« クリード | トップページ | マイ・インターン »

2016年8月 5日 (金)

シン・ゴジラ

★★★★

製作:2016年日本 上映時間:120分 監督:庵野秀明

Shingodzira
 シン・ゴジラのシンとは、新であり、真であり、神でもあるという。まさにそのタイトル通りの映画であった。またゴジラがまるで『エヴァンゲリオン』の使途のように見えたのも、庵野秀明作品の証であろうか。
 ただストーリー的にはあまり面白くない。と言うより全くつまらない。ただ政治家や官僚たちが、早口でまくしたて会議を重ねるシーンばかりだからだ。そして人間の主役も政治家たちであり、会話のある一般庶民は全く登場しないのである。もうこれは怪獣映画と言うより、大災害映画といったほうがよいだろう。

 だからもしストーリーだけなら★★程度が妥当なのだが、邦画としてはハリウッド並みと、大喝采しても良いほど破格の特撮技術に驚嘆してしまったのは決して私だけではないはずである。またゴジラの進化に伴う恐怖感溢れる造型と、口からだけではなく体中から発する放射線のような新しい攻撃手法にも感心してしまった。
 つまり従来通り、どんな兵器を使っても死なないゴジラでは、生物学上の説明がつかない。だから本作では、米軍の最新兵器の攻撃を受けて大出血する訳である。
 ただそのまま死んでしまったら、ゴジラとして神格化されてきた強さが無に帰してしまう。その矛盾を調整するためには、米軍の最新兵器を受ける前に、それを簡単に破壊するしかないのだが、従来通りの口からの火炎だけでは防ぎきれない。従って尻尾や背びれからも飛び道具が使えるようにしたのであろう。
 これではまるでキングギドラではないか!とケチを付けたくなる人もいるかもしれない。だがゴジラ映画が生まれてから既に60年以上経過し、人間側の兵器も圧倒的に進化しているのだ。またある程度論理的に辻褄が合わないと、大人たちを観客対象にすることは出来ないだろう。本作はあくまでも、『お子様ランチ仕様』ではないのだ。
 だから従来のゴジラファンたちも、いつまでも前作仕様に拘らず、もう少し柔軟に解釈してあげようではないか。もっともその言い訳として、タイトルを『ゴジラ』ではなく『シン・ゴジラ』としたのだから・・・。

 また従来のゴジラ映画では、自衛隊の兵器はまるで蚊トンボやプラモデルのように、根こそぎいとも簡単に破壊されて、全く存在価値を認められていなかった。ところが本作では、一度は歯が立たなかったものの、二度目には別の方法で大活躍することになる。
 さらには経済大国・日本らしく、新幹線・山手線・建設用の車両・高層ビルなどを兵器替わりに使用するという発想も面白かった。いずれにせよ従来から私が提案していた通り、『ゴジラ』を現実的な大災害映画として創り上げてくれた庵野監督には共感を覚えざるを得ない。
 それがこの作品に★★★★を与えた最大理由かもしれない。だが、やはり何と言っても『ゴジラ』映画は、本作も含めどれもこれも、あの時代に劇場で観た初回作を超えることは出来ないのだ。例え特撮技術は陳腐であっても、初体験という超越した驚愕と、戦後と言う時代背景には絶対に勝てないからである。

◎参考までに過去に掲載したゴジラ関連の記事は下記の通り
・ゴジラVSキングギドラ
・GODZILLA ゴジラ
・ゴジラへの熱き思い
・ゴジラ映画は復活するか

下記のバナーをクリックするとこの記事の人気度を確認できます↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

|

« クリード | トップページ | マイ・インターン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/66858613

この記事へのトラックバック一覧です: シン・ゴジラ:

» シン・ゴジラ [そーれりぽーと]
十二年も沈黙を保っていた本家日本のゴジラ映画が、ハリウッド版の成功を受けて再始動した訳ですが、何を血迷ったのか、東宝は実写映画での成功者とは言えないアニメ畑の庵野秀明に脚本・総監督の白羽の矢を立てた。 この週末旅行の予定を入れていたので、全く期待はして...... [続きを読む]

受信: 2016年8月 5日 (金) 21時12分

» シン・ゴジラ ★★★・5 [パピとママ映画のblog]
「ヱヴァンゲリヲン」シリーズの庵野秀明が脚本と総監督、「のぼうの城」「進撃の巨人」の樋口真嗣が監督と特技監督を務め、世界的怪獣キャラクター“ゴジラ”を日本版としては12年ぶりに復活させた特撮アクション大作。謎の巨大不明生物“ゴジラ”の出現という未曾有の国難に直面した現代の日本を舞台に、全てが想定外の中でギリギリの決断を迫られる政府関係機関の緊急対応の行方と、ゴジラに立ち向かう人類の運命を、綿密なリサーチに基づくリアルなストーリー展開と迫力の戦闘アクションで描き出す。出演は「進撃の巨人」に続いての樋口... [続きを読む]

受信: 2016年8月 6日 (土) 13時55分

» シン・ゴジラ・・・・・評価額1750円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
ゴジラの咆哮の下、会議は踊る。 驚きの傑作、もとい究極の自主映画とも言うべき大怪作である。 12年前、「ゴジラ FINAL WARS」で北村龍平が完膚無きまでにぶっ壊し、更地になったゴジラ映画の世界観を見事にリビルド。 「もしも現代日本に怪獣が現れたら?」というリアリティの追求は、既に20年前に平成「ガメラ」がやった。 庵野秀明はじめ本作の作り手たちは、20年の歳月の流れを盛り込...... [続きを読む]

受信: 2016年8月 6日 (土) 16時54分

» 「シン・ゴジラ」 [或る日の出来事]
ユニークでおもしろい。 [続きを読む]

