« アントマン | トップページ | 顔のないヒトラーたち »

2015年10月 4日 (日)

天空の蜂

★★★★☆

製作:2015年日本 上映時間:139分 監督:堤幸彦

Tenkuu
 自衛隊に納入予定の巨大ヘリが何者かに奪われ、原子力発電所の真上でホバリングを続ける。そして8時間後には燃料がなくなって原発に墜落すると言う。犯人は一体誰なのか、そして犯人の要求と真の目的は何なのか。

 東野圭吾の原作で、テーマは答えの見つからない原発問題。キャストは江口洋介、本木雅弘、仲間由紀恵、綾野剛、国村隼、柄本明、竹中直人、向井理、石橋蓮司とかなり贅沢なメンバーだ。そして上映時間も2時間19分という、ヒューマン・デラックス・アクション大作に仕上がっている。
 
 まず最初のヤマ場は、巨大ヘリに誤って乗ってしまった少年の救出劇だ。巨大ヘリに横付けした救助ヘリから、ロープ弾を撃ち、自衛隊員が巨大ヘリの前にスタンバイ。そして自衛隊員の腕の中に子供がジャンプ、それをキャッチした自衛隊員が少年を抱えたまま、パラシュートで地上へ落下してゆく。まさにいかにもアクション映画的と言える、手に汗を握る救出計画なのである。

 そして第二弾は、燃料切れで墜落してゆく巨大ヘリを、いかにして原発から外すかだ。それに加えて犯人の逮捕劇がはじまり、この大掛かりな犯行の理由も明らかになってくる。
 とにかく最初から最後までスリル満点で息の抜けない作品なのである。
 ただそれだけなら、★★★☆位なのだが、成長した少年が活躍するラストシーンが実に良い。思わず胸がジーンと熱くなり、大粒の涙がこぼれ落ちてきたのだ。これで一気にヒートアップして私の評価は★★★★☆とインフレ気味に跳ね上がってしまったのである。

下記のバナーをクリックするとこの記事の人気度を確認できます↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

|

« アントマン | トップページ | 顔のないヒトラーたち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/61895039

この記事へのトラックバック一覧です: 天空の蜂:

» 『天空の蜂』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「天空の蜂」□監督 堤 幸彦□脚本 楠野一郎□原作 東野圭吾□キャスト 江口洋介、本木雅弘、仲間由紀恵、綾野 剛、柄本 明■鑑賞日 9月13日(日)■劇場  TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> 自衛...... [続きを読む]

受信: 2015年10月 4日 (日) 17時50分

» 天空の蜂 ★★★.5 [パピとママ映画のblog]
人気作家・東野圭吾が原子力発電所を題材に1995年に発表した傑作小説を、堤幸彦監督が映画化した社会派サスペンス。最新鋭の大型ヘリを手に入れたテロリストが、日本全国の原発の停止を求め稼働中の原発上空でホバリングさせるテロ事件を描く。困難な直面に立ち向かうヘリ...... [続きを読む]

受信: 2015年10月 4日 (日) 22時57分

» 天空の蜂 [映画的・絵画的・音楽的]
 『天空の蜂』を新宿ピカデリーで見ました。 (1)東野圭吾氏の原作の映画化ということで映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭は、1995年8月8日午前7時21分。  錦重工業小牧工場で開かれる「ビッグB」納入式典に参加するために、湯原(江口洋介)とその妻・篤...... [続きを読む]

受信: 2015年10月 5日 (月) 05時31分

» 天空の蜂 [だらだら無気力ブログ!]
意外に見応えあって面白かった。 [続きを読む]

受信: 2015年11月 4日 (水) 23時18分

» 『天空の蜂』 [cinema-days 映画な日々]
巨大ヘリが乗っ取られ、原子力発電所上に停止 8時間以内の原発中止を要求 ヘリ・原発設計士が阻止にあたるが... 【個人評価:★★☆ (2.5P)】 (劇場鑑賞) 原作:東野圭吾 原作発表から20年ぶりの映画化... [続きを読む]

受信: 2015年11月12日 (木) 03時21分

» 天空の蜂 [いやいやえん]
【概略】 最新鋭の超巨大ヘリ“ビッグB”を遠隔操作したテロが発生。犯人の要求は“日本全土の原発の破棄”。ヘリ設計士と原発設計士が、日本消失の危機を止めるべく奔走する。 アクションサスペンス 序盤から大人がビッグBと原子炉のことでワイワイやってるんですが、何言ってるかさっぱりわからない。。。。阿呆な私。小難しいんだもん。 息子がモールス信号でずっと話しかけていたというくだりあたりからようやく話に入り込めました^; 高彦がすげーわ。クレーン操作とか、頭いい子だわ。おしっこ漏らしち... [続きを読む]

受信: 2016年2月 7日 (日) 09時20分

» 天空の蜂 (2015) [のほほん便り]
原作は、ベストセラー作家の東野圭吾が1995年に発表した同名小説だったのですね。堤幸彦監督が映像化。豪華キャスティングです。なるほど。だから、時代設定が、1900年代で、ラストをあのようにしたのですね。と納得したのでした。(ふと「20世紀少年」に、独自の展開とラストにした件を彷彿)「原作はヨカッタのに…」と、かなり賛否両論あったみたいですが、私は、なかなかに楽しめました。本当に、映画のラストじゃないけれど、震災が起こり、ほんに今のテーマですね。発表から20年後に取り上げられたのも、時代的にタイムリー... [続きを読む]

受信: 2016年8月24日 (水) 09時26分

« アントマン | トップページ | 顔のないヒトラーたち »