« orange-オレンジ- | トップページ | 図書館戦争 THE LAST MISSION »

2016年8月24日 (水)

時をつなぐおもちゃの犬

著者:マイケル・モーバーゴ

 図書館で偶然この本を見つけ、そのタイトルから、てっきりタイムスリップものかと勘違いし、中味もよく見ずに喜び勇んで借りてしまった。時をつなぐという意味は、ストーリーの紡ぎ方が「お母さんが子供の頃」、「私が子供の頃」、「私が大人になった頃」の三つの時代に分類しているからである。そしてその時代の全てを繋いでいるのが木製の『おもちゃの犬』なのだ。

 本書はジュニア向けなので、字が大きく挿絵も沢山描かれている。さらに142頁という薄い製本である。従って小一時間もあれば、簡単に読破出来てしまう。とても読み易い本だ。
 主人公はイギリスの農場に住む少女チャーリーだが、おもちゃの犬の持ち主はその少女の母である。さらに物語の中では、戦争の悲劇と友情と奇跡、それに加えてサッカーのワールドカップについても触れている。切ないがとても心温まるお話に、思わず熱い涙を落してしまった。

下記のバナーをクリックするとこの記事の人気度を確認できます↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

|

« orange-オレンジ- | トップページ | 図書館戦争 THE LAST MISSION »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/67159549

この記事へのトラックバック一覧です: 時をつなぐおもちゃの犬:

« orange-オレンジ- | トップページ | 図書館戦争 THE LAST MISSION »