« 砂と霧の家 | トップページ | 家族はつらいよ »

2016年3月13日 (日)

ファミリー・ツリー

★★★★

製作:2011年 米国 上映時間:115分 監督:アレクサンダー・ペイン

 妻が事故に遭って寝たきりに、そのうえ彼女は生前に離婚を決意するほどの浮気をしていた。という悲しいテーマなのである。だがゆるいハワイアンと大らかな景色、さらには夫のマット・キングを演じたのがジョージ・クルーニーということもあり、不思議なほど憂鬱な気分にならないのである。それがジョージの魅力なのだと言ってしまえばそれまでだが…。また本来なら浮気するほうの役柄が似合っているジョージが、浮気される側の役を演じたのも面白かったね。

 原題は『THE DESCENDANTS』(子孫)なのだが、どうして邦題は『ファミリー・ツリー』となってしまったのだろうか。もしかすると、少しぐれていた長女がかなり魅力的で、実はかなり家族思いだったというところから発想したのかもしれないね。またその長女の彼氏も、最初のうちはおバカなだけの男かと思ったのだが、実は結構いい奴だったりするところも好感が持てるのだ。そしてラストシーンが、まさに『ファミリー・ツリー』のようだったよね。是非家族揃って、いや高校生以上の家族でこたつにでも入りながら観たい映画である。

下記のバナーをクリックするとこの記事の人気度を確認できます↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

|

« 砂と霧の家 | トップページ | 家族はつらいよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/64427408

この記事へのトラックバック一覧です: ファミリー・ツリー:

» ファミリー・ツリー  ★★★★ [パピとママ映画のblog]
アレクサンダー・ペイン監督が「サイドウェイ」以来7年ぶりにメガホンを取り、第84回アカデミー賞脚色賞を受賞した人間ドラマ。妻が意識不明の状態になった男が、初めて知る家族の絆の意味を描く感動編。 あらすじ:この世の楽園といわれるハワイのオアフ島に住む弁護...... [続きを読む]

受信: 2016年3月15日 (火) 17時44分

« 砂と霧の家 | トップページ | 家族はつらいよ »