« 百日紅 | トップページ | 夜行観覧車 »

2015年6月 5日 (金)

寄生獣 完結編

★★★☆

製作:2014年日本 上映時間:118分 監督:山崎貴

Kisei2
 原作マンガの完成度の高さにつられて前作を観てしまったのだが、邦画としてはCGやVFXの出来に感心したものの、ストーリーの省略度が激しく、いま一つだというイメージが残っていた。だからそれほど観たくもなかったのだが、やはり続きを観ないわけにもゆかず、渋々地元のシネコンで観ることになってしまった。

 さて地元の映画館が集客力がなかったのか、本作が面白くないのか、終映日が近づいていたからか。いずれにせよ、いくら平日の昼間とはいえ、観客三人とは余りにも悲し過ぎるよね。エアコンの冷たさが、シミジミと肩に染み込んでくるような気がした。

 なんといっても本作最大の見どころは、深津絵里扮するところの田宮良子が、公園で射殺されるシーンだろう。彼女の透き通るような美しさと、その演技力も素晴らしいけれど、赤ちゃんの表情がとても良かったね。原作を読んでいるので、全ての結果は分かっていたのだが、このシーンでは不覚にも涙を流してしまった。
 それからクライマックスの後藤とのバトルにも期待していたのだが、浅野忠信の存在感は十分堪能したものの、やはり前作同様いろいろと省略が著しい。原作以上に派手な映像には納得するものの、何せ戦闘シーンが単調で短過ぎたのはかなり残念である。

下記のバナーをクリックするとこの記事の人気度を確認できます↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

|

« 百日紅 | トップページ | 夜行観覧車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/60260390

この記事へのトラックバック一覧です: 寄生獣 完結編:

» 寄生獣 完結編 ★★★★ [パピとママ映画のblog]
岩明均のコミックを2部作形式で実写化した、SFサスペンスの後編。右手に寄生生物ミギーを宿した少年・新一と人類を食糧とするほかのパラサイトたち、彼らの全滅を図る特殊部隊が入り乱れる、壮絶なバトルが展開。監督に山崎貴、キャストに染谷将太、深津絵里、橋本愛、北...... [続きを読む]

受信: 2015年6月 5日 (金) 17時14分

» 寄生獣 完結編/染谷将太 [カノンな日々]
主人公の高校生と彼の右手に寄生した謎の生物ミギーとの奇妙な絆と人類を侵略しようとするその他の寄生生物との戦いを描くSFアクション映画『寄生獣』二部作の後編・完結編です。 ...... [続きを読む]

受信: 2015年6月 5日 (金) 20時59分

» 「寄生獣 完結編」 共感性という希望 [はらやんの映画徒然草]
人間こそが地球という星に寄生する寄生獣である、とパラサイト側についた広川は言う。 [続きを読む]

受信: 2015年6月 6日 (土) 17時47分

» 寄生獣 完結編 [だらだら無気力ブログ!]
前作に引き続き深津絵里がイイ。 [続きを読む]

受信: 2015年6月19日 (金) 23時38分

» 寄生獣 完結編 [いやいやえん]
【概略】 右手に寄生生物・ミギーを宿した泉新一は、要注意人物として人間からもパラサイトからもマークされていた。そんな中、パラサイト・田宮良子は、新一とミギーの存在に可能性を見出す。 SFアクション 短文失礼。 原作ファンとしては「削られたシーン」や「改変」が多すぎて非常に残念な面もありますが、「人間こそが『寄生獣』だ」と言う台詞、放射能汚染で統合分裂する後藤さんのシーンはよかったです。 個人的にババアとナタは外せないと思ったが、あの燃えたぎる中に投げ込むんだろうなあ〜と思って... [続きを読む]

受信: 2015年11月 6日 (金) 16時12分

» 寄生獣 完結編 [銀幕大帝α]
2014年 日本 118分 ホラー/SF/ドラマ PG12 劇場公開(2015/04/25) 監督: 山崎貴 『STAND BY ME ドラえもん』 原作: 岩明均 脚本: 山崎貴 主題歌: BUMP OF CHICKEN『コロニー』 VFX: 山崎貴 出演: 染谷将太:泉新一 深津絵里:田宮良子 阿部サダヲ...... [続きを読む]

受信: 2015年11月12日 (木) 15時11分

« 百日紅 | トップページ | 夜行観覧車 »