« 夜明けの街で | トップページ | A・Li・Ce »

2015年12月 3日 (木)

怒りの荒野

★★★☆

製作:1967年 イタリア 上映時間:115分 監督:トニーノ・ヴァレリ

 ジュリアーノ・ジェンマとリー・ヴァン・クリーフが共演した懐かしきマカロニウエスタンである。
 スコット(ジュリアーノ・ジェンマ)は娼婦の子という生い立ちから住民たちに蔑まれ、貧しい掃除人として暮らしていた。そこにある日、凄腕で非情のガンマン、タルビー(リー・ヴァン・クリーフ)が町に現れる。

 スコットはタルビーの剛腕に憧れ、彼の弟子となり早打ちの腕を磨いてゆく。そしてタルビーはスコットに「レッスン」という形で『ガンマン十戒』を教えるのだが、このガンマン心得十ヶ条が面白い。
教訓の一 決して他人にものを頼むな
教訓の二 決して他人を信用するな
教訓の三 決して銃と標的の間に立つな
教訓の四 パンチは弾と同じだ。最初の一発で勝負が決まる。
教訓の五 傷を負わせたら殺せ。見逃せば自分が殺される。
教訓の六 危険な時ほどよく狙え。
教訓の七 縄を解く前には武器を取り上げろ。
教訓の八 相手には必要な弾しか渡すな。
教訓の九 挑戦されたら逃げるな。全てを失う事になる。
教訓の十 殺しは覚えたらやめられない。

 ただこの『ガンマン十戒』に沿ったストーリー展開がもっとあっても良かったのではないだろうか。それにしても最後の師弟対決で、皮肉にも弟子に教えたこの『ガンマン十戒』が仇になろうとは誰が予想しただろうか。

 この当時のジュリアーノ・ジェンマは、まだ若々しくはじけるようだが、存在感のほうはリー・ヴァン・クリーフには全く及ばない。とにかく悪人なのか善人なのかはっきりしない非情な男を演じさせたら、リー・ヴァン・クリーフの右に出る者はいないだろう。
 なお余談だがあのクエンティン・タランティーノは、本作の大ファンであり『キル・ビル Vol.1』や『ジャンゴ 繋がれざる者』で本作の音楽が使用されているという。

下記のバナーをクリックするとこの記事の人気度を確認できます↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

|

« 夜明けの街で | トップページ | A・Li・Ce »

コメント

このかっこいいマカロニのメインテーマが韓国映画「群盗」でド派手にかかってビックリしましたわ。

投稿: ふじき78 | 2015年12月12日 (土) 21時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/62797052

この記事へのトラックバック一覧です: 怒りの荒野:

» 『怒りの荒野』『情無用のジャンゴ』をシネマヴェーラ渋谷で観てジェンマかっけーなんじゃもう一本はふじき★★★★,★★ [ふじき78の死屍累々映画日記]
特集上映「イタリア萬歳」の1プログラム。 ◆『怒りの荒野』 五つ星評価で【★★★★ジェンマだねえ】 特別出演みたいなのじゃないジェンマごりごりの主演作を観るのは ... [続きを読む]

受信: 2015年12月12日 (土) 21時41分

« 夜明けの街で | トップページ | A・Li・Ce »