 さてタイトルのオーバー・フェンスとは、ラストシーンのホームランに重ねて、自分自身の心が越えなければならない「幻のフェンス」超えのことを意味しているのだろう。なかなか味のあるタイトルだと思った。

下記のバナーをクリックするとこの記事の人気度を確認できます↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

|

« 超高速!参勤交代 | トップページ | ファイナル・カウントダウン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/67777044

この記事へのトラックバック一覧です: オーバー・フェンス:

» オーバー・フェンス ★★★★ [パピとママ映画のblog]
近年再評価が進む不遇の作家・佐藤泰志の小説を、大阪芸術大学出身の気鋭監督で映画化する「海炭市叙景」「そこのみにて光輝く」に続く“函館三部作”最終章。人生に挫折し、将来の展望のないままに孤独で無気力な日々を送る主人公が、キャバクラで働くヒロインや職業訓練校の仲間たちと織りなす不器用な交流を通して少しずつ変わっていく姿を描き出す。主演はオダギリジョー、共演に蒼井優、松田翔太。監督は「苦役列車」「...... [続きを読む]

受信: 2016年10月 4日 (火) 11時09分

« 超高速!参勤交代 | トップページ | ファイナル・カウントダウン »