« バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生 | トップページ | サラマンダー »

2016年4月 7日 (木)

しあわせの法則

★★★

製作:2002年 米国 上映時間:104分 監督:リサ・チョロデンコ

 内容的には別段悪い映画ではないのですが、なんとなく昔の『私小説映画』を感じました。
 また監督が優しかったのか、もう一歩深入りしないため、ストーリーにメリハリがなく、同じ場所をダラダラと堂々巡りをしているようでもありました。

 この作品では母と息子の愛憎関係、ミュージシャン達の自由奔放な生態、恋愛のもろさなどが描かれていましたが、それぞれのテーマが噛み合わず焦点が定まっていないので、それぞれがどれも中途半端なまま終ってしまったようです。
 そのうえ『セレンディピティ』ではキュートで天使のような愛くるしいヒロインを演じていたケイト・ベッキンセールも、今回はその魅力が十分に発揮されていなかったようですね。

 またタイトルの『しあわせの法則』という意味は一体何だったのかピンときませんし、B級ホラー映画を思わせるラストシーンもいただけませんでした。
決して悪い映画ではないのですが、消化不良な1本だったかもしれませんね。

下記のバナーをクリックするとこの記事の人気度を確認できます↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

|

« バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生 | トップページ | サラマンダー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/64859806

この記事へのトラックバック一覧です: しあわせの法則:

« バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生 | トップページ | サラマンダー »