受信: 2016年8月 7日 (日) 07時37分

» シン・ゴジラ [Akira's VOICE]
色々と物凄くて思考が活性化! 見応えありまくり!   [続きを読む]

受信: 2016年8月 7日 (日) 21時43分

» 「シン・ゴジラ」経験ない事例を前にした先にみる初動で全責任を負う覚悟で全てを任さなければ大きな代償を負うという日本防衛の難しさを描いたゴジラからのメッセージ [オールマイティにコメンテート]
「シン・ゴジラ」はゴジラシリーズ12年ぶりの新作映画で突如東京湾アクアラインに現れたゴジラに対して未知の巨大生命体と日本政府の攻防が描かれるストーリーである。正体不明 ... [続きを読む]

受信: 2016年8月 7日 (日) 22時05分

» 『シン・ゴジラ』(2016) [【徒然なるままに・・・】]
ゴジラシリーズ29作目、今日から公開なので早速見てきました。庵野+樋口でゴジラ?と製作発表の段階で期待値は低かったのに、試写や最速上映では絶賛の嵐。かえって不安に駆られていたのですが……。2作め以降の「ゴジラ」は直接間接問わず1作目の続編としての位置付けでしたが、今回初めて1作目はなかったことになってます。これは大英断ですね。そして「もし現代に怪獣が現れたら」というシミュレーション映画になっています。怪獣のシミュレーション映画としては、1984年版「ゴジラ」を皮切りに「ガメラ/大怪獣空中決戦」や「ガ... [続きを読む]

受信: 2016年8月 8日 (月) 20時24分

» シン・ゴジラ [映画的・絵画的・音楽的]
 『シン・ゴジラ』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)評判が大層高いので、映画館に行ってきました。  夏休みのこともあり映画館は満席状態で、公開から2週間も経っていないのに、もう劇場用パンフレットは完売状態でした!  本作(注1)の冒頭は、先ずタイトルが映...... [続きを読む]

受信: 2016年8月 9日 (火) 20時44分

» シン・ゴジラ   総監督/庵野秀明 [西京極 紫の館]
【出演】  長谷川 博己  竹野内 豊  石原 さとみ 【ストーリー】 東京湾アクアトンネルが崩落する事故が発生。首相官邸での緊急会議で内閣官房副長官・矢口蘭堂(長谷川博己)が、海中に潜む謎の生物が事故を起こした可能性を指摘する。その後、海上に巨大不明生物...... [続きを読む]

受信: 2016年8月11日 (木) 09時03分

» 映画:シンゴジラ   鎌倉、武蔵小杉、丸子橋、新橋、霞が関、丸の内を破壊しまくる「使徒」ゴジラ(笑) [日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~]
映画が始まり、まず恐ろしい「既視感」に囚われる。 それは、数年前に日本国民が経験したこと。 やたら会議があり、予想通り「会議は踊る」 役所間のメンツの調整で、何も決まらないうちに事態がどんどん悪化する。 「想定外」という言葉が連発される。 (海水)注入によって事態収拾を図ろうとする。 ニッポン、という国自体の存在が、脅かされる... そう、3.11の悪夢がここで再現されているのだ! そうしてほとんど手も打てないうちに、ゴジラは都内、神奈川県内を荒らしまくる。 関... [続きを読む]

受信: 2016年8月13日 (土) 18時58分

» シン・ゴジラ [だらだら無気力ブログ!]
こんなに面白いとは思わなかったなぁ。 [続きを読む]

受信: 2016年8月16日 (火) 00時41分

» 『シン・ゴジラ』をトーホーシネマズ六本木7と、109シネマズ木場2で観て、訳分からんけどおもろいやんけふじき★★★★★(ネタバレ)その2 [ふじき78の死屍累々映画日記]
▲この次の第五形態で手足を引っ込めてジェット噴射で回転しながら空を飛びます(違) 引き続きネタバレ注意 その1では何で面白いのかに対して、 「人間パートで溜めたスト ... [続きを読む]

受信: 2016年8月25日 (木) 23時26分

» シン・ゴジラ [いやいやえん]
【概略】 東京湾アクアトンネルが崩落する事故が発生。首相官邸での緊急会議で内閣官房副長官・矢口蘭堂が、海中に潜む謎の生物が事故を起こした可能性を指摘する。その後、海上に巨大不明生物が出現。さらには鎌倉に上陸し、街を破壊しながら突進していく。政府の緊急対策本部は自衛隊に対し防衛出動命令を下し、「ゴジラ」と名付けられた巨大不明生物に立ち向かうが…。 SFアクション 現実(ニッポン)対虚構(ゴジラ)。 アニメ「エヴァンゲリヲン」の庵野秀明と邦画「進撃の巨人」の樋口真嗣が総監督と監督を務... [続きを読む]

受信: 2016年8月27日 (土) 01時02分

» シン・ゴジラ(2回目鑑賞:レンタルDVD鑑賞) [いやいやえん]
【概略】 「エヴァンゲリオン」シリーズの庵野秀明が総監督・脚本を手掛けた12年ぶりの日本版『ゴジラ』。突如として出現した巨大不明生物・ゴジラと対峙する日本の姿を、リアリティを追求したストーリーとドキュメンタリータッチの演出で描き出す。 SFアクション 新作レンタルで借りてきました〜。一回目は映画館(「シン・ゴジラ」感想)、これは2回目の鑑賞になります。 エヴァ臭、アニメのようなカット割り、「あれは日本人(わたしたち)のゴジラではない」…など、色々と粗や不満は多い作品であることに... [続きを読む]

受信: 2017年3月22日 (水) 20時10分

« クリード | トップページ | マイ・インターン »