« 素敵なサプライズ | トップページ | ディストラクション・ベイビーズ »

2016年6月24日 (金)

ボーイ・ソプラノ

ただひとつの歌声 ★★★☆

製作:2014年 米国 上映時間:103分 監督:フランソワ・ジラール

 アル中の母親が事故で死亡。金持ちの父親がいるのだが、表向きに出来ない事情があるようだ。そして少年は無理矢理、名門少年合唱団を有する私立学校に入学させられる。
 少年の美声はまるで天使のように素晴らしいのだが、楽譜も読めず態度も極めて悪い。だが少年の才能を認める教師の指導により、彼は少しずつ歌うことの喜びを実感してゆくのだった。
 
 少年たちのソプラノは実に美しい。だがそれも、声変わりするまでの一時のまぼろしのようだ。スクリーンの中で教師が言う「ボーイソプラノとは、ほんの束の間、神様から借りる声である」
 では何のために辛い練習に耐え続けなくてはならないのか。という少年の疑問に答える教師「学ぶことに意味がある」と・・・。
 それにしてもクライマックスの少年たちの歌声は身震いするほど美しかった。そして少年の歌は終わり、次に静かなるハッピーエンドが待っているのであった。

下記のバナーをクリックするとこの記事の人気度を確認できます↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

|

« 素敵なサプライズ | トップページ | ディストラクション・ベイビーズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/66186165

この記事へのトラックバック一覧です: ボーイ・ソプラノ:

» ボーイ・ソプラノ ただひとつの歌声★★★ [パピとママ映画のblog]
名門少年合唱団に入団した問題児が、厳格なベテラン指導者の導きにより歌う喜びを見いだし、成長していく人間ドラマ。監督は、『レッド・バイオリン』などのフランソワ・ジラール。天性の美声を持つ少年役には、本作が初の長編映画出演となるギャレット・ウェアリング、その...... [続きを読む]

受信: 2016年6月24日 (金) 16時54分

» ボーイ・ソプラノ ただひとつの歌声 (試写会) [風に吹かれて]
天から与えられた つかの間の天使の歌声 公式サイト http://boysoprano.asmik-ace.co.jp9月11日公開 監督: フランソワ・ジラール  「レッド・バイオリン」 「シルク」 [続きを読む]

受信: 2016年6月28日 (火) 09時24分

» ボーイ・ソプラノ ただひとつの歌声 [いやいやえん]
【概略】 複雑な家庭に育った少年・ステットは名門少年合唱団に入学。カーヴェルの厳しい指導を受けながら、次第に歌うことに魅了されていくが…。 ドラマ 私の中のボーイ・ソプラノといえば、「20世紀最後の天才ボーイソプラノ」と言われ確かに声量が良く、技巧がとんでもないレベルのクリスタル・ヴォイスだったコナー・バロウズ。私は一時期夢中になってトレブルを追いかけていた(といってもウィーン少年合唱団は趣味ではない)。同時期に、コナーの弟たち(エドワードとパトリック)と「ボーイズ・エア・クワイア... [続きを読む]

受信: 2017年1月25日 (水) 12時12分

« 素敵なサプライズ | トップページ | ディストラクション・ベイビーズ »